モズカッチャンの血統や次走、将来性は?フローラS馬になれた理由


4月23日に東京競馬場で行われたフローラステークス(GII/芝2000m)は、12番人気のハービンジャー産駒モズカッチャン(牝3)が粘るヤマカツグレース(牝3)をおさえて重賞初制覇を果たした。

モズカッチャンの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者

ハービンジャー
サイトディーラー
母の父キングカメハメハ
母の母ベストブート
性別
馬齢3 歳
生年月日2014年2月27日
毛色黒鹿毛
馬主(株)キャピタル・システム
調教師鮫島一歩(栗東)
生産牧場目黒牧場
産地日高町
馬名意味冠名+人名愛称

血統評価は?

モズカッチャンは快挙を成し遂げた。

基本的にハービンジャー産駒というのは重賞で期待値が高くない。ディープインパクトやキングカメハメハ産駒に比べると、能力に加えて一瞬の切れ味が足りないため、どうしても決め手不足で負けてしまうのだ。

事実、今までハービンジャー産駒の牝馬が重賞を勝ったことは一度もなかった。

レース名馬名人気着順
桜花賞G1ディアドラ14
フラワーG3エバープリンセス12
フラワーG3サンティール5
フィリーG2ヤマカツグレース11
京成杯G3サンティール12
愛知杯HG3カゼルタ12
フェアリG3キュイキュイ613
阪神ジュG1サトノアリシア7
ファンタG3ディアドラ3
ファンタG3ヤマカツグレース2
アルテミG3サトノアリシア4
紫苑SG3ギモーヴ813
新潟2歳G3モーヴサファイア1
クイーンG3テルメディカラカラ5
優駿牝馬G1ジェラシー10
フラワーG3ウインクルサルーテ14
フラワーG3ギモーヴ4
京都2歳G3ウインクルサルーテ10
アルテミG3ウインクルサルーテ11
ローズSG2サンクボヌール9
ローズSG2テルメディカラカラ1310
フローラG2サダムブルーハワイ1412
フラワーG3カゼルタ810
チューリG3ロカ3
クイーンG3ロカ1
クイーンG3カービングパス710
フェアリG3カービングパス1
阪神ジュG1ロカ1
京都2歳G3フローレスダンサー4
アルテミG3フローレスダンサー5

集計期間:2014.11. 1 ~ 2017. 4. 9

しかし、この負の連鎖がようやく終わった。

ただし、今回の場合は血統云々よりも位置取りの関係が大きかった。

フローラS2017結果・動画│モズカッチャンの勝因、ホウオウパフュームの敗因は?


上記に詳細が記されているが、かなりのスローペースだったため、枠順や位置取りの要素が大きかったのだ。

血統的には近親にステファノスやゴールドティアラ、ゴールデンハインドなどがいて、スケール的に全く劣るわけではないが、この重賞制覇はある意味で足かせになるかもしれない。

試金石は次やその次のレースになるだろう。

次走は?

オークスへの優先出走権を獲得したため、今後は当然ながらオークスへ進むことになるはずだ。

ただし、前述の通り、ハービンジャー産駒、特に牝馬は重賞における実績がほとんどない。しかも今回はかなり恵まれた上での勝利だったわけで、オークスで厳しい戦いを強いられることは間違いないだろう。

なお、ハービンジャー牝馬の重賞成績は……

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ハービンジャー0.0%10.0%051

集計期間:2014. 9. 6 ~ 2017. 4.16

ご覧の通り。馬券的な期待値も、決して高いわけだ。


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る