(C)MAZIMICKEY

2018年9月17日、中山競馬場でセントライト記念(GⅡ/芝2200m)が行われる。

近2年は1~3番人気が3着までを独占したが、その前の2015年は、あのキタサンブラックが6番人気の伏兵で優勝し、2着にも春に重賞を勝っていながら9番人気と評価が低かったミュゼエイリアンが入って、3連単61万円超と波乱の決着。過去10年で他の年を見ても、2008年に9番人気が優勝、2012年に14番人気が2着など、穴馬が上位に食い込む余地は十分にある。

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から高配当の使者となり得る穴馬を探していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とし、主に6番人気以下で3着以内に入った9頭を中心に分析する。


データ① 春の実績馬

6番人気以下で3着以内に入った馬は9頭。そのうち、2011年1着フェイトフルウォー(6番人気)、2014年3着タガノグランパ(10番人気)、2015年1着キタサンブラック(6番人気)、同年2着ミュゼエイリアン(9番人気)の4頭は、春に重賞を勝っていた。実績がありながら評価が低い馬がいれば狙い目だ。

データ② 夏の条件戦で好走

逆に、重賞実績がなかった馬に目を向けると、すでに重賞を勝っていた上記の馬を除いた5頭のうち4頭は、いずれも夏に古馬相手の条件戦で力をつけた馬だった。その4頭中3頭の前走は新潟の条件戦で、いずれも阿賀野川特別(1000万下、芝2200m)ということまで共通している。

過去10年からは外れるが、2006年に12番人気で優勝したトーセンシャナオーは、夏に古馬相手に3戦し、新潟の500万下で2着からの参戦だった。穴を狙うなら、新潟の条件戦で戦っていた馬がいい。

データ③ コース実績

6番人気以下で3着以内に入った9頭中8頭に、直線に急坂がある中山、阪神、中京のいずれかのコースで勝利した実績があった。中山の急坂を克服するのに、関東馬なら中山、関西馬なら阪神か中京で勝った実績があれば有利になる。

結論

実績馬の中で妙味がありそうなのはオウケンムーン。共同通信杯の他に、中山芝2000mで500万下を勝っており、好走の条件を満たしている。人気の盲点になるようなら、積極的に狙ってみたい。

上がり馬の中で最も魅力的なのはダブルフラットだ。過去にこのレースで激走した上がり馬に多く共通している阿賀野川特別(2着)からの参戦。中京芝2200mで勝ち上がり、中山芝2200mでも2着がある点は強調材料になる。

同じく新潟の条件戦(1600万下・日本海S2着)から参戦するケイティクレバーは、急坂のあるコースで勝利こそないものの、阪神芝2200mのオープン特別で2着がある。こちらも波乱の使者になる可能性を秘めている。

おすすめの記事