過去の記事一覧

影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない

(C)Minafl

どの世界でも“天才”を兄弟に持った者は苦労する。

浅田真央さんを妹に持った浅田舞さんは「グレてしまった」(本人談。詳しくは『しくじり先生』をご覧あれ)ようだし、後藤真希さんを姉に持った祐樹さんもまぁすごいグレようだ。

今の種牡馬界における“兄弟格差”といえばディープインパクトとブラックタイドを思い浮かべるのではないだろうか? ディープインパクトは無敗の3冠馬であり、GI7勝馬だ。対するブラックタイドは地味な現役生活を送り、弟の活躍によって種牡馬としてそこそこやっていけている、といった印象が一般的かと思う。

しかし、浅田舞さんがグラビアで取り上げられて写真集がバカ売れするほどの美貌の持ち主であるように、ブラックタイドもまた兄の影に隠れて異彩を放っている。今回はそんな偉大な弟を持つ兄にスポットを当ててみたい。

現役屈指の実力種牡馬

まずはブラックタイドの成績を見てほしい。

種牡馬の成績を見る上で有効な方法は以下のとおりだ。

・前走5位以内
・今走5番人気以内

この条件に合致する馬を集計する。前走で5着以内に入っているということは一定以上の実力があるということだ。かつ、今走でもある程度人気に支持されているなら、前走がフロックでない可能性が高い。(前走5着以内なのに二桁人気というのは、フロックの可能性大のため、集計に入れない)

この基準で2015年のブラックタイド産駒の成績(芝レース)を集計してみると……

全成績(7―6―5―9)
勝率26%(3位)
複勝率67%(1位)
単勝回収値164(1位)
複勝回収値146(1位)
※()内は20頭以上出走している種牡馬と比較した順位

いかがだろうか? 驚異的な成績であることが分かる。これは下級条件ばかりの成績ではない。ここ1年くらいを振り返ってみると、オープンや重賞でも活躍馬を出している。

キタサンブラック
皐月賞3着、スプリングS1着

マイネルフロスト
福島民報杯1着、中山記念、AJCC4着

タガノエスプレッソ
デイリー杯2歳S1着、弥生賞3着

コメート
ホープフルS2着

ディープインパクトの産駒より地味で人気にならない。しかし、種牡馬としては弟に勝るとも劣らない能力を持っている。この成績を見れば、この事実に疑いの余地はないのではないだろうか?

競走馬の成績=種牡馬の能力ではない

ではなぜ、ブラックタイドは種牡馬として成功できたのか?

ここで強調したいのは、競馬が「ブラッド・スポーツ」だということだ。血統が良ければ、どんな馬も成功する可能性を秘めている。ブラックタイドの場合……

父サンデーサイレンス
米2冠馬。種牡馬として大成功

母ウインドインハーヘア
独GI馬。近親にGI馬が多数

全弟ディープインパクト
無敗の3冠馬。GI7勝

こういった血統背景を持っている。種牡馬として成功するポテンシャルはあったわけだ。

たとえ競走成績が振るわなかったとしても種牡馬として成功した例は数多くある。例えば大種牡馬ミスタープロスペクターは競走馬時代、重賞をひとつも勝てなかった。しかし、今や世界中にその血を広げて系統を確立するほどの活躍を見せている。

反対に(あえて名前は出さないが)競走馬として大成功しても種牡馬として活躍できなかった馬はたくさんいる。「名選手、名監督にあらず」ではないが、「名馬、名種牡馬にあらず」といえるのだ。

ブラックタイドは競走馬として成功できなかった。しかし、良血を伝える遺伝力は、誰よりも優れていたということだ。

ブラックタイド産駒は買い!

馬主の方や馬券を買うファンの方はブラックタイド産駒に注目してみてほしい。

父がクラシックホースというのは値段が上がりやすい。ディープインパクトキングカメハメハの産駒は億単位になることも珍しくない。しかし、ブラックタイドはリーディング上位の種牡馬に勝るとも劣らない力を持っている。安く買えるが強い。そんな“お買い得な馬”がブラックタイド産駒には多い。

馬券的な観点から見ても、「実力はあるのに人気にならない馬」というのは実においしい。

重要なのは競走馬時代の成績ではない。種牡馬としての成績をしっかりと評価してほしい。

偉大な弟に隠れた“最強種牡馬”ブラックタイドの今後に期待だ。

おすすめコラム

遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
福永祐一騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率


福永祐一騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”

(C)Yusuke Tsutaya

皐月賞は不運としか言いようがなかった。

リアルスティールに騎乗した福永祐一騎手は100点の騎乗をした。大げさではなく、初の皐月賞制覇に確実に大手をかけていた。しかし、またしても届かなかった。大外からやってきた“怪物”に栄光をさらわれてしまったのだ。

いつもあと一歩。またしてもあと一歩。今回はそんな福永騎手の“あと一歩の歴史”を振り返ってみよう。

平場では信頼できる騎手だが…

福永騎手は現役トップジョッキーの1人だ。2013年にリーディングジョッキーとなり、近年ではジャスタウェイやエピファネイア、リアルスティールといった有力馬に騎乗している。

実績のとおり、平場では最も買える騎手の1人だ。ソツのない騎乗をするため、才能のある馬を普通に勝たせることはできる。だから、多くの陣営が福永騎手に騎乗を依頼する。

ただし、「ソツのない」というのは必ずしも褒め言葉ではない。例えば「無難」と言い換えることができる。この「無難な騎乗」は平場ではいいかもしれないが、重賞レベルになると足元をすくわれるケースが多い。

特にGIはすべての騎手が勝ちたいと思っている。そういった環境で80点の騎乗をしても、100点の騎乗をしたジョッキーに勝利をかっさらわれてしまうのだ。

牡馬クラシック2着の歴史

牡馬クラシックの成績はというと、通算(1−6−3−36)。勝ったのは菊花賞で断然の1番人気に支持されたエピファネイアのみだ。1着が1回に対し、2着が6回もあるのだから、いかに「勝ちきれていないか」が分かる。

前述のとおり、リアルスティールの皐月賞は100点の騎乗だったが、ドゥラメンテの反則級の末脚に屈した。エピファネイアのダービーは向こう正面でのアクシデント以外、完璧に乗ったが、ゴール寸前でキズナにかわされてしまった。

ワールドエースの皐月賞は4コーナーで“ワープ”したゴールドシップの後塵を拝し、大穴をあけたアサクサキングスのダービーでも勝ち切るにはいたらなかった。ちなみにこの年の勝ち馬は牝馬のウオッカ。牝馬の参加がない通常の年であればダービージョッキーになっていたかもしれないのに、と思うと、実についていない。

牡馬クラシックではないが、昨年のマイルチャンピオンシップでも好騎乗をしながら、岩田康誠騎手の“神騎乗”に押し切られてしまった。

「無難な騎乗」というのは決め手に欠ける。福永騎手の成績は、そのことを正確に表しているような気がしてならない。

果たして、福永騎手は“あと一歩キャラ”を脱却し、念願の春の牡馬クラシック制覇を成し遂げることができるのか? 興味は尽きない。

おすすめコラム

遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率


苦境に立つダンスインザダーク…2015年は芝でわずか1勝

(C)Slime

ダンスインザダークが苦境に立たされている。

サンデーサイレンスの後継種牡馬として、長年に渡り活躍し、かつて種牡馬リーディングで2位を獲得した。しかし、近年はディープインパクトハーツクライの登場、自身の高齢化に伴う産駒の減少があって勝ち鞍は激減。2013年はリーディング22位、2014年は26位、そして2015年は4月19日終了時点で47位、芝ではわずか1勝と苦戦している。

なぜ、ダンスインザダークは“落丁”してしまったのか? 今回は改めてダンスインザダークの栄光と現状を見ていきたい。

輝かしい実績

日本ダービー2着、菊花賞制覇という実績を残したダンスインザダークは、屈腱炎を発症して引退。全姉ダンスパートナーがオークスを制し、半兄エアダブリンもダービー2着、菊花賞や宝塚記念で3着と活躍していたことから、種牡馬として期待された。

当初は期待通り、産駒たちが勝ち星を積み上げた。種牡馬入り3シーズン目にしてリーディングトップ10入りを果たし、2004年には自身最高となる2位にまで上り詰めた。2003年から2009年まで常に4位以内をキープし、種牡馬としての地位を確立した。

この間、ツルマルボーイが安田記念を制し、ザッツザプレンティ、デルタブルース、スリーロールスが菊花賞で優勝。4頭のGI馬を出している。

しかし、徐々に雲行きが怪しくなった。2010年に11位に陥落すると、以降は順位を下げ続けている。

軽視される長距離馬

ダンスインザダークの評価が下がってきた背景には「長距離馬の軽視」がある。

自身が菊花賞馬のダンスインザダークは、種牡馬としても長距離馬を出した。菊花賞では3勝していて、デルタブルースに至っては豪GIメルボルンカップを勝っている。

しかし、近年は長距離レースが軽視され、中距離やマイルに比重が置かれている。そうなると、ダンスインザダークの価値は上がらない。ダークシャドウ(天皇賞秋2着)やダノンヨーヨー(マイルチャンピオンシップ2着)を出しているとはいえ、1600〜2400mのGIウィナーはツルマルボーイのみ。皐月賞と日本ダービー、古馬の中距離GIとは全く縁がない。

そうなると、“淘汰”されていくのも自然の成り行きと言わざるを得ない。

2015年の芝勝ち鞍は1つだけ

ディープインパクトハーツクライ、アグネスタキオンといった“クラシック血統”の種牡馬たちが登場するごとにダンスインザダークは苦しい立場に追いやられてきた。そして遂に2015年の芝の勝ち鞍は1つだけという状況になっている。

今年で22歳。高齢になり、繁殖牝馬の質が落ちている現状では巻き返すのはなかなか難しい。

ただ、個人的にはこういう個性的な種牡馬がいるのはいいと思う。

勝ちきれなかったとしても馬券を買う上でポイントとなる種牡馬だし、ダイワダーウィンのような将来を期待できる馬もいる。現状、芝で1勝、ダートで2勝と苦しい成績だが、巻き返しを期待したいところだ。

おすすめコラム

遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率


遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由

(C)arima0208

将来、GIを制すかもしれない素質馬を取り上げる“未来予想図”。第1回で取り上げたモーリスはダービー卿チャレンジトロフィー(GIII/芝1600m)を衝撃的な強さで制しました。

ああいう馬を取り上げていけると、コラムニスト冥利に尽きるというものです。

第2回となる今回は、衝撃的な強さを見せた素質馬を紹介しましょう。

その名は、サトノアラジンです。

サトノアラジンを推す理由① 衝撃的勝利

4月19日に行われた春興ステークス(1600万下/芝1600m)でのパフォーマンスは圧巻でした。

レースは4角1、2番手が残る流れ。そんな中、サトノアラジンは後方に位置取ります。最後の直線、誰もが前残りの結果を予想した時、ただ1頭、後方から猛然と追い込んでくる馬がいました。それが、サトノアラジンだったのです。

記録した上がりは32.7秒。4コーナーで後方にいた人気馬オメガキングティーやサトノネプチューンは下位に沈みました。

13.1-11.8-11.6-11.5-11.4-11.6-11.5-11.7

この一貫したラップを差し切るというのは並大抵のことではありません。

才能がついに開花した。

そう感じられる、圧巻のパフォーマンスでした。

サトノアラジンを推す理由② 注目の素質馬

そもそもサトノアラジンは2歳時から注目されていました。関係者の評価が高く、出走前から「重賞級」ともてはやされていたほどです。

いよいよ迎えた新馬戦では2着に0.6秒差をつける圧勝劇を演じ、東京スポーツ杯2歳ステークスでは1番人気に支持されました。

その頃は大きすぎる期待に実力が追いつかない“過剰人気馬”でしたが、夏辺りから徐々に力をつけだすと、菊花賞で6着に。そして今回の衝撃的な走りへとつながったわけです。

サトノアラジンを推す理由③ GI級の血統背景

では、なぜ2、3歳時は人気に応えられなかったのでしょうか? これは血統を見れば説明がつきます。

全姉のラキシスを見てみましょう。3歳クラシックとは縁がありませんでした。しかし、徐々に力をつけてエリザベス女王杯を制すまでに成長しました。今年の大阪杯では同じディープインパクト産駒のキズナに完勝しています。

つまり、晩成型の一族なのです。

力をつけてしまえば、こっちのもの。全姉がGI馬、母は米GIIの勝ち馬と、重賞戦線で活躍するにふさわしい背景があります。さらにストームキャット系牝馬との配合はディープインパクトの“成功配合”です。キズナやアユサン(桜花賞馬)、ヒラボクディープ(青葉賞馬)といった重賞ウィナーを複数頭出しているんです。

この背景を知ると、期待せずにはいられないのではないでしょうか?

サトノアラジンを推す理由④ 超一流の人間たち

最後に周囲の環境も推奨できる理由です。

・ノーザンファーム生産馬
・池江泰寿厩舎所属

「超エリート」としての待遇が保証されていることが分かります。

変な厩舎に入ってしまい、素質を開花させられない馬も多いです。しかし、サトノアラジンにその心配はいりません。

モーリスとともに新時代のマイル戦線を担え!

先日取り上げたモーリスはGI級の力があると書きました。

サトノアラジンも、同様の素質があると言っても過言ではありません。

近年、マイル戦線は混沌としています。抜けた馬がいないため、いまいち盛り上がりに欠ける印象を受けます。そんなマイル路線に風穴を開けられる存在……。それが、モーリスであり、サトノアラジンではないでしょうか?

準オープンを突破しただけなので大きなことは言えません。安田記念にも出られないでしょう。ですが、秋に行われるマイルGIマイルチャンピオンシップはディープインパクト産駒が得意とするレースです。

秋までに力をつけて、マイル戦線を盛り上げてほしい。

そんな期待をしてしまう、圧巻のパフォーマンスでした。

おすすめコラム

将来のGI馬!?スクリーンヒーロー産駒モーリスに注目したい4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛


『競馬TIMES』月間10万PV突破のお知らせ


『競馬TIMES』は4月の月間PV数が10万PVを超えましたので、お知らせいたします。

3月にサイトを立ち上げて以来、多くの方にお越しいただきました。本当に、感謝しています。

今後も当サイトの理念である「競馬を総合的なエンターテイメントとして捉える」、「ファンの数だけ、無数の楽しみ方がある」を胸に、競馬に関する情報を届けていきたいと思っています。

また、『競馬TIMES』を訪れる方の競馬ライフがより充実したものになるよう、コンテンツを増やしていきたいと考えております。

今後とも、よろしくお願いいたします。

競馬TIMES編集部一同


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る