(C)MAZIMICKEY

2019年6月16日、東京競馬場でユニコーンステークス(GⅢ/ダート1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるデュープロセス、デアフルーグ、ワイドファラオ、ヴァイトブリック、ノーヴァレンダ、ヴァニラアイスらの中で危険なのはどの馬か。しっかり考察していこう。

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


ユニコーンステークスの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は4勝、2着は3回、3着はなしと、信頼度はそれなりに高いことが言える。

上位勢も同じような成績を残しており、2番人気が3勝、3番人気が3勝と勝ち馬は上位からしか出ていない。あとはチラホラとヒモ荒れがある程度だ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① オープン特別組の取捨選択

前走オープン特別(5- 8- 7-56)
勝率 6.6% │ 複勝率 26.3%

クラス別で見ると実に面白く、前走中央の重賞を使った馬は過去10年で16頭参戦し、1頭も馬券に絡んでいない。3歳のダート重賞はユニコーンステークスが初めてなので、前走芝の重賞を使った馬は総崩れ。

一方、オープン特別組はそれなりの結果を残す。ここで大事な取捨選択だが、どのオープン特別組にも共通するのが掲示板圏外からの巻き返しは過去10年で1回もない点。

負けていても、掲示板以内でコンマ7秒差まで。該当する馬も4番人気以内と、一定の条件が課せられる。

ちなみに兵庫チャンピオントロフィー組はこの10年で3勝と相性がいいが、そこで1秒程度負けている馬があっさり勝つことが目立つ。

地方は深いダート、中央は浅いダート、求められるものが違う分、地方で負けたから中央で勝てるわけがないと思っていると痛い目を見る。

予想参考データ② 上がりの脚が最強の武器!

上がり3F 1位(4- 3- 3-4)
勝率 28.6% │ 複勝率 71.4%

ダートは基本的に前が強い。逃げ粘りもよく見られるが、ユニコーンステークスでもそれはほぼ同じ。ハナを切った馬こそ厳しいが、前に行った馬が勝ちやすい。

そんな中、上がり3ハロンで1位の末脚を見せた馬は後方からでも差し届く、そうでなくても3着までを確保する可能性が高い。

裏を返せば、それぐらいの脚がないと後ろからでは厳しいとも言える。ちなみに過去10年で上がり3ハロン1位だった馬は、ルヴァンスレーヴ、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、グレープブランデー、シルクメビウスなどなかなかの馬ばかり。

そのレベルになるであろう馬かどうか、今一度じっくり吟味するという手もあるかもしれない。

予想参考データ③ レディーでも体重は必要

ダートの世界はパワー重視なため、地方交流で活躍する馬などを見るとどの馬も馬体重が500キロを超え、ある種馬体重も予想のファクターとなる。

ユニコーンステークスでは必ずしも500キロを超えてなければならないことはないが、後に重賞戦線で活躍する馬は500キロ近辺の馬体重で好走している。

これは牝馬も同じで、少なくとも470キロ台は欲しいところ。2014年2着のコーリンベリーは20キロ増の476キロで臨んでいた。

馬体重が450キロ近辺のヴァミラアイス、端午ステークスの時点で446キロ、30キロ近く増やさないとそのゾーンに到達しないが、果たして。

2019年の危険な人気馬は?

ワイドファラオは人気に支持される見込みだが、初ダートで、しかも57キロを背負う。それで人気先行となれば、嫌わずにはいられない。血統的に父はダートで結果を残すが、母は芝でしか走っておらず、狙いにくいか。ユニコーンステークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ノーヴァレンダは1つ目の消しデータに合致している。伏竜ステークスが休み明けとはいえ、1秒以上の大敗。全日本2歳優駿の勝ち馬ではあるが、伏竜ステークスの負けがあまりに厳しく見え、人気なら切ってもいいだろう。

反対にヴァイトブリックは危険なデータに一つも当てはまらない。兵庫チャンピオンシップはコンマ9秒差の2着だが、データ的に問題なし。新馬戦は2秒近い差をつけた圧巻の勝利、前走は輸送にやられた可能性もあり、ここで巻き返したい。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ヴァイトブリックと言えそうだ。

おすすめの記事