(C)Ko-Mei

2018年7月29日、札幌競馬場でクイーンS(GⅢ/芝1800m)が行われる。ドバイ遠征後初戦となるディアドラ、昨秋以降の不振が続くソウルスターリングといった昨年のオークス馬・秋華賞馬の対決が注目される。前走で初重賞制覇となったアンドリエッテや安定した走りをみせているフロンテアクイーンなども見逃せない存在だ。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去9年(函館で開催された2013年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12クロフネネオユニヴァース
26キングカメハメハサンデーサイレンス
38マンハッタンカフェIn Excess
19ストーミングホームブライアンズタイム
21ゼンノロブロイKaldoun
311アドマイヤジャパンサクラバクシンオー
17アグネスデジタルサンデーサイレンス
21ステイゴールドDixieland Band
34マンハッタンカフェトニービン
12ディープインパクトTejano Run
26キングカメハメハサンデーサイレンス
31ディープインパクトホワイトマズル
11ファルブラヴエルコンドルパサー
210ゼンノロブロイエルコンドルパサー
34タニノギムレットKingmambo
11ジャングルポケットサンデーサイレンス
210ゼンノロブロイシングスピール
33ゼンノロブロイフレンチデピュティ
12ジャングルポケットサンデーサイレンス
23フレンチデピュティサンデーサイレンス
36キングカメハメハSilver Hawk
111フジキセキCaerleon
21ダンスインザダークZafonic
36フジキセキGeneral Assembly
12メジロマックイーンサンデーサイレンス
21フレンチデピュティサンデーサイレンス
312タイキシャトルエブロス

解析・分析:注目血統は?

父系はゼンノロブロイ・ディープインパクトを中心としたサンデーサイレンス系、加えてキングカメハメハなどのミスタープロスペクター系、ついでニアークティック系という傾向にある。父系問わず、母系にナスルーラの血を持つ馬の活躍が目立つ

2017年 クインズミラーグロ(母父In Excess, 母母父Slewpy)
2016年 シャルール(母父Kaldoun, 母母父Simply Great)/ダンツキャンサー(母父サクラバクシンオー, 母母父クリスタルパレス)
2015年 イリュミナンス(母父トニービン)
2014年 キャトルフィーユ(母父Tejano Run)/スマートレイアー(母母父グルームダンサー)
2011年 コスモネモシン(母母父Ballad Rock)
2010年 カウアイレーン(母母父Chieftain)
2009年 アメジストリング(母父General Assembly)
2008年 レジネッタ(母母父ブラッシングジョン)

今年の出走予定馬ではフロンテアクイーンが該当する。父系も含めれば、ハーツクライ(母父トニービン)産駒のティーエスクライの激走にも注意が必要かもしれない。

父ミスタープロスペクター系は母父サンデーサイレンスとの相性がよく、今年も出走するトーセンビクトリーが再び好走するか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
マンハッタンカフェ1-3-3-193.8%26.9%
ディープインパクト13-6-9-2325.5%54.9%
エンパイアメーカー0-1-1-130.0%13.3%
Frankel1-0-0-150.0%50.0%
ストロングリターン0-1-0-00.0%100.0%
ハーツクライ5-2-3-3610.9%21.7%
ハービンジャー9-5-6-3815.5%34.5%
キングカメハメハ9-13-9-2813.0%44.9%
ジャングルポケット5-2-1-2216.7%26.7%
メイショウサムソン0-3-2-80.0%38.5%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

勝率・複勝率共にディープインパクトが驚異的な数字を残しているのがわかる。アンドリエッテがマーメイドSに次ぐ重賞2連勝となるか注目だ。ハービンジャー。キングカメハメハも安定した成績を残しており両産駒にも注意が必要だろう。

おすすめの記事