(C)MAZIMICKEY

2018年10月14日、京都競馬場で秋華賞(GⅠ/芝2000m)が行われる。3冠がかかるアーモンドアイ、春のリベンジを果たしたいラッキーライラック、前哨戦を快勝したカンタービレなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13ハービンジャースペシャルウィーク
24ハーツクライAmerican Post
35ハービンジャーキングカメハメハ
13ディープインパクトMachiavellian
24ヴィクトワールピサLost Code
38エンパイアメーカーサンデーサイレンス
11ディープインパクトGold Away
25マンハッタンカフェAnabaa
38キングカメハメハサンデーサイレンス
13ディープインパクトフレンチデピュティ
21ハーツクライスピニングワールド
34キングカメハメハサンデーサイレンス
13スズカマンボグラスワンダー
22ディープインパクトホワイトマズル
315ブライアンズタイムKingmambo
11ディープインパクトBertolini
22ディープインパクトMachiavellian
36キングカメハメハサンデーサイレンス
12ジャングルポケットサンデーサイレンス
27ハーツクライSeeking the Gold
31クロフネサンデーサイレンス
11キングカメハメハSalt Lake
26ゼンノロブロイフレンチデピュティ
32ジャングルポケットィサンデーサイレンス
12マンハッタンカフェCaerleon
23アグネスタキオンCozzene
31スペシャルウィークCaerleon
111ウォーエンブレムヘクタープロテクター
28ダンスインザダークSharpo
316フレンチデピュティサンデーサイレンス

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクト、ハーツクライを筆頭にサンデーサイレンス系の活躍が目立つ。母系に注目するとダンジグ系やヌレイエフ系といった欧州型ニアークティック系との相性が良い印象を受ける。昨年の1,3着馬の父ハービンジャーもダンジグ系であり今年もこの傾向が続くだろう(父系での該当馬は今年は該当馬はいない)。

2016年 ヴィブロス(母母父Nureyev)
2015年 ミッキークイーン(母父Gold Away)/クイーンズリング(母父Anabaa)
2014年 ヌーヴォレコルト(母父スピニングワールド/母母父Chief's Crown)
2012年 ジェンティルドンナ(母父Bertolini)/ヴィルシーナ(母母父Nureyev)
2011年 キョウワジャンヌ(母母父Nijinsky)
2009年 レッドディザイア(母父Caerleon)/ブエナビスタ(母父Caerleon)

今年の出走予定馬ではカンタービレ、サラキア、プリモシーン、ミッキーチャームの4頭のディープ産駒が該当しており、注目したい。

その他にもミスタープロスペクター系×サンデーサイレンス系の組み合わせも好走パターンの一つであり、アーモンドアイの3冠に期待がかかる他にパイオニアバイオの激走にも注意したい。

2016年 カイザーバル(父エンパイアメーカー×母父サンデーサイレンス)
2015年 マキシマムドパリ(父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス)
2014年 タガノエトワール(父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス)

出走予定馬・種牡馬コース成績

< tr>オルフェーヴル0-3-1-40.0%50.0%

種牡馬着別度数勝率複勝率
ロードカナロア0–1-0-10.0%50.0%
ディープインパクト42–33-34-13817.0%44.1%
ハーツクライ19–12-21-9413.0%35.6%
マンハッタンカフェ8–14–14-836.7%30.3%
リーチザクラウン0–0-1-20.0%33.3%
ヴィクトワールピサ1–6–3-272.7%27.0%
ルーラーシップ5–5–4-2213.9%38.9%
Blame0-0-0-00.0%0.0%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト、次いでハーツクライ産駒が好成績を残している。ディープインパクト産駒はローズSⅠ、2着のカンタービレ、サラキアや古馬相手に関屋記念を快勝したプリモシーン、抽選を突破したダンサールなどが出走を予定しておりいずれも注目したい存在だ。サンプル数が少ないもののルーラーシップ産駒の成績もこれらに劣らず、警戒する必要があるだろう。

おすすめの記事