(C)n.hiroto

2018年1月28日、京都競馬場でシルクロードステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。ダイアナヘイロー、アレスバローズ、ナックビーナス、ファインニードル、ディバインコード、セイウンコウセイらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

高松宮記念の前哨戦、シルクロードS。今年もG1馬セイウンコウセイをはじめ、短距離戦線の有力馬が勢ぞろいしたこのレース。注目されるのがファインニードルだ。昨年秋のスプリンターズSは12着だったものの、その前のセントウルSは1番人気に応えての快勝だった。

G1高松宮記念に向けて、ここでどのようなレースを見せることができるのか、3つの視点から分析する。


逆襲のワケ① 前々走セントウルSの勝ちっぷり

やはり評価できるのは昨年秋のセントウルS。短距離戦線を賑わしている馬たちを相手に0.2秒離して1番人気に応えたことは評価できる。

前走スプリンターズSも12着に敗れたとは言え着差は0.7秒。このレースは着差のないレースだったので、着順ほど負けたとは言えず、悲観する必要はない。

逆襲のワケ② 1200mは有利な条件

デビュー以降1戦を除いて1200m~1400mを走っているが、その中で6勝中5勝が1200m。1200mのスペシャリストである。

距離適性は問題ないが、その上で京都1200mに絞ると3戦して1着・2着・4着。条件的には申し分なし。

逆襲のワケ③ 走りにムラあるも…

戦歴を見ると走りにムラがあるようなタイプに見えるが、逆に言うと走れるための条件が必要ということ。

レース間隔が開くことも問題はなく、逆に一休みも良い方向に働きそう。

まとめ

このレースは人気が割れることが予想されるが、以上の分析から考えて、ファインニードルが能力的に上位なことは間違いない。その走りからもアタマで狙える馬だと考えられる。

その次のG1高松宮記念に向けても、しっかり勝ち切ることが期待されるところだ。

おすすめの記事