タグ:ディープインパクト

ディープインパクト産駒の特徴は?血統の傾向や距離適性、芝・ダートの成績

ディープインパクト (C)競馬TIMES

ここではディープインパクト産駒(子ども)の特徴について書いていきます。

種牡馬としてどのような特徴を持っているのか?血統や実際の産駒の成績、性別(牡馬/牝馬)、馬場適性(重馬場、道悪)、距離適性(長距離/中距離/短距離)、ダート適性など、様々なデータから“買い時”を紐解いていきます。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
母の父 Alzao
母の母 Burghclere
性別
馬齢 4 歳
生年月日 2002年3月25日
毛色 鹿毛
馬主 金子真人ホールディングス(株)
調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 早来町
馬名意味 深い印象

賞金

総賞金 1,454,551,000
内付加賞 130,551,000
収得賞金(平地) 471,750,000
収得賞金(障害) 0

能力分析

能力値 評価
絶対能力 S
スピード S
パワー C
スタミナ B

ディープインパクト解説 ~新鮮さを求めるチャンピオンサイアー~

シンボリルドルフ以来となる無敗の3冠馬に輝き、絶対的な強さを誇ったディープインパクト。“英雄”は種牡馬になってからも類まれな能力を発揮しています。

ディープブリランテとキズナといったダービー馬をはじめとして、産駒たちは競馬界を席巻。今や、絶対に欠かすことができないチャンピオンサイアーの地位を確立しています。

ディープインパクト産駒は絶対能力が高すぎるので、どんな条件でも来てしまう血統予想家泣かせの一面があるんですが(苦笑)、特徴ははっきりしているので、好走馬は比較的見つけやすいんです。

京都の外回りのマイルでは絶対に走ってきますし、クラシックでもほぼ確実に馬券に絡んでくるじゃないですか? ただ、一般的なイメージで馬券を買っていると、他のファンと同じような予想になってしまうので、よくありません。

では、具体的にディープインパクト産駒はどんな条件で狙えるのか? しっかりとチェックしていきましょう。

産駒の特徴

・絶対的な能力が高い
THE クラシック血統。東京、京都の外回りが◎
・ダート的な要素が求められる条件は向かない
・フレッシュさがポイント!マンネリに弱い

ディープインパクトの“買い時”

・年齢が若い、キャリアが浅い
・昇級戦
・前走先行馬
・巨漢馬
・前走上がり1位

買い時① 若い馬、キャリアが浅い馬

ディープインパクト産駒はとにかくフレッシュな馬が走ります。

・年齢が若い、キャリアが少ない
・昇級戦
・初の重賞挑戦
・休み明け

などなど、それまでのキャリアで経験したことがない条件やクラスの変化、距離の延長・短縮といった刺激を受けた時のパフォーマンスが高い。まずは年齢別の成績を見ていきましょう。

年齢別集計

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
2歳 21.5% 53.9% 111 97
3歳 15.7% 39.3% 69 81
4歳 13.7% 38.0% 58 82
5歳 9.4% 29.2% 72 77

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

ご覧のとおり、若ければ若いほど、成績が高いことがわかりますよね? 「若い=経験が少ない=状態がフレッシュ」という図式が成り立つため、高いパフォーマンスを発揮すると考えられます。

次にキャリア別の成績を見てみると……

キャリア別集計

キャリア 勝率 複勝率 単回値 複回値
3~ 5戦 16.6% 43.3% 81 90
6~10戦 15.5% 37.6% 67 78
11~15戦 11.1% 36.1% 58 85
16~20戦 10.1% 27.9% 87 69
21~30戦 5.5% 18.3% 35 58

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

こちらもキャリアが少なければ少ないほど、好走率が高い。まぁ年齢が若いorキャリアが浅いと同世代だけの競走になる可能性が高いので好走率が高いのは当たり前なんですが、ディープインパクトの場合、この傾向が顕著です。

とにかく若い馬、キャリアが浅い馬を狙っていきましょう

買い時② 昇級戦

ディープインパクト産駒は絶対能力が高い。しかも昇級するということは、今まで一緒に走ったことがない馬や強い馬と戦うことになります。「能力が高い+刺激を受ける」という相乗効果によって好走率は高まります。

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 13.0% 36.1% 67 80
昇級戦 21.3% 46.4% 94 94
降級戦 18.0% 50.8% 64 79

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

昇級戦のディープインパクト産駒は人気になりやすいのに、回収値は単複ともに90オーバーです。まぁ彼ら、単純に強いのでね。侮らない方がいいですし、むしろ狙い目といえるでしょう。

買い時③ 前走先行馬

ディープインパクトといえば鮮烈な末脚が印象的です。最後方から差しきる競馬は人々を魅了しました。その才能はキズナやハープスターなど、産駒に着実に引き継がれています。

しかし、現代競馬は圧倒的に前が有利です。実はディープインパクト産駒も先行馬のほうが優秀な成績を残しています。

例えばジェンティルドンナを見てください。

鮮烈な末脚の印象はないでしょう。あっても桜花賞とオークスくらいではないでしょうか。しかし、GIを7勝して歴代の名馬たちと肩を並べました。彼女の強さの理由こそ、抜群のレースセンス、先行力にあったんです。

特に古馬になってから勝ったGIを見てみると……

ジャパンカップ 4角4番手

ドバイシーマクラシック 4角5番手

有馬記念 4角2番手

いずれも前々で競馬を進めています。絶対能力の高いディープインパクト産駒が、先行して押し切るという“王道の競馬”をしたら敵なしなんですよ。

一方、鮮烈な末脚の印象があるキズナやハープスターはGI1勝にとどまっています。後ろから行く競馬というのは不確定要素が多いので、どんなに能力が高くても取りこぼすことがあります。

何より後方一気は印象に残りやすい(=人気になりやすい)ので、馬券的な妙味のある馬になりにくいんですね。

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 20.4% 40.8% 83 105
平地・先行 17.3% 41.9% 80 87
平地・中団 13.3% 38.9% 63 81
平地・後方 12.0% 32.3% 72 76
平地・マクリ 15.4% 38.5% 60 70

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前に行けばいくほど、回収値が高いことがわかります。反対に後方待機組は複勝率わずか20%程度です。

「ディープ産駒は先行馬こそ買い」

とにかく前へ行って押し切れるタイプを狙っていきましょう。

買い時④ 巨漢馬

ディープインパクトは小さな馬でしたが、産駒は馬体重が重たい馬の期待値が圧倒的に高いという傾向が出ています。

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 2.5% 27.5% 10 66
400~419kg 10.8% 29.4% 70 74
420~439kg 11.7% 36.5% 69 83
440~459kg 12.6% 36.2% 71 87
460~479kg 16.1% 38.9% 75 79
480~499kg 17.6% 43.8% 62 77
500~519kg 22.4% 49.6% 94 94
520~539kg 20.0% 37.5% 55 49
540~ 22.2% 61.1% 66 127

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

ご覧のとおり、優秀な成績を残しています。ディープインパクト産駒の出世馬たちを思い出してもらうと分かりやすいですね。

サトノダイヤモンド 500キロ前後

ジェンティルドンナ 460キロ前後

キズナ 500キロ前後

スピルバーグ 500キロ前後

ハープスター 480キロ前後

ディープブリランテ 460キロ前後

ラキシス 460キロ前後

主要な活躍馬はほとんどが460キロを超える馬、500キロ前後の馬も少なくありません。一方、馬体重が小さくてGIを勝っているのはダノンシャークとミッキーアイルくらいなものです。

「デカいディープを狙え!」

迷ったら大きなディープを買いましょう。

買い時⑤ 前走上がり上位

速い上がりを使えるかどうかというのは、日本競馬において「才能を示す指標」になります。

圧倒的に能力が高いディープインパクト産駒が速い上がりを使う――。

もうそれは手がつけられないということなんです。実際、前走上がり最速を使った馬の重賞における成績を見てみると……

前走脚質:3F 1位/クラス:重賞  前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
3F 1位 21.5% 51.2% 121 98

集計期間:2014. 1.12 ~ 2016.12.25

ご覧のとおり、2頭に1頭は好走しています。

ここで思い出して欲しいのは、先ほど書いた「差し馬より先行馬」ということです。

「前走上がり3位以内」かつ「前走4角4番手以内」

この条件に合致する馬の成績を見てみると……

前走脚質:指 1~ 3位  前走4角別集計

前走4角 勝率 複勝率 単回値 複回値
4番手以内 27.6% 53.2% 109 87

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

極めて高い成績を残していることがわかります。特に勝率の高さは約3割に上ります。

「前走上がり上位、前走先行して上がりをまとめた馬に逆らうな」

ディープインパクトを極めたければ、知っておいて損はないでしょう。

予想に役立つデータ一覧(芝編)

ここではこの種牡馬に関わる産駒のデータ、傾向を一挙公開しています。予想の参考にお使いください。

※データは2014年1月1日〜2016年12月31日まで
※極端な人気薄は対象外

年齢別集計

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
2歳 20.8% 51.5% 84 84
3歳 15.0% 36.7% 72 79
4歳 12.8% 36.6% 59 80
5歳 8.5% 27.7% 71 79
6歳 6.0% 24.0% 63 72
7歳 6.1% 21.1% 75 80
8歳 3.3% 20.0% 64 62

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 4.2% 23.6% 21 56
400~419kg 12.0% 27.8% 80 70
420~439kg 11.6% 34.7% 62 78
440~459kg 11.3% 34.3% 69 87
460~479kg 13.7% 35.3% 73 75
480~499kg 13.4% 34.7% 64 70
500~519kg 20.2% 46.6% 103 103
520~539kg 13.8% 34.5% 47 77
540~ 18.5% 59.3% 55 149

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

枠番別集計

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 11.0% 35.5% 74 84
2枠 17.3% 38.3% 71 77
3枠 10.4% 32.6% 54 82
4枠 11.0% 32.8% 60 79
5枠 12.4% 33.7% 69 70
6枠 13.9% 38.2% 78 90
7枠 11.0% 31.8% 53 68
8枠 15.7% 37.2% 96 87

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬番別集計

馬番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番 13.1% 37.5% 92 84
2番 12.0% 38.4% 46 80
3番 17.0% 39.4% 89 88
4番 14.5% 33.9% 63 76
5番 12.2% 35.5% 37 74
6番 10.0% 36.4% 61 86
7番 12.1% 32.6% 73 77
8番 13.4% 33.0% 64 67
9番 12.3% 35.7% 61 70
10番 12.1% 34.4% 58 75
11番 14.9% 32.7% 100 79
12番 13.7% 36.3% 91 98
13番 13.7% 34.2% 65 75
14番 11.0% 29.5% 58 65
15番 9.1% 33.0% 47 83
16番 9.8% 30.1% 107 94
17番 13.6% 37.3% 117 116
18番 17.9% 37.3% 102 81

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

人気別集計

人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 31.7% 64.5% 71 84
2番人気 17.9% 49.5% 74 79
3番人気 13.4% 40.2% 76 77
4番人気 7.5% 34.5% 61 83
5番人気 7.6% 24.5% 81 73
6番人気 5.9% 21.9% 94 76
7番人気 3.1% 16.3% 60 76
8番人気 2.5% 15.3% 53 82
9番人気 1.4% 8.5% 46 53
10番人気 4.2% 14.1% 121 93
11番人気 2.6% 9.7% 99 85
12番人気 0.0% 9.3% 0 116
13番人気 0.0% 7.4% 0 78
14番人気 0.0% 4.3% 0 64
15番人気 0.0% 4.0% 0 46
16番人気 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

クラス別集計

クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
新馬 22.2% 51.9% 84 89
未勝利 13.7% 37.0% 69 80
500万下 11.4% 33.5% 62 81
1000万下 10.0% 27.6% 53 62
1600万下 10.3% 31.8% 53 78
OPEN特別 18.1% 37.6% 87 76
G3 14.0% 35.5% 110 92
G2 12.9% 42.4% 68 94
G1 11.0% 27.8% 109 84

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

場所別集計

場所 勝率 複勝率 単回値 複回値
札幌 17.4% 38.8% 119 98
函館 7.0% 25.2% 67 68
福島 10.2% 32.1% 88 103
新潟 9.3% 35.0% 79 90
東京 13.8% 36.6% 56 84
中山 14.6% 34.2% 82 79
中京 8.7% 33.4% 48 77
京都 14.7% 37.5% 68 67
阪神 14.3% 36.1% 76 80
小倉 10.4% 27.8% 54 69
東開催 12.7% 35.2% 71 86
西開催 13.0% 35.0% 65 73
中央開催 14.3% 36.4% 69 77
ローカル 10.2% 32.4% 71 83

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

距離別集計

距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1000m 12.5% 12.5% 165 35
1150m
1200m 8.9% 24.8% 57 60
1300m
1400m 11.3% 34.3% 62 79
1500m 20.0% 37.1% 184 118
1600m 13.5% 36.9% 69 82
1700m 50.0% 50.0% 295 95
1800m 14.4% 37.6% 78 82
1900m
2000m 13.5% 36.0% 67 80
2100m
2200m 11.3% 33.3% 76 94
2300m 0.0% 16.7% 0 23
2400m 12.6% 34.1% 52 66
2500m 10.0% 27.5% 128 74
2600m 7.0% 20.9% 68 67
2800m
3000m 6.7% 33.3% 15 63
3200m 0.0% 0.0% 0 0
3400m 0.0% 40.0% 0 102
3600m 0.0% 75.0% 0 130

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬場状態別集計

馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
芝・ 良 13.0% 35.6% 70 80
芝・稍重 12.5% 33.5% 69 79
芝・ 重 11.7% 29.4% 60 65
芝・不良 8.9% 30.4% 60 60

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

間隔別集計

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘 7.7% 17.3% 25 35
2週 10.1% 29.5% 46 71
3週 13.4% 37.1% 65 79
4週 13.2% 35.6% 77 81
5~ 9週 12.9% 34.6% 73 84
10~25週 11.6% 31.9% 77 74
半年以上 7.3% 34.5% 33 101
初出走他 20.1% 47.1% 78 84
不明・他
明け2戦 10.4% 32.3% 56 76
明け3戦 13.0% 32.9% 76 82
明け4戦 12.7% 36.7% 71 82
明け5戦 12.4% 33.2% 78 101
明け6~ 8.6% 27.3% 66 71

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 17.8% 38.9% 65 103
平地・先行 14.6% 37.2% 74 81
平地・中団 11.2% 34.5% 61 78
平地・後方 10.2% 28.4% 76 75
平地・マクリ 18.6% 37.2% 65 65
3F 1位 21.0% 49.0% 79 84
3F 2位 17.5% 41.0% 74 78
3F 3位 12.0% 35.0% 52 74
3F ~5位 10.0% 30.5% 61 65
3F 6位~ 8.2% 27.4% 69 85

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 11.0% 32.1% 67 78
昇級戦 20.0% 42.9% 88 85
降級戦 15.0% 46.5% 55 89
新馬 22.0% 48.1% 97 95
未勝利 13.3% 37.1% 66 80
500万下 10.7% 31.2% 64 80
1000万下 8.6% 27.0% 47 60
1600万下 11.0% 32.0% 71 87
OPEN特別 16.2% 35.0% 96 84
G3 11.2% 35.8% 78 87
G2 12.4% 31.7% 99 72
G1 15.5% 44.6% 82 101

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走距離別集計

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 12.4% 35.5% 59 76
±200以内 12.3% 34.4% 66 77
±400以内 12.3% 34.1% 66 78
±600以内 12.2% 33.9% 67 79
今回延長 11.6% 31.6% 77 81
今回短縮 12.6% 34.1% 72 80
500m以上延長 7.1% 27.6% 94 80
500m以上短縮 16.4% 36.1% 111 109

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走馬場状態別集計

前走馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
ダ→芝 6.0% 20.0% 90 75

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

【次のページへ】予想に役立つデータ一覧(ダート編)はこちら

ページ:

1

2 3

ディープインパクト産駒完全攻略!スター種牡馬の仔が走る5つの法則とは?


日本の絶対的なチャンピオンサイアーとして君臨するディープインパクト。

馬券を買うファンからすると、彼の産駒を無視することが不可能なほど絶大な影響力を持っています。

そこで今回はディープインパクト産駒にフォーカス。スター種牡馬の特徴を改めて振り返り、馬券を買う上でのポイントをまとめていきましょう。

ディープインパクト産駒の特徴

ディープインパクト産駒の特徴を挙げるとすると……

・絶対的な能力が高い
・THE クラシック血統。東京、京都の外回りが◎
・ダート的な要素が求められる条件は向かない
・「フレッシュさ」がポイント

以上が挙げられます。

絶対的な能力が高いため、人気馬の信頼性は高いです。特に東京や京都といった軽い馬場、スピードが求められてダート的なパワーが必要ない馬場が大好物。

また、フレッシュさがとても重要になってきます。前走、同じような条件で使っている馬の期待値が低い。重賞で2勝以上を挙げる馬が極端に少ないのは、1度重賞を勝ってしまうと「飽きてしまう」んです。

よって、予想の際には「いかにフレッシュな状態か」を見極めることが大事でしょう。

・年齢が若い、キャリアが少ない
・初の重賞挑戦
・休み明け

この辺りが狙い目となります。

では、その他に期待値が高いディープ産駒の条件とは何なのか? 今回は重賞にフォーカスして「買えるディープ」について書いていきましょう。なお、以下で挙げるデータは「2012年以降」、「10番人気以内」を対象とします。

【次のページヘ】ディープインパクト産駒が買える条件とは?

ページ:

1

2 3 4 5

武豊とディープインパクト産駒を刮目せよ!回収率100%を超える4つの条件とは?

(C)masakin0712

武豊騎手といえばディープインパクト、ディープインパクトといえば武豊――。

日本競馬の歴史に燦然と輝く“無敗の3冠”を達成した名コンビといえばこの人馬だ。武豊騎手は今も第一線で活躍し、ディープインパクトは種牡馬となって多くの活躍馬を輩出している。

今なお支持を集め、「武豊騎手×ディープインパクト産駒」が出走すれば「それだけで買う」というファンも少なくない。ただ、せっかく馬券を買うなら勝ちたい。では、「武豊×ディープインパクト産駒」で勝つ方法はあるのだろうか? 実は、ある。今回はその条件について書いていきたい。

なお、この統計は初年度産駒以降の芝のレースを対象とし、期待値の低い「初出走馬」、「6歳以上の高齢馬」はデータから除外する。

条件① 牝馬

まず意外に思われるかもしれないが、牡馬より牝馬の方が成績がいい。

全体(33−30−23−114)
勝率17%
複勝率43%
単勝回収値84
複勝回収値95

牝馬(11−14−4−38)
勝率17%
複勝率43%
単勝回収値107
複勝回収値120

牡馬(22−17−19−76)
勝率16%
複勝率43%
単勝回収値72
複勝回収値82

ご覧のとおり、好走率はほとんど変わらないものの、回収率の面で差が出てきている。

【次のページヘ】武豊×ディープ産駒の狙い目その②③とは?

ページ:

1

2 3

シルバーステートの血統や将来性は?重賞級な理由とGI馬になりきれないワケ

(C)Y.Noda

「レコード勝ち」、「新星現る!」、「怪物の誕生」――。

7月25日に中京競馬場で行われた未勝利戦でディープインパクト産駒のシルバーステート(牡2)が初勝利を挙げた。

圧倒的な1番人気に支持されると、他馬を寄せ付けずに5馬身差の圧勝。1分34秒7はレコードタイム。衝撃的な勝ち方に将来を期待する声が多く挙がった。

もっとも、シルバーステートにはいくつかの課題があることが分かる。今回は彼の将来性と課題について考察していこう。

重賞級の実力

まず今回の走りは素直に評価していい。重賞級の力を持っている。

中京のマイルは2歳馬にとってかなりタフなため、素軽さだけで乗り切れない。言い方を変えると、切れ味に加えて底力を持ち合わせていないと勝ち切れない。

そんな舞台を好タイムで走破するというのは能力を証明したことになる。

例えば過去、中京マイルを2歳時に1分36秒9より速いタイムで走破した馬は9頭いる。うち、3頭は今年の2歳であるため評価は今後の活躍次第となるが、残りの6頭を見ていくと……

タイセイドリーム→準オープン馬

ピークトラム→OP馬

ペイシャフェリス→OP馬

ヌーヴォレコルト→GI馬

6頭のうち4頭が準オープン以上まで勝ち上がり、ヌーヴォレコルトはGI馬になった。普通に行けば、シルバーステートも重賞路線に乗ってくることだろう。

ただし、血統面を見ると「GIを勝ちきれる血統なのか?」という疑問がわいてくるのも事実だ。

【次のページヘ】シルバーステートの血統評価は?

ページ:

1

2 3

レガッタが引退!母スイープトウショウの良血馬が無念の登録抹消

(C)minafl

ディープインパクト産駒のレガッタ(牡3)が引退したことが分かった。7月23日の時点で登録が抹消されている。

レガッタは2014年11月、京都芝外回り1800mで行われた新馬戦でデビュー。福永祐一騎手を背に快勝を収めた。しかし、きさらぎ賞で4番人気に、若葉ステークスで3番人気に支持されたが、いずれも馬券に絡むことができなかった。その後、詳細は明かされていないが登録が抹消となっている。

レガッタは父ディープインパクトに加え、母がGI3勝のスイープトウショウという良血馬。近親にはトウショウフリーク、トウショウカズンといった活躍馬がいる。

偉大な母を持つこともあって将来が期待されていたが、無念の登録抹消となってしまった。

【関連記事】
シャドウアプローチはきっと強いよ?今後に注目したい理由
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?将来性を探る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る