(C)minafl

2018年7月29日、新潟競馬場でアイビスSD(GⅢ/芝1000m)が行われる。唯一の直線で行われる重賞レースで夏の風物詩となっている同レース、今年はダイメイプリンセス、ラブカンプー、レジーナフォルテ、レッドラウダなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
18メイショウボーラーオース
21Medaglia d'Oroサンデーサイレンス
34アルデバランⅡボストンハーバー
11サクラバクシンオーボストンハーバー
22ヨハネスブルグサンデーサイレンス
33アドマイヤムーンJohan Cruyff
11サクラバクシンオーボストンハーバー
29アドマイヤマックスサクラバクシンオー
34クロフネサクラユタカオー
11クロフネサンデーサイレンス
25ヨハネスブルグエルハーブ
33クロフネサクラユタカオー
11アドマイヤムーンサクラバクシンオー
23ファルブラヴダンスインザダーク
36Closing ArgumentBuddha
17スウェプトオーヴァーボードフジキセキ
25サクラバクシンオースピニングワールド
34ファルブラヴサンダーガルチ
11ファルブラヴサンダーガルチ
25アフリートノーザンテースト
311アフリートCaerleon
18スキャンムーンマッドネス
23スクワートルスクワートコマンダーインチーフ
316サクラバクシンオーウォーニング
13サクラバクシンオーWoodman
26OfficerSummer Squall
32フジキセキトニービン
12サクラバクシンオーWoodman
210Grand LodgeLinamix
36OfficerSummer Squall

解析・分析:注目血統は?

父系はミスタープロスペクター系・二アークティック系が活躍する傾向にあり、サンデーサイレンス系は苦戦傾向にある。

特に母系にナスルーラ系に血を含む馬の活躍が目立つ

2017年 レジーネフォルテ(母父ボストンハーバー)
2016年 プリンセスムーン(母母父Dashing Blad)
2015年 アースソニック(母父サクラユタカオー/母母父ミルジョージ)
2014年 アースソニック
2013年 ハクサンムーン(母父サクラバクシンオー/母母父シェイディハイツ)
2012年 パドトロワ(母母父Risen Star)
2011年 エーブダッチマン(母母父トニービン)

今年の出走予定馬ではラブカンプーが該当する。3歳馬ながら1200mでの安定した走りをここでも見せつけられるか注目したい。その他にはリピーターレースでもあり、昨年3着のレジーナフォルテの再度の好走にも期待したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
スタチューオブリバティ0-0-0-90.0%0.0%
マツリダゴッホ5-3-4-448.9%21.4%
ローエングリン1-2-2-135.6%27.8%
ロドリゴデトリアーノ0-1-0-40.0%20.0%
キングヘイロー2-2-2-217.4%22.2%
Arch1-0-1-225.0%50.0%
ヴァーミリアン0-1-0-50.0%16.7%
メイショウボーラー2-1-1-543.4%6.9%
Macho Uno0-0-0-00.0%0.0%
ハーツクライ2-2-0-1014.3%28.6%
オルフェーヴル0-0-0-00.0%0.0%
スウェプトオーヴァーボード3-2-2-505.3%12.3%
ショウナンカンプ3-4-0-308.1%18.9%
アルデバランⅡ2-1-3-1012.5%37.5%
ダイワメジャー1-8-10-611.3%23.8%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

比較的似通った数字を残している種牡馬が多いが、ハーツクライが中でも安定した成績を残しているといえるだろう。その他、マツリダゴッホも勝率・複勝率共に安定しているといえる。

出走頭数の少ないながらアルデバランⅡも好成績を残しており、レジーナフォルテの走りに注目したい。

おすすめの記事