ワークフォースを侮るな!過去の欧州系種牡馬との違いと配合から見る注目産駒とは?


ワークフォースの配合のポイント

ワークフォースから芝の一流馬を出すにはヌレイエフやサドラーズウェルズを取り入れ、パワーや底力を補強し、なおかつサンデーサイレンスやミルリーフやセクレタリアトを取り入れ、ミスタープロスペクターのクロスを作るなどして日本の軽い芝向きの柔らかな体質にする必要があるのではないかと推測される。

産駒初勝利を飾ったグローリーミストはその推測に合致する配合だった。母父がトニービン×ヌレイエフのジャングルポケットだから全体でヌレイエフ≒サドラーズウェルズ5×3×4となり、パワーや底力の補強に成功している。

また、母母ロージーミストは朝日杯FSやNHKマイルカップを制したグランプリボスの母で、サンデーサイレンス×セクレタリアトという配合で柔らかな体質を伝える牝馬だ。重々しさを感じさせないスラッとした馬体は母母の血が強く出ているようで、サドラーズウェルズ≒ヌレイエフを活用してロージーミストの良さを引き出すことに成功したといえるのではないか。産駒初勝利にふさわしい良駒だ。

ここからはグローリーミストに似たような配合で、POGでも期待できる2歳馬を紹介したい。

【次のページへ】期待のワークフォース産駒3頭を発表!

ページ:
1

2

3

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る