(C)n.hiroto

2018年1月28日、東京競馬場で根岸ステークス(GⅢ/ダート1400m)が行われる。カフジテイク、サンライズノヴァ、キングズガード、アキトクレッセント、ベストウォーリア、ブルドッグボス、ノンコノユメらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回取り上げるキングズガードは2016年にオープン入りして以降、昨年秋のマイルチャンピオンシップ南部杯でも3着に入るなど好走を続けてきた。

次走フェブラリーSの前哨戦としてここでどのようなレースを見せることができるのか、3つの視点から分析する。


好走の理由① 安定感を評価

この馬で最も光る実績は昨秋のG1南部杯の3着だが、勝ったコパノリッキー以外のレベルはそれほど高くなく、能力評価としてはそこまでのものではない。

むしろ評価したいのはその安定感だ。G3では1-1-2-2で6戦すべて4着以内と抜群の安定感を誇る。

距離・コース・対戦相手がさまざまな中でこれだけの安定した走りを見せるのはどんな相手でも自分の能力なりに走れる証拠である。

好走の理由② 東京1400mは脚質・距離適性でもこの馬に有利な条件

脚質的に後ろから行く馬なので、直線の長い東京コースはこの馬にとっては有利な条件である。昨年の覇者カフジテイクも後ろから追い込んで勝ってきた。

また、このレースは短距離専門の馬では勝ちにくく、この点においても1600m・1800mでも走ってきているこの馬にとっては良い条件である。

9戦連続人気以上の着順

最初に書いたように、多彩なメンバーが揃っているこのレース。この馬がそこまで人気を集めるとは考えにくい。

そこで注目したいのが、これまでの人気と着順の比較。ここ9戦連続で着順が人気と同じかそれ以上に来ている。

ここでも人気以上の着順に入ってきてくれることが期待できる。

まとめ

以上の分析から考えて、キングズガードが馬券圏内に入ってくる可能性は、その安定度からも高いと判断できる。

勝ち切れないところから、アタマで狙うのは難しいかもしれないが、抑えておいたほうがいい一頭と言えそうだ。

おすすめの記事