日経賞2020の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2020年3月28日、中山競馬場で日経賞(GⅡ/芝2500m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるサトノクロニクル、エタリオウ、モズベッロ、スティッフェリオ、ミッキースワローらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

阪神開催だった2011年を除く過去10回のデータを参考にしていく。


日経賞の人気馬成績

過去10回のデータを見ると、1番人気は2勝、2着も2回、3着は1回。1倍台の信頼度は高くなく、連対がない。2倍台はそれなりの信頼度だが、3倍台4倍台は厳しい。

ネコパンチの単勝万馬券が記憶に新しい日経賞、荒れる時は荒れるが、手ごろな時もあり、相手次第というのが正しいか。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 有馬記念組の取捨選択

前走有馬記念(2- 3- 2-6)
勝率 15.4% │ 複勝率 53.8%

有馬記念と同距離で開催される日経賞、当然有馬記念組のアベレージは高く、信頼できる数字が並ぶが、問題は傾向。

1秒負けがデッドライン、それ以上でも2着だった場合など、何かしら理由がある。直前の有馬記念で結果を出した組が来るというわけだ。

こうなると1秒9負けのエタリオウや3秒5負け、AJCCもいいところなしのスティッフェリオは厳しくなる。中山巧者の補正でどこまでか。

予想参考データ② 上がりの脚勝負

上がり3ハロンでのタイムで1位だった馬は過去10回で5勝、複勝率は90%と信頼度は非常に高く、2位でも複勝率は70%ある。

とはいえ、後方待機策では厳しい。脚質が後方だった馬は過去10回で35頭いるが、2着は1回だけ。

4コーナーまでにポジションを押し上げた馬、元から先行した馬が目立つ。ポジションを押し上げる馬は、騎手の腕と馬の経験値などをチェックすべきだろう。

予想参考データ③ 中山巧者がカギを握る

前走別結果、特に中山で見ると、1秒以上の惨敗は有馬記念組ぐらいしかなく、それ以外のレースは勝ったか、1秒以内の負けにとどまっている。

過去の勝ち馬や活躍した馬はいずれも中山での良績が目立つ。中山で結果を出せない馬はなかなか日経賞で花開くということはないだろう。

やはりそうなってくると、消える馬はどんどん出てきそうだが、名前は立派だが最近はパッとしないという馬が今年は多いため、それがどう影響するか。

2020年の危険な人気馬は?

エタリオウは人気になる見込みだが、有馬記念で先行して1秒9負けは厳しいか。休み明けは走らないわけではないものの、近走の成績を見る限りではしんどいかもしれない。日経賞の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、スティッフェリオは1つ目の消しデータに合致している。有馬記念とAJCC、ここでの大敗が厳しかった。オールカマーこそ勝っているが、手が替わり、同型馬いるとなると、さらに厳しいかもしれない。

反対にミッキースワローは危険なデータに一つも当てはまらない。乗り方が難しいかもしれないが、安定感はあり、それなりにやれている。2018年の有馬記念はコンマ9秒負け、それ以降の安定感、重ハンデでも結果を残す姿なら、ここは十分やれる。人気馬の中で最も不安要素が少ないのは、ミッキースワローと言えそうだ。

おすすめの記事