(C)shin1k

2019年5月12日、東京競馬場でヴィクトリアマイル(GⅠ/芝1600m)が行われる。ラッキーライラック、ミッキーチャーム、レッドオルガ、プリモシーン、カンタービレ、ソウルスターリングなどが出走を予定し、大混戦となっているが、その中でも注目を集めているのがアエロリットだ。国内初戦となるこの舞台でどれだけやれるか。

アエロリットの前走はアメリカ・ガルフストリームパークで行われた、1着賞金300万ドルのペガサスワールドカップターフだったが、道中2番手、50.5キロの軽量を生かして先行したが、3コーナーあたりで手ごたえが怪しくなり、そこからズルズルと後退。結局10頭中9着に終わり、アメリカ遠征は残念な結果になった。

2年前のNHKマイルカップの覇者ではあるが、どうにもその後GⅠに手が届かない。活きのいい4歳勢が躍進する中でどれだけ存在感を見せられるのか、1つ1つチェックしていきたい。


チェック① 前走海外組は成績よし!だが・・・

前走海外(2- 1- 0-2)
勝率 40.0% │ 複勝率 60.0%

サンプル数は少ないが、5頭中3頭は3着以内に絡んでいる。これだけ見ると、海外出走明けだったとしても問題はなさそうだが、気をつけたいのはどの馬が3着以内に入ったか。このうち、ブエナビスタが2回、先日この世を去ったウオッカが1回だ。

しかも、この時いずれも単勝1倍台に支持されており、抜きん出た存在であることは明らかである。アエロリットの場合、おそらく単勝1倍台には支持されないし、力量的に大混戦。まして、ドバイミーティングより前の時期のレースなので、こうなると海外明けというカテゴリーから外してもよさそうな感じもする。

ブエナビスタやウオッカのようにたとえ本調子ではなくてもいい着順をとれる馬なのか、そのあたりを考えてアエロリットを見ていくのがいいだろう。

チェック② 負ける時は馬場が渋る時

先週土曜日、東京競馬場に大粒の雹が降り、レース取りやめに追い込まれ、プリンシパルステークスが今週にスライドする出来事があった。この日の大量の雨が結果的に内有利の馬場を変え、外差しが決まりやすい馬場にして、NHKマイルカップに影響を与えたと言われている。

アエロリットが馬券圏内を外したのは国内で4戦あるが、そのうちの3戦は馬場が悪化していた。この3戦いずれもGⅠというのだからアエロリットはいささかツイていない。なお海外の1戦も重馬場だった。毎日王冠でステルヴィオやキセキを下して勝っており、本来実力はあるのだが、大舞台で馬場に泣かされてきた。

どうもはっきりしないのが天気であり、曇の日が続くようだが天気はコロコロと変わる。アエロリットから買うにしても馬場はしっかりと確認すべきだろう。

チェック③ 横山典弘騎手とのコンビ復活

デビューからしばらくは横山典弘騎手が騎乗していたが、2018年からお手馬の都合でしばらく騎乗機会がなかった。そんな中、1年ぶりに手綱が横山典弘騎手に乗り変わり、アエロリットからすればチャンスが広がったようにも見える。

しかし、ここで注意したいのが横山典弘騎手のスタイルだ。馬の気持ちを大事にし無理に追い出さないというスタイルは、時に最後方からの競馬を強いられ、ノリポツンという言葉さえ生まれるぐらいだ。桜花賞で14番手からの競馬で負けるなど、そのあたりが少々怖い。

こうなると枠順であったり、同型の存在だったりを気にしないといけない。プラスではあるのだが、時に後方ポツンをやってしまうだけに、警戒はすべきだろう。

まとめ

ラッキーライラックやミッキーチャームなど最近結果を出しながらここにやってきており、アエロリットが簡単に勝てる状況とは言いがたい。NHKマイルカップに勝つぐらいなので、適性はあり、活躍できるだけの素地もある。あとはアエロリットに欠けているといっても過言ではない運の要素がどこまで備わっているか。

力は十分にあり、あっさり勝っても不思議ではない。しかし、実力が出せる状態にあるのか。そのあたりは当日までの調教過程、枠順などを見て判断していくしかないだろう。

おすすめの記事