過去の記事一覧

武豊の安田記念全成績…オグリキャップやウオッカらで計3勝

(C)slime

春のマイル王の座を争う安田記念(GI/東京芝1600m)。

武豊騎手はカレンブラックヒルに騎乗する。主戦だった秋山真一郎騎手が落馬により負傷のため、騎乗機会が舞い込んできた格好だ。

そんな武豊騎手と安田記念の歴史を振り返ってみよう。

初騎乗で初制覇

武豊騎手は22回騎乗して3勝を挙げている。初騎乗はあし毛の怪物オグリキャップとの初コンビで挑んだ。レースでは2番手追走から早め先頭に立つと、ヤエノムテキ以下の追撃を抑えて押し切る強い競馬を見せた。この勝利がオグリの奇跡のラストランに繋がったと思うと感慨深いものがある。

外国産馬で2度目の優勝

1995年にはゴドルフィン所有の外国産馬ハートレイクに騎乗し、中団からレースを進め、直線では内のほうで上手く馬群を捌いて抜け出し、サクラチトセオーの猛追をハナ差凌いで勝利に導いた。外交調教馬による制覇は史上初のことだった。

名牝で圧巻の制覇

さらに2009年には64年ぶりに牝馬としてダービーを制したウオッカに騎乗すると、直線で包まれて進路が塞がれたが、力強く馬群を割って、押し切りを図るディープスカイを捉えて1着でゴール板を駆け抜けた。これにより牝馬としては2頭目の安田記念連覇を達成した。

 

天才は3歳マイル王者カレンブラックヒルを返り咲かせることができるのか、注目だ。

武豊騎手│安田記念全成績

馬名 性齢 人気 着順
ローズキングダム 牡5 9 13
クレバートウショウ 牡5 8
ウオッカ 牝5 1
スズカフェニックス 牡6 4
スズカフェニックス 牡5 1
テレグノシス 牡7 5
アドマイヤマックス 牡6 4 12
ファインモーション 牝5 3 13
アドマイヤマックス 牡4 6
アドマイヤカイザー 牡4 5
シーキングザパール 牝5 3
シーキングザパール 牝4 4 10
アマジックマン 牡5 4
ハートレイク 牡5 2 12
ハートレイク 牡4 4
スキーパラダイス 牝4 1
キットウッド 牡4 4
ムービースター 牡6 10
バンブーメモリー 牡6 1
オグリキャップ 牡5 1

集計期間:1990. 5.13 ~ 2014. 6. 8

【関連記事】
武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り
怪物モーリス!“メジロ”の継承者は安田記念で通用するのか?
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
モーリスは安田記念で除外の可能性も?4歳賞金問題の改善を!


モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り

(C)Minafl

怪物か、それともフロックだったのか。

6月7日に東京競馬場で開催される安田記念(GI/芝1600m)で、新たな時代の幕が上がるかもしれない。

その中心にいるのが4歳馬のモーリスだ。前走のダービー卿チャレンジトロフィーで圧倒的なパフォーマンスを示したスクリーンヒーロー産駒は、春の栄冠を手にすることができるのだろうか。

届かなかった3歳クラシック

モーリスは2歳時から期待された存在だった。

1番人気で新馬戦を快勝すると、2走目の京王杯2歳ステークスでも1番人気に支持された。6着に敗れたものの、使った上がりは33秒1。3走目の500万条件を快勝したことで「クラシックへ」と期待は高まった。

しかし、皐月賞トライアルのスプリングステークスで4着に惜敗すると、京都新聞杯でも7着に敗れ、路線に乗ることができなかった。その後も白百合ステークスで3着と勝ち切れず、“鳴かず飛ばず”の日々が続いた。

怪物の才能を開花させた堀厩舎の手腕

そんなモーリスの転機になったのが、吉田直弘厩舎から堀厩舎への転厩だった。関東を代表するリーディングトレーナーの元へ行ったことで“怪物”の才能は開花する。

今年1月の復帰戦で3馬身差の圧勝劇を演じると、準オープン、ダービー卿CTと圧巻の3連勝で重賞ウィナーの仲間入りを果たした。特にダービー卿は中山の急坂で力強く伸び、上がり33秒フラットという驚異的な末脚を発揮。ラスト2ハロンが11秒7−10秒9という加速ラップを踏む規格外の走りで一気にマイル路線の主役となった。

堀厩舎はダービー馬ドゥラメンテ、同3着のサトノクラウン、今年豪州GIを制したリアルインパクトらを管理するトップトレーナーだ。今年のリーディング争いで堂々の1位につけている。モーリスが才能を開花させた背景に“厩舎力”があったことは間違いないわけだ。

史上初の快挙

では、モーリスは安田記念を勝つことができるのだろうか?

適性等があるため一概に「勝てる」ということはできない。ただし、GI級の実力があることは証明されている。というのも、実は前走のダービー卿CTでものすごい快挙を達成していたのだ。

中山は最後の直線に急坂がある。よって通常はラスト1ハロンは減速する。例えば今年の皐月賞のラスト3ハロンのラップは「11秒8−11秒0−11秒7」だ。

しかし、モーリスは減速するどころか加速し、10秒9という驚異的なタイムを叩き出した。いくら昨年末の路盤改修工事によってタイムが出やすくなっているとはいえ、並の能力で叩き出せる時計ではない。事実、

・中山芝コース(距離問わず)
・前半5ハロン60秒以内
・ラスト1ハロン10秒台

この条件に該当した馬はモーリスただ1頭なのだ。手元にある1990年以降のデータで初ということは、間違いなく史上初の快挙ということになるだろう。GI級の能力を持ち、GIを勝つにふさわしい走りをしてきたことは間違いない。

マイル路線の主役へ

安田記念は登録19頭のうち、13頭が6歳以上の高齢馬である。マイル路線の高齢化が浮き彫りになっているわけだ。

そんな中、このスクリーンヒーロー産駒は数少ない4歳馬の1頭である。

前走で示した能力を府中の直線で発揮できれば、結果は自然についてくるはずだ。

新時代の扉を開け、マイル界の主役へ上り詰めるために――。

モーリスが府中の1600mに挑む。

【関連記事】
怪物モーリス!“メジロ”の継承者は安田記念で通用するのか?
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
モーリスは安田記念で除外の可能性も?4歳賞金問題の改善を!
安田記念(2015年)の人気馬は?予想オッズと勢力図を展望
安田記念に関する記事一覧はこちら!


降級馬って本当に儲かるの?JRAのデータから見えた意外な真実とは…

(C) Yusuke Tsutaya

日本ダービーも終わり今週から夏競馬が始まる。夏競馬といえば2歳馬のデビューが楽しみではあるが、もう一つ気になるのが3歳馬と古馬の対戦である。条件戦では現級馬VS3歳馬VS4歳降級馬の戦いとなり、これが馬券選択の大きなファクターとなる。

降級とは4歳馬が夏季開催を迎えると収得賞金額が半額となるため、それまで上位のカテゴリーにしか出走できなかった4歳馬が1つ、もしくは2つ下のカテゴリーに出走できるようになることである。

そこで今回は2012年以降に行われたクラス再編後の条件戦(3歳以上500万・1000万・1600万)に出走した4歳降級馬について分析していく。

なお、今回のデータ集計期間は2012.6.2~2014.12.28である。また、データ内の降級馬とは“前走と比較してクラスが下がった馬”を示しているのだが、中には“収得賞金の関係で降級した馬”以外に“前走格上挑戦をして自己条件に戻ってきた馬”も含まれている。このあたりはデータ集計上の誤差と考えてご了承願いたい。

降級馬の前走クラス別成績

★クラス再編後の条件戦に出走した4歳降級馬の前走クラス別成績

1000万下(126-118-97-595)
勝率13.5% 複勝率36.4%
単勝回収値71 複勝回収値80

1600万下(38-36-28-167)
勝率14.1% 複勝率37.9%
単勝回収値71 複勝回収値88

OPEN特別(19-8-11-63)
勝率18.8% 複勝率37.6%
単勝回収値80 複勝回収値91

G3(12-7-9-30)
勝率20.7% 複勝率48.3%
単勝回収値109 複勝回収値114

G2(6-2-3-22)
勝率18.2% 複勝率33.3%
単勝回収値106 複勝回収値62

G1(3-2-0-8)
勝率23.1% 複勝率38.5%
単勝回収値53 複勝回収値66

4歳降級馬の前走クラスについて調べたところ、前走条件戦(1000万下・1600万下)に出走した馬は勝率・複勝率は水準以上だが、回収値が良くない。また前走OPENクラス以上に出走した馬は勝率が上がる。特にG2・G3の単勝回収値は100を超えるので、機械的に単勝を買ってもプラス収支になる計算である。

降級馬の今回クラス別成績

それでは前章で数値の良かった前走OPEN特別や重賞に出走した4歳降級馬の今回クラス別成績はどうなるのか調べてみた。

★前走OPEN特別や重賞に出走した4歳降級馬の今回クラス別成績

500万下(2-2-3-16)
勝率8.7% 複勝率30.4%
単勝回収値122 複勝回収値95

1000万下(9-5-3-41)
勝率15.5% 複勝率29.3%
単勝回収値71 複勝回収値57

1600万下(29-12-17-66)
勝率23.4% 複勝率46.8%
単勝回収値94 複勝回収値107

勝率・複勝率ベースで見ると、2階級以上下がった500万下・1000万下よりも、1階級下の1600万下に降級した馬の方が高いことが判明した。これは意外に思われる方も多いだろう。

そして2階級下がった1000万下の回収値が良くないので、これは注意したい。

イメージでは階級が下がるほど有利になると思われるが、実際はそうでもないということで結論付けたい。

降級馬の前走からの間隔

夏季開催に狙いを定めて出走してくる4歳降級馬を管理する厩舎の思惑を理解するため、前走からの間隔についても調べてみた。

★クラス再編後の条件戦に出走した4歳降級馬の前走からの間隔

連闘(1-0-0-1)
勝率50% 複勝率50%
単勝回収値140 複勝回収値70

2週(7-1-7-23)
勝率18.4% 複勝率39.5%
単勝回収値51 複勝回収値66

3週(22-15-15-76)
勝率17.2% 複勝率40.6%
単勝回収値58 複勝回収値86

4週(29-14-13-62)
勝率24.6% 複勝率47.5%
単勝回収値99 複勝回収値81

5~9週(55-47-45-192)
勝率16.2% 複勝率43.4%
単勝回収値82 複勝回収値91

10~25週(68-69-51-381)
勝率12% 複勝率33%
単勝回収値59 複勝回収値75

半年以上(22-27-17-150)
勝率10.2% 複勝率30.6%
単勝回収値98 複勝回収値97

もし厩舎関係者の立場で管理している馬が降級するとわかっていたら、余程の素質馬で賞金を加算したいという馬以外は、降級するまで出走を見送ると思う。だから連闘~9週の間隔の場合は、本来出走できる状態にあるのに降級するのを待って出走させたと考えられる。

そして間隔が10週以上開くと普通の休養明けと変わらないので、勝率・複勝率とも若干落ちる。ということは降級するまで待ったというより、何らかの理由(故障が完治するまで等)で出走できなかったと考えられる。

降級馬の狙い目

これまでデータを用いて4歳降級馬について分析してきたが、狙い目としてのポイントを挙げておく。

★回収値でみると前走条件戦(1000万下・1600万下)に出走した降級馬より、更に上のクラスであるOPEN特別・重賞に出走した降級馬の方が良い。

★前走OPEN特別や重賞に出走した降級馬は、1つ下の1600万下での成績が良い。逆に2つ下の1000万下では回収値が低くなる。

★降級馬の前走からの間隔としては9週までで、10週以上間隔が開くと勝率・複勝率が落ちるので注意。

これは以前に競馬関係者から聞いた事で、“競走馬というのは1勝することが凄く大変な事で、また降級馬というのは1つ多く勝っている馬なので、それだけ力が抜けていると思った方が良い”という話を聞いた。

ただ全ての降級馬が当てはまるというわけではないので、見極めが大切である。そして見極めるのに今回の記事を活用して頂けたらと思う。


なぜサトノラーゼンはダービーで激走したのか?人気薄馬の血統と戦績が示す根拠

(C)馬空-競馬写真館-

メンバー最速の上がりで追い込んできたサトノクラウンを、ハナ差抑えて2着を奪い取ったサトノラーゼン。日本ダービーを見ようと詰めかけた12万人を超える観衆をあっと言わせました。

1着とはいかずとも、単勝18.7倍、5番人気からの下克上は胸を張っていい成績です。

今回はサトノラーゼンの躍進の理由を探りつつ、秋の予習をしていきましょう。

ダービーを走るべくして走った血統

まずは改めて血統をチェックしてみましょう。

父ディープインパクトは説明不要の名種牡馬。産駒もここ3年で日本ダービーを2勝していて、「ダービー馬はダービー馬から」という格言を証明する活躍を見せています。

母の父インティカブはロベルトを祖父に持つ種牡馬。ロベルトは3頭の日本ダービー馬を輩出したブライアンズタイムの父です。

母の母の父カーリアンは97年の日本ダービー馬・フサイチコンコルドの父です。

このように、父・母系ともに日本ダービーに縁のある血統が凝縮されていることが分かります。今回の好走は、脈々と受け継がれる「日本ダービー縁の血統」が巻き起こしたものだったわけです。

レースを使われながら徐々に成長

昨年7月にデビューしたサトノラーゼンは、日本ダービーが10戦目。初勝利まで実に5戦を要し、ほぼ月に一度のペースでレースに使われていました。

同じように夏にデビューして皐月賞を制したイスラボニータでも日本ダービーは7戦目。サトノラーゼンの方が3レースも余計に使われていたので、消耗度合いが気になりましたが、もろともしませんでしたね。

ここで効いたのがロベルトの血です。

ナリタブライアン:ダービーが11戦目
サニーブライアン:ダービーが10戦目

ロベルトを祖父に持つ2頭のダービー馬は、レースを使われながら栄冠を手にしました。

ロベルト系で栄冠を手にした残りの1頭、タニノギムレットにしてもキャリア8戦目での勝利。しかも同馬は2歳12月から毎月出走し、NHKマイルカップからダービーという厳しいローテーションを歩んでいました。前述の2頭と同じく、底力がなければできない芸当といえます。

サトノラーゼンは惜しくも2着でしたが、キャリアをしっかりと積み重ねているところはロベルト系の名馬と瓜二つ。ダービーもフロックとは言えません。

ディープ産駒初の菊花賞馬となるか

一気に世代のトップランカーとなったサトノラーゼン、秋の動向が気になるところです。

血統面をさらに掘り下げると、母母父カーリアンと母父インティカブは凱旋門賞など欧州の2400m前後のGⅠで活躍する馬を送り出していることから、スタミナも一級品ということが分かります。

ディープインパクト産駒はマイルからクラシックディスタンスを得意にしています。3000m以上の重賞は未勝利。菊花賞では2着が最高となっています。しかし、ロベルトというスタミナの裏付けを持っているサトノラーゼンなら、ジンクスを打ち破れるかもしれません。

もしも菊花賞でドゥラメンテと再び相まみえることあったら……。3冠へ向けた最大のライバルになりそうですね。

【関連記事】
日本ダービーとオークス(2015年)の血統連動説は証明されたのか?
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析

(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は、1番人気のドゥラメンテが期待に応える圧勝で皐月賞に続く2冠を手にした。

3着に食い込んだのは、皐月賞6着から巻き返したサトノクラウンだった。堀厩舎ワンツーとはならなかったものの、1番人気を裏切った皐月賞からしっかりと立て直され、ダービーの舞台で意地を見せることができた。

サトノクラウンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

サトノクラウンは父マルジュ、母ジョコンダ2、その父ロッシーニという血統。マルジュはラストタイクーン産駒で、現役時代はイギリスのマイルGIを1勝している。全姉のライトニングピールもスプリントGI馬と、短い距離での活躍が目立つため、距離不安の声もあった。

ただマルジュは欧州でフランスのヴェルメイユ賞(GI/芝2400m)を制したマイエマなど中距離GI馬を複数輩出している。

加えてマルジュの半姉サルサビルは現役時代、イギリスオークス(GI/芝2400m)とアイリッシュダービー(GI/芝2400m)、そしてヴェルメイユ賞を制した名牝である。クラシックディスタンスへの適性は決してないわけではなかったのだ。

秋のローテと不安材料

ただし、最後の直線でサトノラーゼンを交わし切れなかったあたり、2400mは少し長いのかもしれない。となれば秋は天皇賞あたりが有力か。血統表にサンデーサイレンスの血を一滴も持たずとも、ダービーレコードとなったこのレースで3着に来るのは能力がある証拠だ。古馬に混じっても有力馬の一頭であることは間違いない。

不安点を挙げるとすれば、早熟傾向にある血統ということか。サトノクラウンの全姉ライトニングピールはデビュー5戦目の2歳GIを圧勝したものの、その後は1戦もすることなく引退した。

父マルジュも3歳の6月にGIを勝ったが、その後の2戦は人気を大きく裏切り、そのまま引退している。サトノクラウン自身もデビュー2戦目で東スポ杯2歳ステークスを勝った馬だが、果たしてその成長力は――。そういった血統背景も考慮して、秋の走りに注目したい。

【関連記事】
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る