マーチS2019の予想オッズ・人気と注目の出走予定馬は?JRA重賞展望
(C)MAZIMICKEY

2019年3月24日、中山競馬場でマーチS(GⅢ/ダ1800m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)、想定される人気と予想オッズを見ていく。

テーオーエナジー、ハイランドピーク、センチュリオン、グレンツェントらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


マーチS2019の日程・時間・賞金

2019/03/24(日)
発走:15:30
本賞金:3600、1400、900、540、360万円

注目の出走予定馬(登録馬)

ダートでも強い今年の4歳世代から世代トップクラスのテーオーエナジーが参戦する。波乱含みの名物ハンデ重賞ではあるが、同コースで師走S・ポルックスSとOP戦を連勝しており適性的にも中心視ができそう。

昨年兵庫CS(JpnⅡ)を圧勝した後は芝のダービーを使った(18着)同馬。それでリズムが狂ってしまったのか、続くJDD、休み明けのグリーンチャンネルCは良いところが無かった。しかし、立て直したJBCクラシックでは果敢な先行策から直線であわやのシーンも見せての7着。復調気配を見せた。

そして上述の師走S、ポルックスSと今回と同じ中山D1800mのオープン戦をともに番手から突き放す強い競馬で連勝した。前走の佐賀記念は岩田騎手が流石に強気に乗りすぎた印象で、最後は一杯になってしまっての3着。どちらかというとスピードの活かせる中央の馬場のほうが合いそうで、地方競馬場でも砂の深い佐賀コースが合わなかった可能性がある。得意の中山コースなら巻き返しは必至だろう。

昨年のエルムSで人馬ともに嬉しい初重賞制覇を果たしたハイランドピークも、休み明けの前走を叩いてここは結果が欲しいところだろう。

早めに動いてタフな時計勝負に持ち込みたいタイプだけに、半年ぶりの出走となった前走の総武S(5着)は出遅れが痛かった。3角から強引に先頭に立つ強気の競馬を見せたが、流石にあのラップで残り切れるほどの地力は無かったか。

スタートもさることながらテンから動きが重かったのは、休み明けといえども+12キロの馬体重が重かったのかもしれない。叩いた今回はもっとテンから動けるはずで、同型馬をうまく捌いて再度4角先頭の形なら今度は粘れるだろう。

昨年のこのレースの覇者センチュリオンも中山コースなら巻き返しがあっても不思議ではない。

昨年のこのレースを勝った後は休養に入り、休み明けの白山大賞典でも勝ったグリムには大きく離されたものの2着と好走した。続くJBCクラシックは11着、チャンピオンズC12着は流石に相手が強かったか。

前走の名古屋グランプリも上位から離された4着と結果は出なかった。が、勝ったチュウワウィザードは後に東海Sでインティの2着、そして続くダイオライト記念を圧勝。2着のミツバは川崎記念を勝ち、3着のグリムは名古屋大賞典を制した。これも結果的には相手が強かったと言わざるを得ない。得意の中山コースに戻ってこのメンバーならもう少し走れてもいいはずだ。

グレンツェントは引き続きミナリク騎手の騎乗で上積みがあれば面白い。前走の東海Sは8着と結果が出なかったが、久しぶりにテンから行く気を見せて積極的なレースが出来ていた。3歳時はゴールドドリームやケイティブレイブといった世代のトップクラスと好勝負をしていただけに、ここで一発があっても決して不思議ではない1頭だ。

他には、出走してくるようなら地力上位のヒラボクラターシュ、ダートに変わって3連勝で一気のオープン入りを果たしたロードゴラッソ、若干距離不足の印象はあるが前走が鮮やかだったサトノティターン、ダートならまだ底を見せていないオルフェーヴル産駒アルドーレ、今回トップハンデにはなるがコリアC連覇を始め実績は最上位のロンドンタウンなどが出走を予定している。

登録馬は以下の通り。

アスカノロマン 牡8 太宰騎手 川村厩舎
アルドーレ 牡4 古川騎手 昆厩舎
エイシンセラード 牝4 津村騎手 今野厩舎
オルナ 牡7 武藤騎手 岡田厩舎
クロスケ 牡4 三浦騎手 水野厩舎
グレンツェント 牡6 ミナリク騎手 加藤征厩舎
コスモカナディアン 牡6 丹内騎手 金成厩舎
サトノティターン 牡6 石橋脩騎手 堀厩舎
サンマルデューク 牡10 武士沢騎手 和田勇厩舎
ジョーダンキング 牡6 ○○騎手 藤原英厩舎
ストライクイーグル 牡6 ○○騎手 杉山厩舎
センチュリオン 牡7 内田博騎手 田村厩舎
タガノディグオ 牡5 ○○騎手 宮厩舎
テーオーエナジー 牡4 ○○騎手 宮厩舎
ハーベストムーン 牡4 ○○騎手 浅見厩舎
ハイランドピーク 牡5 横山和騎手 土田厩舎
ヒラボクラターシュ 牡4 ○○騎手 大久保厩舎
ヒロブレイブ 牡6 ○○騎手 川村厩舎
マイネルオフィール 牡7 柴田大騎手 飯田雄厩舎
リーゼントロック 牡8 松岡騎手 矢作厩舎
ローズプリンスダム 牡5 ○○騎手 畠山厩舎
ロードゴラッソ 牡4 藤岡佑騎手 藤岡厩舎
ロンドンタウン 牡6 吉田隼騎手 牧田厩舎
ワークアンドラブ 牡4 武藤騎手 和田勇厩舎

想定人気・予想オッズ

19番人気 アスカノロマン 118.8倍
10番人気 アルドーレ 36.9倍
12番人気 エイシンセラード 49.6倍
22番人気 オルナ 284.3倍
14番人気 クロスケ 76.9倍
7番人気 グレンツェント 21.7倍
11番人気 コスモカナディアン 39.5倍
6番人気 サトノティターン 17.2倍
23番人気 サンマルデューク 573.2倍
8番人気 ジョーダンキング 26.6倍
21番人気 ストライクイーグル 215.3倍
4番人気 センチュリオン 7.3倍
17番人気 タガノディグオ 105.4倍
1番人気 テーオーエナジー 2.3倍
20番人気 ハーベストムーン 123.9倍
2番人気 ハイランドピーク 4.2倍
3番人気 ヒラボクラターシュ 5.2倍
18番人気 ヒロブレイブ 113.7倍
15番人気 マイネルオフィール 81.9倍
13番人気 リーゼントロック 63.1倍
16番人気 ローズプリンスダム 85.3倍
5番人気 ロードゴラッソ 14.9倍
9番人気 ロンドンタウン 27.5倍
24番人気 ワークアンドラブ 1130.8倍

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事