七夕賞2020の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2020年7月12日、福島競馬場で七夕賞(GⅢ/芝2000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるクレッシェンドラヴ、ジナンボー、マイネルサーパス、ブラヴァス、ウインイクシードらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

中山開催だった2011年を除く過去10年のデータを参考にする。


七夕賞の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は3勝、2着は1回、3着は2回。ハンデ戦もあって、人気馬には結構きつく、苦戦が予想される。

伏兵馬、穴馬がどんどんやってくるのが七夕賞、データを駆使してその傾向をチェックしておきたいところだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 4歳馬が来る場合の絶対条件

年齢別の成績を見ると、5歳6歳の方が走り、この2世代で大勢を占めている。意外なことに4歳馬はこの10年で10頭しか出ておらず、そのうち3頭が連に絡んだ。

その3頭はいずれも57キロを背負っており、それなりに見込まれていた馬だった。つまり、それだけの実績がないと厳しいのかもしれない。

今年4歳馬のトップハンデはマイネルサーパスの56.5キロ。データ的には4歳馬は全切りでもいいが、さてどうか。

予想参考データ② 馬場荒れは最後方からの末脚勝負に

現在梅雨前線が停滞し、線状降水帯が発生するなどして西日本を中心に甚大な被害が発生し、その状況に胸を痛めている人も多い。

今週いっぱいは福島も雨の可能性が高く、重馬場の可能性が非常に高い。そうなると、過去の傾向から見ても最後方からの一撃が非常に決まりやすい。

マイネルサーパスは前走、まさに理想的な後方からの押し上げでで、重馬場の福島民報杯を制した。同じことをもう1階できるかどうか。

予想参考データ③ 斤量増が激熱の印!

過去10年のデータを見る中で、斤量増の馬は23頭いたが、そのうちの11頭が3着以内に入り、そのうち10頭は連対している。明らかに斤量減の馬より少ないのにアベレージはめちゃくちゃいい。

1キロ台、2キロ台、このあたりの増加でいい。斤量別の成績では、57キロが5勝を挙げるなど優秀。その次が55キロで、58キロも面白い。

人気が想定される馬はいずれも今回該当しなかった。ちなみに該当したのは、エアウィンザー1頭だけ。穴馬を探すならここか。

2020年の危険な人気馬は?

ブラヴァスは人気になる見込みだが、新潟大賞典組の相性はよくない。実績が微妙で、まだ重賞でやれる感じではないので、オープン特別から経験を重ねたいところだ。七夕賞の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ジナンボーは2つ目の消しデータに合致している。3歳でオジュウチョウサンに完敗した事実は段々と忘れられようとしているが、やはりメインは東京で、小回りというタイプではない。7月8月の競馬が初めてなだけにどうか。

反対にクレッシェンドラヴは危険なデータに一つも当てはまらない。去年の七夕賞は2着に入り、福島記念も勝っている。57キロは当然のハンデだが、このメンバーなら手薄であり、どうにかできそうだ。鉄砲もOKで、いきなりの激走もある。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、クレッシェンドラヴと言えそうだ。

おすすめの記事