(C)JIN

理由① 永遠に深堀りできる中毒性

タイトルで書きたいことがほぼ終わってしまった。

そんなこというと「次のページヘ」を押してくれた皆さんに申し訳ないので、もう少し頑張って書いていくことにしよう。オラに元気を分けてくれ。(©悟空)

ファンやマニアという人種は好きになればなるほど「知りたい」と思う。

日本代表が好きになった→日本代表の選手を知りたい→その選手が所属しているチームが知りたい→キャリアや出身校を知りたいorチームメートが知りたい……

というように、永遠に深堀りできる。もうそのスパイラルに陥ったら蟻地獄だ。永遠と遡りたくなる。抜け出せなくなる。

競馬も同じで、永遠と遡りたくなる。そして、永遠に遡れる。

ダービーを勝ったキズナのお父さんがディープインパクト。そうするとディープインパクトの動画を見ざるを得なくなる。興奮する。なんてったって池のスワンまでもが注目した馬なのだ(©馬場アナウンサー)。そりゃ、鳥肌も立つさ。

 

ディープインパクトは他にもたくさん子どもたちが活躍しているらしい。ジェンティルドンナってすごい馬がいたらしい。何やらジャパンカップってレースが凄かったらしい。オルフェーヴルって馬に勝ったらしい。何やらソイツが凄いらしい。何でも阪神大賞典で……。

 

そのお父さんのステイゴールドって馬がまた「愛さずにはいられない」らしい。なんでかっていうと……

とまぁこんな具合になる。そうなると1日なんて、余裕で潰れる。むしろ人生の大半を潰すことになる。永遠に遡れる中毒性。恐ろしい。まさにドラッグだ。

理由② 明確な応えがない

サッカーファンは往々にして議論が好きな生き物だ。

「今のゴール、シュート精度が抜群だった」

「いやいや、その前の動き出しで勝負ありだ」

「待てって!今のはスルーパスを出した選手が凄かった」

「どこ見てんだよ。その前のパスカットが得点につながったんだよ」

「いや、その前に相手GKが3回連続ゴールキックをサイドラインの外に蹴りだして、相手のリズムが悪くなったのが大きかった」

そんな議論を永遠と繰り返している。ちなみに最後の例えが分かった方は相当コアなマリノス、もしくはレッズのファンだと認定しよう。

競馬でもこの現象は起こる。

「馬が強かった!」

「いや、騎手の騎乗が抜群だったんだよ!」

「待てって。展開に恵まれたんだよ。相手も弱かった」

「名前が可愛かったからだよ♡」(なんて女子に言われたらキュンキュンする)

もう永遠と、そういう話ができる。数学みたいに明確な答えがあったら「これ答え。ハイ終了」となるが、サッカーも競馬もあやふやな部分がある。日本人は特にあやふやが好きな人種だ。ふわっとスワーブをかけたがる(©金爺)。となると、愛さずにはいられない。

理由③ 世界中で行われている

少し息切れしてきた。みなさんも読むのが疲れた頃だろう。ここからはさっくりと進めていく。

これも大きな要素のひとつ。言ってみればサッカーも競馬も、結局は代理戦争的な側面があるのだ。

日本代表が世界に挑むワールドカップ

日本馬が世界に挑む凱旋門賞

「日本VS世界」という構図は盛り上がる。というか、熱くならない理由が見当たらない。

理由④ 大人がバカできる

日本という閉鎖的な世界でバカできる空間というのは限られている。駅前で「ふざけんなー!」、「バカヤロー!」と叫んだらキミはただの変質者だ。白い目で見られ、かわいいあの子にそっぽを向かれる。

しかし、スタジアムという非日常空間は大声を張り上げることが許される。レイシストにならない限り、ほとんど何を言っても許される。

大の大人が騒いでいるのが普通な空間――。

なんて、素敵なんだろうか。そう思った君は、競馬場へいってみるといい。特に海外サッカーファンのキミは絶対に行ってみたほうがいい。欧州で100試合以上サッカーを見た僕が断言しよう。

「日本で、海外サッカーの雰囲気を最も味わえるのは、GIの時の競馬場」

それだけバカできる、バカが許される空間というわけだ。

理由⑤ 最高の“酒のツマミ”になる

以上のようなことをすべてひっくるめて、ツマミにして飲む酒が、またうめぇんだ。

あーだこーだ言いながら、永遠とビールジョッキとハイボールを傾けて飲む。素晴らしいじゃないか。もう翌日の二日酔いは確定だ。でもそんなの関係ない。だって永遠に飲めてしまうんだもの。ツマミが尽きないんだもの。酒が止まらないんだもの。

最後グダグダになってしまったが、とにかくサッカーと競馬には共通点が多い。

よって、サッカーファンのキミは今すぐにでも競馬バカになるポテンシャルを秘めている。

何よりサッカー好きなのに競馬を知らないなんて、もったいなさすぎる。楽しいよ、競馬。お馬さん、カワイイよ!

繰り返す。こんな駄文で競馬を好きになるサッカーファンはいないと思う。が、少しでも興味を持ったなら、競馬場へ行ってみたり、youtubeで過去のレースを見てみたりしたてほしい。キミの人生、少しは変わるかもよ?

【関連記事】
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
競馬が単なる賭博・ギャンブルと違う理由を冷静に分析する
競馬で勝つための方法って?前走不利を受けた馬を狙う重要性
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ

おすすめの記事