(C)MAZIMICKEY

2019年1月13日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。今回のJRA重賞の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬にふさわしい出走馬を導き出していく。

今年はグローリーヴェイズ、メイショウテッコン、ムイトオブリガード、アフリカンゴールド、ルックトゥワイスらが出走する。有力馬の中で過去の好走馬と同じ傾向に該当するのはどの馬なのか? あるいは人気薄の中から台頭してくる馬がいるのか?

過去の歴史を注意深く見ていくと、2019年の当レースで台頭する馬が見えてくる。


【2019年JRA重賞考察】日経新春杯の予想分析

競馬TIMESでは過去のデータを徹底分析。考察から導き出した予想のポイントをピックアップしていく。

以下が特に注目したい予想のポイントだ。

予想ポイント 極端な人気薄は消し

まずは人気について。日経新春杯では極端な人気薄が好走しない傾向にある。

人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気3- 4- 1- 2/ 1030.0%80.0%82111
2番人気4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%15072
3番人気0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%052
4番人気0- 1- 5- 4/ 100.0%60.0%0138
5番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
6番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%12148
7番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%086
8番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%041
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
10番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%228104
11~人気1- 0- 1- 39/ 412.4%4.9%8354

二桁人気は51頭走って馬券圏内に入ったのは4頭のみ。基本的に人気馬の中から軸を選ぶのが無難だろう。

※以下、10番人気以内を対象に集計

予想ポイント 4、5、6歳馬が中心

次に注目したいのは年齢だ。

日経新春杯では7歳以上の馬が全く走っていないことが分かる。

年齢着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
4歳6- 5- 2- 17/ 3020.0%43.3%16389
5歳2- 4- 4- 17/ 277.4%37.0%2083
6歳1- 1- 3- 18/ 234.3%21.7%1668
7歳以上0- 0- 0- 20/ 200.0%0.0%00

20頭走って馬券圏内はゼロ。掲示板に載るのがやっとというわけだ。

4、5、6歳から選んでいくのが基本になるだろう。

予想ポイント 二桁馬番は厳しい

この時期の京都といえば内枠が有利。先週のシンザン記念でも1、2番のヴァルディゼールとマイネルフラップが人気薄ながらワンツーフィニッシュを決めた。

京都金杯は二桁馬番のワンツーとなったが、3着には4枠7番で11番人気だったミエノサクシードが飛び込んできた。

内枠〜中枠の穴馬がしっかり走っているというわけだ。

馬番着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番2- 1- 0- 6/ 922.2%33.3%8754
2番1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%25395
3番1- 1- 1- 5/ 812.5%37.5%2068
4番1- 0- 1- 6/ 812.5%25.0%15188
5番1- 1- 1- 5/ 812.5%37.5%3682
6番0- 0- 1- 4/ 50.0%20.0%096
7番1- 1- 1- 5/ 812.5%37.5%4663
8番1- 3- 1- 2/ 714.3%71.4%45112
9番0- 0- 2- 6/ 80.0%25.0%098
10番0- 0- 1- 3/ 40.0%25.0%052
11番0- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%038
12番1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%6526
13番0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00
14番0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00
15番0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%00
16番0- 0- 0- 0/ 0
17番0- 0- 0- 0/ 0
18番0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00

馬番別の成績を見ても、二桁馬番になると極端にチャンスが狭まることが分かる。

一桁馬番の中から軸馬を選ぶのが確実だろう。

予想ポイント 狙いは「好位置から上がりをまとめられる馬」

内枠有利の馬場状態となれば、最も強調できるのは「好位から競馬をできる馬」、かつ「末脚をまとめられる馬」だ。

過去の傾向を見ても、ハッキリしている。

前走脚質着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
平地・逃げ0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%062
平地・先行4- 2- 3-20/2913.8%31.0%11383
平地・中団4- 5- 3-25/3710.8%32.4%5570
平地・後方1- 2- 2-21/263.8%19.2%1843
平地・マクリ0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00
3F 1位2- 7- 2- 9/2010.0%55.0%4390
3F 2位2- 0- 2- 9/1315.4%30.8%4070
3F 3位0- 0- 1- 7/ 80.0%12.5%026
3F ~5位5- 1- 0- 7/1338.5%46.2%340146
3F 6位~0- 2- 3-38/430.0%11.6%036

ご覧の通り、前走後方から競馬をしていた馬や、上がりが6位以下の馬は成績が極端に低い。

器用に立ち回れる中で上がりをまとめられる馬を狙っていくのがいいということだ。

注目データまとめ

好走データをまとめていくと……

・10番人気以内
・4、5、6歳
・一桁馬番
・前走中団以上で競馬をしている馬
・前走上がり5位以内

となる。このデータに合致している馬の過去10年における成績はというと……

着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
7- 5- 4- 8/2429.2%66.7%206158

ご覧の通り、驚異的な成績となっている。

2019年の日経新春杯軸馬候補は?

今年、このデータに該当する馬を見ていくと……

グローリーヴェイズ
シュペルミエール
サラス ※10番人気以内なら該当

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事