高松宮記念2018の競馬予想分析…レッドファルクスが絶対ではないワケ


(C)MAZIMICKEY

春秋スプリントGI制覇なるか――。

2018年3月25日、中京競馬場で高松宮記念(GⅠ/芝1200m)が行われる。言わずと知れた春のスプリント王者を決めるGⅠであり、スピード自慢である馬達のトップクラスが一堂に会し非常に激戦となるレースである。また、ローカル競馬場で行われるGⅠであるゆえに波乱も多く、現在重賞未勝利馬が連勝中という状態だ。

今回注目するのはスプリンターズSを連覇した短距離王レッドファルクスだ。昨年は安田記念でも3着に健闘するなどスピード一辺倒ではないところも見せつけたが、7歳になった今年初戦の阪急杯では3着と実力を考えれば、やや物足りない結果となってしまっただけにここでの巻き返しが期待される。

果たしてレッドファルクスは短距離王者の実力を見せつけることが出来るのか? 過去のデータをみていこう。


データ① 5歳馬中心

過去10年のデータを見ると5歳馬が最多の5勝をあげている。好成績をあげている。年齢別の成績を見ていこう。

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳2- 0- 4- 30/365.6%5.6%16.7%
5歳5- 5- 2- 35/4710.6%21.3%25.5%
6歳0- 5- 2- 35/420.0%11.9%16.7%
7歳以上3- 0- 2- 47/525.8%5.8%9.6%

集計期間:2008年~2017年

7歳以上でも勝利があるように若い馬が絶対的に有利とはいえないが5歳馬の成績はアタマ1つ抜けており、複勝率を見ても高齢馬の成績は良いとは言えず狙いは4~5歳馬と言えるだろう。昨年勝つことが出来なかったのも納得である。そして更に1つ歳を重ねた今年はより一層厳しいのではないだろうか?

データ② 前哨戦組が中心

スプリント自慢が集まるGⅠということもあり、前走重賞組以外は勝ち馬がいない。前走別の成績を見ていこう。

前走着別度数
阪急杯3- 5- 3- 42/53
オーシャンS3- 2- 3- 59/67
シルクロードS3- 1- 3- 7/14
京都牝馬S0- 1- 0- 3/4
海外GⅠ1- 0- 1- 3/5
スプリンターズS0- 1- 0- 1/2

集計期間:2008年~2017年

阪急杯、オーシャンS、シルクロードSの前哨戦3つが仲良く分け合っているという感じになっており、その他では海外馬も侮れない存在である。あまりに間隔が開いている馬は軽視していいだろう。前走を叩いたレッドファルクスはまさに万全の状態だろう。

データ③ 連対実績

過去10年の外国馬を除く勝ち馬9頭は前年の10月以降のJRA重賞で連対実績があった。過去10年前年10月以降の連対実績別の成績を見ていこう。

連対実績着別度数勝率連対率複勝率
あり9- 9- 10- 58/7610.5%20.9%32.6%
なし0- 1- 0- 89/900.0%1.1%1.1%

集計期間:2008年~2017年

日本馬が高松宮記念を勝つには必須といえる条件であることがお分かりいただけたことだろう。それほどまでに恐ろしいデータである。当然レッドファルクスにとっては全く問題ないデータである。

まとめ

いかがだっただろうか? あらゆるデータに当てはまっており、やはり信頼出来ると言えるだろう。しかし、高齢というのがやはり気になる。データ的にも高齢馬の信頼度はそれほど高くない。このことからレッドファルクスは信頼出来ると言えるものの絶対の信頼は出来ないと思われる。過剰な期待は禁物だろう。

果たして王者レッドファルクスは高齢というハンデすら克服してしまうのだろうか?その答えは3月25日に明らかになる。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る