東京新聞杯2018の予想分析…4つの注目点から浮上する激走馬とは?


(C) vodkajo444

2018年2月4日、東京競馬場で東京新聞杯(GⅢ/芝1600m)が行われる。グレーターロンドン、ダイワキャグニー、リスグラシュー、ダノンプラチナ、クルーガー、アドマイヤリード、サトノアレスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

春のマイルGⅠヴィクトリアマイルや安田記念と同じ競馬場・同じ距離で行われる東京新聞杯の歴史は古く、1984年以降は長い間現在の条件で行われている。

過去にはキングヘイロー、アドマイヤコジーン、ハットトリック、スズカフェニックス、ローレルゲレイロなどの後のGⅠ馬も勝馬として名を連ねていて、GⅢとはいえ重要なマイル重賞の一つと言えるのが東京新聞杯だ。

配当の傾向を過去10年で見てみると、3連単はすべて万馬券そのうち10万円以上の配当が4回、9万円台が2回あり、平均は424,724円と大荒れの可能性が高い重賞と言っても過言ではない。

2018年もこれまで同様の決着となるのか、一転して堅い決着となるのか。

今回は過去10年の東京新聞杯の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20162エキストラエンド
20163マイネルアウラート
20152アルフレード
20141ホエールキャプチャ
20121ガルボ
20123ヒットジャポット
20112キングストリート
20103エーシンフォワード
20092キャプテンベガ
20093スマイルジャック
20081ローレルゲレイロ
20082リキッドノーツ
20083タマモサポート

注目点① 人気薄は狙っても一桁人気まで

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が13頭と3分の1を超えている。

それでも人気別に見ると、特に2010年以降は該当馬8頭中7頭までもが単勝6番人気から9番人気までに入っていることからも極端な人気薄を狙うのは得策ではないことがわかる。

なお、人気順で見た場合に過去10年で1番人気が1勝もしていないということも馬券検討の際には注目が必要である。

人気別集計 東京新聞杯 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気0- 1- 2- 7/ 100.0%30.0%
2番人気2- 0- 1- 7/ 1020.0%30.0%
3番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
5番人気3- 2- 1- 4/ 1030.0%60.0%
6番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
7番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
8番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%
9番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
12番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
13番人気0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
15番人気0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%
16番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気
2016エキストラエンド6
2016マイネルアウラート11
2015アルフレード9
2014ホエールキャプチャ8
2012ガルボ8
2012ヒットジャポット7
2011キングストリート7
2010エーシンフォワード6
2009キャプテンベガ15
2009スマイルジャック9
2008ローレルゲレイロ6
2008リキッドノーツ13
2008タマモサポート12

注目点② 前走の着差は1秒以内

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った13頭全部が、前走のレース格に関係なく1着馬との着差が1秒以内となっている。

前走の着順だけに注目が集まり、実際には勝馬から大きく離されていない馬が東京新聞杯では馬券圏内に入っていることが言える。

前走着差別集計 東京新聞杯 過去10年

前走着差着別度数勝率複勝率
勝0.3~0.50- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%
勝0.1~0.21- 2- 0- 9/ 128.3%25.0%
勝0.02- 0- 1- 9/ 1216.7%25.0%
負0.01- 0- 1- 5/ 714.3%28.6%
負0.1~0.22- 1- 2- 14/ 1910.5%26.3%
負0.3~0.54- 3- 3- 25/ 3511.4%28.6%
負0.6~0.90- 1- 3- 23/ 270.0%14.8%
負1.0~1.90- 2- 0- 28/ 300.0%6.7%
負2.0~2.90- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
負3.0~3.90- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
負4.0~0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走着差
エキストラエンド0.5
マイネルアウラート0.6
アルフレード0.6
ホエールキャプチャ0.5
ガルボ0.5
ヒットジャポット0.8
キングストリート0.2
エーシンフォワード0
キャプテンベガ0.3
スマイルジャック0.6
ローレルゲレイロ0.2
リキッドノーツ1
タマモサポート0.4

注目点③ 前走は京都の重賞組!

3着以内に入った馬の前走の競馬場を集計した場合、過去10年と過去5年で大きく結果が異なり、近年は前走が京都競馬場で走った馬のほうが圧倒的に優勢となっている。

また、直近5年の前走のレースについて確認すると、京都競馬場で走った9頭すべてが重賞に出走している(京都金杯6頭・エリザベス女王杯2頭・菊花賞1頭)。

このことからも前走京都金杯で敗退して立て直したい馬か、前年秋の目標であったGⅠに出走後休養し今年の春シーズンをこのレースからスタートさせたい馬が近年の東京新聞杯で結果を残していることがわかる。

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った13頭についても、直近5年で見ると似たような傾向が出ているので注目が必要だ。


前走場所別集計 東京競馬場 過去10年・過去5年

前走場所着別過去10年着別過去5年
札幌0- 0- 0- 0/ 00- 0- 0- 0/ 0
函館0- 0- 0- 0/ 00- 0- 0- 0/ 0
福島0- 0- 0- 1/ 10- 0- 0- 1/ 1
新潟0- 0- 0- 1/ 10- 0- 0- 1/ 1
東京0- 1- 0- 15/ 160- 0- 0- 10/ 10
中山3- 4- 2- 27/ 360- 2- 0- 13/ 15
中京0- 0- 1- 3/ 40- 0- 0- 1/ 1
京都4- 4- 4- 47/ 593- 3- 3- 17/ 26
阪神3- 1- 3- 21/ 282- 0- 2- 10/ 14
小倉0- 0- 0- 2/ 20- 0- 0- 1/ 1
地方0- 0- 0- 1/ 10- 0- 0- 0/ 0
海外0- 0- 0- 2/ 20- 0- 0- 1/ 1

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走競馬場前走クラス前走レース名
エキストラエンド京都GⅢ京都金杯
マイネルアウラート阪神GⅡ阪神カップ
アルフレード中山OPEN特別ニューイヤーS
ホエールキャプチャ京都GⅠエリザベス女王杯
ガルボ中山OPEN特別ニューイヤーS
ヒットジャポット中山OPEN特別ニューイヤーS
キングストリート中山OPEN特別ニューイヤーS
エーシンフォワード中山OPEN特別ニューイヤーS
キャプテンベガ中山OPEN特別ファイナルS
スマイルジャック京都GⅠマイルCS
ローレルゲレイロ阪神GⅡ阪神カップ
リキッドノーツ京都GⅢ京都金杯
タマモサポート中京GⅢ中日新聞杯

注目点④ 人気に関係なく3枠4枠有利!

枠別の成績に注目すると人気に関係なく、3枠4枠を中心とした中枠がはっきり有利となっていて、8枠にいたっては全くと言っていいほど奮わない。

枠番別集計 東京新聞杯 過去10年

枠番着別度数勝率複勝率
1枠1- 1- 4-12/185.6%33.3%
2枠1- 2- 0-14/175.9%17.6%
3枠4- 2- 0-13/1921.1%31.6%
4枠3- 0- 2-14/1915.8%26.3%
5枠0- 2- 1-16/190.0%15.8%
6枠0- 1- 2-16/190.0%15.8%
7枠0- 2- 1-17/200.0%15.0%
8枠1- 0- 0-18/195.3%5.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

枠番別集計 単勝6番人気以下 東京新聞杯 過去10年

枠番着別度数
1枠0- 0- 3- 0/ 3
2枠0- 1- 0- 0/ 1
3枠1- 1- 0- 0/ 2
4枠2- 0- 1- 0/ 3
5枠0- 1- 0- 0/ 1
6枠0- 0- 1- 0/ 1
7枠0- 2- 0- 0/ 2
8枠0- 0- 0- 0/ 0

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名枠番馬番
エキストラエンド33
マイネルアウラート610
アルフレード713
ホエールキャプチャ47
ガルボ35
ヒットジャポット47
キングストリート23
エーシンフォワード11
キャプテンベガ714
スマイルジャック12
ローレルゲレイロ47
リキッドノーツ59
タマモサポート11

まとめ

ここまでの4つの注目点から、まずは前走1着馬との着差が1秒以内かつ前走が京都競馬場で重賞に出走した馬を選定すると次の4頭が該当する。

クルーガー
ストーミーシー
マイネルアウラート
リスグラシュー

後は枠順や予想時点での単勝人気も確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。



この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る