カテゴリー:予想・考察

朝日杯FS2017の最終追い切り分析…ダノンプレミアムらの調教評価は?

(C)MAZIMICKEY

2017年12月17日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、フロンティア、ケイアイノーテックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

週中には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される有力馬4頭をピックアップして一週前追い切りから最終追い切りまでを評価していく。

タワーオブロンドン・牡2歳(美浦・藤沢和厩舎)

評価A

6日、美浦南Wコース(良)でルメール騎手が駆けつけて1週前追い切りを行った。

単走馬なりで、5F69秒8―53秒6―39秒1―13秒3をマーク。一週前のため時計は目立たないが、脚の運びは軽快で見た目には迫力十分に映った。

前走の京王杯2歳Sから中5週、順調に仕上がってきている。510㎏を越える馬体は一段と大きくなったように見えて肌艶も綺麗に見える。

13日の最終追い切りは美浦坂路(良)で行われ、ティソーナ(3歳上1600万下)を追走して馬なりのまま先着。タイムは4F53秒2―38秒5―24秒6―12秒1と最後まできっちりと伸びていた。

調教はいつも、よく走り、よく見せるので動きは抜群だが1500mまでしか距離経験がないため、最後まできっちりと伸ばす調教をやっている。

ダノンプレミアム・牡2歳(栗東・中内田厩舎)

評価AA

前走サウジアラビアRC快勝から中9週で朝日杯FSに挑むダノンプレミアムが7日、1週前追い切りを行った。

栗東CWコース(良)を川田騎手の騎乗で併せ馬一杯に追われ、6F84秒4―67秒7―51秒9―37秒7―11秒2の素晴らしいタイムで併せたフロンティア(2歳オープン)に3馬身先着。

前走から間隔が空いているが動きは抜群、最後までしっかりとした足取りでゴールしており、体調に関しては全く問題ない。

13日に行われた最終追い切りは栗東CWコース(良)で単走追い。

今回も川田騎手が騎乗して5Fでのスタートから4Fまではゆったりと流し、4F52秒3―37秒4―ラスト1Fは11秒5をマークしたが、最後まで手綱は絞られたままだった。

先週しっかりと併せ馬で仕上げただけに今週は軽く動かしただけのような調整となったが、クラシックを意識させるような馬体で、完全に仕上がっている。

ダノンスマッシュ・牡2歳(栗東・安田隆厩舎)

評価AA

一週前追い切りは栗東CWコース(良)で6F78秒9―63秒8―49秒8―36秒8―11秒7のタイムで末強め、3頭併せで2頭を追走して1馬身先着。

最後は余裕を持っての先着で動きは軽快で俊敏。一週前追い切りとしては上出来と言える動きだった。


一週前追い切りで抜群の動きで好時計を出していたため最終追い切りは馬なりでの調整、栗東CWコース(良)で追われた。

それでも6F83秒1―66秒4―51秒7―38秒3―11秒6を簡単にマーク、前走から間隔はあいているがうるさい面などは全く見せず完璧な仕上がりになっている。

ステルヴィオ・牡2歳(美浦・木村厩舎)

評価A

1週前追い切りは美浦南Wコース(良)をC.デムーロ騎乗でクリミアタイガー(3歳上障害未勝利)を3馬身追走、内からとらえて2馬身突き放した。

タイムは直線一杯に追って6F83秒0―68秒6―54秒2―39秒6―12秒7、前走のサウジアラビアRC後にノーザンファーム天栄への短期放牧をはさんで4週間前に帰厩、順調に乗り込まれて馬体もすっきり。

併せた馬の動きが悪くしっかりと併せられなかったが、馬場が悪くタイムがでない馬が多い中でのこのタイムは優秀。

13日の最終追い切りは美浦南Wコース(良)で3頭併せをおこない、バールドバイ(2歳未勝利),モルジアナ(3歳上1600万下)を4馬身先行させて内から並び掛けて併入、流れるようなイメージでのびのび走れていた。

タイムは4F53秒8―40秒0―ラスト1F13秒0、併入だったが勢いはステルヴィオが断然優勢で、闘志満々の活気溢れる最終追い切りだった。

約2カ月半ぶりの実戦になるが、坂路とウッドを併用してほぼ仕上がっており、現状の持っている能力は出し切れそう。


ターコイズS2017の最終追い切り分析…ラビットランらの調教評価は?

(C)@Arappa

2017年12月16日、中山競馬場でターコイズステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。

ラビットラン、フロンテアクイーン、ワンブレスアウェイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 人気馬の仕上がりは?

12月13日には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回はラビットラン、フロンテアクイーンといった有力馬を中心に見ていくことにしよう。

ラビットラン牝3歳(栗東・角居厩舎)

調教評価A-

レースではC.デムーロが騎乗することが決まったラビットラン。

一週前追い切りでは調教助手が乗って良馬場の栗東Cウッドコースをレッドカルディア(500万下)と併せ馬、馬なりで5F69.3秒上がり12.7秒というタイム。

最終追い切りは良馬場の栗東坂路をこちらも調教助手が乗って馬なりで4F54.5秒上がり12.7秒で走破。

一週前から動きに機敏さがあり、順調に仕上げてきている。その後の最終追い切りでさらにキビキビとした足さばきを披露。

臨戦態勢は整ったようだ。

フロンテアクイーン牝4歳(美浦・国枝厩舎)

調教評価A

一週前追い切りはレースにも騎乗する北村宏が騎乗して美浦坂路(良)をブレイクマイハート(1000万下)と併せ馬。馬なりで4F53.8秒上がり12.8秒のタイムをマーク。

今週の最終追い切りも北村宏騎手が乗って良馬場の美浦南Bコースをディープジュエリー(1500万下)と併せ馬、馬なりから最後に反応確かめる追い切りで5F70.5秒上がり13.6秒で0秒1先着。

反応もよく、調教を積むごとに調子が上がっているのがわかる。本調子になっていると考えていいだろう。

ワンブレスアウェイ牝4歳(美浦・古賀厩舎)

調教評価B-

一週前追い切りは調教助手が騎乗。美浦南Bコース(良)強めに追って5F68.5秒上がり13.6秒というタイム。

最終追い切りも調教助手が騎乗。美浦南Bコース(良)レッドべリンダー(1000万下)と併せて馬なりで5F67.7秒上がり13.0秒で併入。

一週前追い切りでは反応が悪くいまひとつと感じたが、最終追い切りでは一週前に比べ反応がよくなっていた。

まだ本調子とまではいかないが気持ちは乗ってきた。


ミスパンテール牝3歳(栗東・昆貢厩舎)

調教評価A-

一週前追い切りは良馬場の栗東Cウッドコースを西谷騎手を背に併せ馬6F78.1秒上がり12.7秒をマーク。

最終追い切りも西谷騎手が跨り、栗東坂路(良)を4F55.4秒上がり12.7秒馬なりというタイムを計測。

レースでは横山典が騎乗するが西谷騎手が騎乗したことで気持ちが乗ってきている。

動きは機敏で仕上がり具合は良好だ。

リエノテソーロ牝3歳(栗東・橋口厩舎)

調教評価B+

レースで騎乗する吉田隼騎手が一週前、最終どちらも騎乗。

一週前追い切りでは南Bウッドコース(良)にてナスノシンフォニー、ジャージーニアスと3頭併せ馬。馬なりで5F67.1秒上がり12.9秒。ナスノシンフォニー(一杯)併入、ジャージーニアス(一杯)には1秒先着という濃い内容。

今週の最終追い切りも南Bウッドコース(良)を馬なりで5F67.5秒上がり13.2秒を馬なりでマーク。

一週前追い切りですでに出来上がっている印象。最終追い切りは調整程度。


いい意味で余裕をもった仕上げでレースに向かえるだろう。


朝日杯FS2017の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率5割超、回収率210超

(C)@dawasaphoto

2017年12月18日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS/GI/芝外回り1600m)が行われる。ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、フロンティア、ケイアイノーテックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 460キロ未満は消し!

2歳重賞ということで、早熟性を武器にここへ歩みを進めてくる馬は多い。早熟性自体は必要な要素で、マイナスポイントではない。

もっとも、馬格が小さすぎるという欠点を早熟性でカバーしてきたタイプの馬にとって、阪神芝外回り1600mという舞台設定は少々厳しすぎる。ある程度、馬格があって他馬と当たり負けしない力強さを持っていることが、好走への要素のひとつになる。

馬体重着別度数
~399kg0- 0- 0- 0/ 0
400~419kg0- 0- 0- 1/ 1
420~439kg0- 0- 0- 2/ 2
440~459kg0- 0- 0-10/10
460~479kg1- 2- 1-13/17
480~499kg1- 1- 2-11/15
500~519kg1- 0- 0- 4/ 5
520~539kg0- 0- 0- 1/ 1
540~0- 0- 0- 1/ 1
馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg
400~419kg0.0%0.0%00
420~439kg0.0%0.0%00
440~459kg0.0%0.0%00
460~479kg5.9%23.5%27151
480~499kg6.7%26.7%3983
500~519kg20.0%20.0%28478
520~539kg0.0%0.0%00
540~0.0%0.0%00

集計期間:2014.12.21 ~ 2016.12.18

460キロ以上が、一つのボーダーラインになりそうだ。

ポイント2 前走マイル以外は消し!

朝日杯は前走マイルで走った馬の成績が高い。

1400m以下を使っていた馬は短距離適性が高い可能性があるし、反対に1800m以上を使っていた馬は中距離で高いパフォーマンスを発揮するタイプもいる。よって、マイルで結果を出してきた馬を素直に買う方がいいという傾向が出ているのだ。

前走距離着別度数
1200m0- 0- 0- 3/ 3
1300m0- 0- 0- 0/ 0
1400m0- 1- 1-16/18
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m2- 2- 2-13/19
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m0- 0- 0-10/10
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m1- 0- 0- 1/ 2
前走距離勝率複勝率単回値複回値
1200m0.0%0.0%00
1300m
1400m0.0%11.1%066
1500m
1600m10.5%31.6%98149
1700m
1800m0.0%0.0%00
1900m
2000m50.0%50.0%29590

集計期間:2014.12.21 ~ 2016.12.18

ポイント3 遅生まれは消し!

2歳GIということで、早熟性は欠かせない要素だ。

早熟性を計る一つの基準となるのが、誕生月である。この時期だと、生まれるのが一カ月早いか遅いかで大きな差が出てくる。人間でも30歳と40歳に大きな違いはないが、2歳と3歳では大きな違いがあるのと同じだ。

生月着別度数
1月生1- 0- 0- 3/ 4
2月生1- 3- 0- 8/12
3月生1- 0- 2-13/16
4月生0- 0- 1-14/15
5月生0- 0- 0- 5/ 5
生月勝率複勝率単回値複回値
1月生25.0%25.0%14745
2月生8.3%33.3%118164
3月生6.3%18.8%2880
4月生0.0%6.7%052
5月生0.0%0.0%00

集計期間:2014.12.21 ~ 2016.12.18

1〜3月に生まれた早生まれの馬を狙っていくのがベター。反対に4月以降の生まれは、評価を落としてしかるべきだろう。

ポイント4 キャリア5戦以上は消し

キャリアを重ねすぎている馬には2つのデメリットがあると考えられる。

・単純に弱い
・疲労が溜まっている可能性がある

よって、基本的にキャリアを重ねすぎていない素質馬を買うことが正攻法となる。

キャリア着別度数
1戦1- 0- 0- 1/ 2
2戦0- 1- 0-13/14
3戦1- 1- 0- 8/10
4戦1- 1- 3-11/16
5戦0- 0- 0- 5/ 5
6戦0- 0- 0- 3/ 3
7戦0- 0- 0- 0/ 0
8戦0- 0- 0- 1/ 1
9戦0- 0- 0- 1/ 1
10戦0- 0- 0- 0/ 0
キャリア勝率複勝率単回値複回値
1戦50.0%50.0%29590
2戦0.0%7.1%07
3戦10.0%20.0%4660
4戦6.3%31.3%88207
5戦0.0%0.0%00
6戦0.0%0.0%00
7戦
8戦0.0%0.0%00
9戦0.0%0.0%00
10戦

集計期間:2014.12.21 ~ 2016.12.18

キャリア4戦以内が基準。5戦を超えると、成績は極端に悪くなる。


ポイント5 父ミスプロ系、ロベルト系は消し!

血統についても触れておこう。

朝日杯では父ミスプロ系とロベルト系が不振傾向にある。

まずミスプロ系は阪神芝外回り1600mという本格派の舞台に向いていない。どちらかといえば短距離が得意なタイプが多く、早熟性だけを武器に勝ち上がってくる馬も多いため、本格派の舞台ではパフォーマンスを下げてしまうのだ。

逆にロベルト系は早熟性に欠けるため、2歳重賞だと強調できない。

ミスプロ系(0−0−0−7)
ロベルト系(0−0−0−2)

サンデー系やキングマンボ系を狙っていくのが王道だろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
2- 2- 2- 5/11
勝率複勝率単回値複回値
18.2%54.5%170258

なんと、好走率は54%超、回収率も210%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


有馬記念2017の予想オッズ・人気と日程、出走予定馬と過去の傾向は?

(C)Arappa

2017年12月24日、中山競馬場で有馬記念(GI/芝2500m)が行われる。

キタサンブラック、シュヴァルグラン、サトノクラウン、スワーヴリチャードらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2017年12月24日(日) 5回中山8日目 16頭 [仮想出馬表]
【11R】  第62回有馬記念
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2500m (A)

出走予定馬・登録馬

馬名性齢斤量
カレンミロティックセ957
キタサンブラック牡557
クイーンズリング牝5 55
サウンズオブアース牡657
サクラアンプルール牡657
サトノクラウン牡557
サトノクロニクル牡355
シャケトラ牡457
シュヴァルグラン牡557
スワーヴリチャード牡355
トーセンビクトリー牝5 55
ブレスジャーニー牡355
ミッキークイーン牝5 55
ヤマカツエース牡557
ルージュバック牝5 55
レインボーライン牡457

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1キタサンブラック2
2シュヴァルグラン2.7
3スワーヴリチャード6
4サトノクラウン9.1
5ミッキークイーン11.4
6レインボーライン36.5
7サトノクロニクル36.4
8ヤマカツエース48.5
9ルージュバック52.6
10ブレスジャーニー54.4
11シャケトラ60.9
12サクラアンプルール88.6
13サウンズオブアース90.5
14カレンミロティック110.4
15クイーンズリング158.9
16トーセンビクトリー194.7

過去5年好走馬

着順馬番馬名性齢斤量
11サトノダイヤモンド牡355
1キタサンブラック牡457
2ゴールドアクター牡557
7ゴールドアクター牡457
9サウンズオブアース牡457
11キタサンブラック牡355
4ジェンティルドンナ牝555
6トゥザワールド牡355
14ゴールドシップ牡557
6オルフェーヴル牡557
4ウインバリアシオン牡557
14ゴールドシップ牡457
13ゴールドシップ牡355
6オーシャンブルー牡457
9ルーラーシップ牡557

朝日杯FS2017の競馬予想分析…ダノンプレミアムが挑む史上初の快挙とは?

(C)MAZIMICKEY

2017年12月18日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS/GI/芝外回り1600m)が行われる。ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、フロンティア、ケイアイノーテックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

中でも注目されるのがダノンプレミアムだ。前走のサウジアラビアロイヤルカップを圧勝し、一躍クラシックロードの主役に名乗りを上げた。朝日杯FSでも一番人気に支持されることがほぼ確実になっている。

もっとも、ダノンプレミアムが朝日杯を確実に勝てるわけではない。なぜなら、彼には乗り越えなければならない“決して低くないハードル”と直面しているからだ。


ダノンプレミアムの不安要素

ダノンプレミアムは素質馬だ。父は言わずと知れたディープインパクト。母インディアナギャルはGI実績こそないものの、重賞戦線で活躍していた実力馬だった。

2頭の間に生を受けたダノンプレミアムは、ここまで期待通りの活躍を見せている。ハイレベルな新馬戦を快勝すると、サウジアラビアロイヤルカップでも他を寄せ付けずに1着でゴール板を駆け抜けた。来年のクラシックを見据える意味でも、有力な一頭が登場したと言っていいだろう。

ただし、何の不安もないわけではない。

ダノンプレミアムの前には、乗り越えなければならない大きなハードルが待ち構えているのだ。

ディープ×ロベルト系の呪縛

結論から書けば、ディープインパクト×ロベルト系という血統構成が不安の種になる。

ロベルト系はブライアンズタイムやナリタブライアン、シンボリクリスエスといった馬たちに代表されるように、瞬発力よりタフさが強み。よりタフなシチュエーションや馬場で好成績を上げる傾向にある。

例えばエピファネイアは不良馬場の菊花賞を圧勝し、(良馬場発表だったが明らかに馬場が渋ってタフなコンディションだった)ジャパンカップで驚異的なパフォーマンスを示した。タフな血だからこそ、できた芸当だったと判断できる。

しかし、ディープインパクトにとって、このタフさがマイナスに作用することがある。ディープとロベルトが掛け合わされた場合、ロベルトのタフさがディープ最大の長所である素軽さや瞬発力を消してしまうことが多いのだ。

過去の産駒たちを見ていくと……

実際、ディープインパクト×ロベルト系の配合で大成功を収めた馬はいない。

————————————
馬名 レース名 着
————————————
アドミラブル 東京優駿G1 3
ディーマジェスティ 天皇賞春G1 6
モンドインテロ 大阪杯G1 8
ディーマジェスティ JCG1 13
ディーマジェスティ 菊花賞G1 4
ディーマジェスティ 東京優駿G1 3
ディーマジェスティ 皐月賞G1 1
サトノラーゼン 菊花賞G1 5
サトノラーゼン 東京優駿G1 2
ニューダイナスティ 菊花賞G1 11
————————————

最も出世したディーマジェスティが皐月賞を勝ったものの、その後は尻すぼみ。ダービー2着の実績を持つサトノラーゼンにしても、現在はオープンクラスですら勝つことができていない。

アドミラブルやモンドインテロにしても、脚光を浴びる時期はあったが、大成するには至っていない。

何より懸念されるのは、彼らが活躍した舞台が2000m以上の中長距離だったことだ。2000mを超える中距離であれば、ロベルト系のタフさがプラスに働くこともある。

一方、よりスピードを求められる2000m未満の距離になると、ロベルト系のズブさがマイナスになってしまう。

事実、ディープ×ロベルト系の配合馬は、なんと一度もマイル以下のGIを勝ったことがない。それどころか、出走したことすらない。いかにディープ×ロベルト系のスピード能力が疑問か、客観的な指標としては十分な事実だろう。

ダノンプレミアムの戦績を振り返ると……

そしてダノンプレミアムにしても、過去のロベルト系配合馬と共通する点がある。


彼はまだ一度も良馬場で走ったことがない。ここ2戦はいずれも馬場が渋ったやや重の中で行われていた。つまり、ロベルト系のタフさが生きるシチュエーションだったのだ。

だからこそ、圧巻のパフォーマンスを発揮できたとも考えられる。

もちろん、積んでいるエンジンの性能が高いことは明らかだし、今回はライバルも少ないため、あっさり勝ってしまうことも十分にありえるだろう。

しかしながら、過去の傾向を探っていくと「鉄板」と表現するには少々危険な香りも漂ってくるわけだ。

果たして、ダノンプレミアムはディープ×ロベルト系配合馬として初めてマイルGIを取ることができるのか? 彼にはライバルたちを蹴散らすだけでなく、歴史を変えることが求められている。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る