シンザン記念2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)Y.Noda

2021年1月10日、中京競馬場でシンザン記念(GⅢ/芝1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるククナ、バスラットレオン、レゾンドゥスリール、ダディーズビビッド、カスティーリャらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

今年は中京開催のため、中京記念や先週の京都金杯を中心に参考にしていく


シンザン記念の人気馬成績

京都開催だった過去10年のデータを見ると、1番人気は3勝、2着はなし、3着は1回。アーモンドアイが勝ったレースではあるが、人気で負けるケースが目立っており、判断が難しい。

中京開催のため、これまでの傾向とは異なるだろうが、伏兵馬が数多く来ているのは大きなポイントになるはずだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 中京記念や京都金杯の傾向からわかること

先週というより数日前の京都金杯と表現した方がいいだろうが、京都金杯はとにかく荒れた。ただその傾向はわかりやすい。中京記念の傾向から距離短縮馬は来にくいというデータがあったが、これは京都金杯でも当てはまった。

夏場に開催される中京記念では前は残りにくかったが、京都金杯では前が残った。後ろからでは届きにくく、外が伸びた感じはしなかった。このあたりも覚えておきたい。

アルテミスステークスではソダシに多少力差を見せつけられたククナだが、どちらかといえば後ろでの競馬。工夫して乗ってみたいが、外枠でどうか。

予想参考データ② 穴馬から見えてくること

京都金杯は穴馬が2頭やってきたが、この傾向を加えて傾向を探りたい。京都金杯で14番人気3着だったエンドシャイデンだが、実は去年の中京記念で3着に来ていた。左回りのマイルが強い馬で、大敗を喫するのはいつもそれ以外の条件の時だった。これは12番人気1着のケイデンスコールにも言える。

人気馬で唯一馬券圏内に入ったピースワンパラディだが、この馬も左回りが得意で、特に中京が滅法得意。中京のマイルは5戦5連対。左回りの経験しかないことからも納得だ。

ダディーズビビッドは中京マイルを制するなど、面白い存在ではある。左回りのマイルを使っていない馬が多いため、それがどのように影響するか。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

ククナが出ていたアルテミスステークスだが、勝ちタイムだけを見れば平凡だったが、実はその勝ちタイム近辺にはリスグラシューなど有力な勝ち馬がいた。ソダシも勝ったことを考慮すると、ククナも同じ扱いをしたいが、3着以下がそこまでの結果とはいえず、ちょっと微妙。

バスラットレオンは朝日杯4着だが、こちらはタイムを見れば大健闘。前目でよく粘った。ただ初めての左回りがどうか。レゾンドゥスリールの新馬戦は、同条件の新馬戦で比較すれば2番目によかった。タイムだけを見ればいいのだが、たくさんの馬が勝ちあがったわけではないのがどうか。

ダディーズビビッドが勝ったこうやまき賞のタイムは、過去の開催の中で一番タイムが良かった。勝ち馬にはヌーヴォレコルト、ペルシアンナイトがいる。それらより1秒以上も早く、レベルはとても高かったと見るべきだろう。カスティーリャの未勝利戦だが、稍重以下の馬場条件で絞るとタイム的にはまずまず。これより早い馬にはアリストテレス、パクスアメリカーナがいる。とはいえ、そこまでのレベルかといったところか。

2021年の危険な人気馬は?

レオンドゥスリールは人気になる見込みだが、勝ち上がりが少ないのがどうか。タイムがいいといってもそこまで強調するものでもなく、なかなか大変ではないか。シンザン記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、カスティーリャは3つ目の消しデータに合致している。夏場から使ってなんとか勝てて休養に入り、これが休み明け。しかし、勝ち上がりに時間がかかった馬の休み明けはどうか。

反対にダディーズビビッドは危険なデータに一つも当てはまらない。武豊騎手が乗る予定だったが、腰痛で浜中俊騎手にスイッチした。テン乗りがどうかだが、負けたサウジアラビアロイヤルカップは不良馬場。良馬場ならばそこまで気にしなくていいのではないか。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ダディーズビビッドと言えそうだ。

おすすめの記事