(C) Yusuke Tsutaya

2018年8月26日、函館競馬場で新潟2歳S(GⅢ/芝1600m)が行われる。今年はアンブロークン、エイシンゾーン、ケイデンスコール、ロードアクア、エルモンストロなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績(2018年デビューの新種牡馬は除く)は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13ダイワメジャートニービン
25ダイワメジャーOut of Place
32ヨハネスブルグアグネスタキオン
13ローエングリンサンデーサイレンス
26プリサイスエンドキャプテンスティーヴ
32ルーラーシップアグネスタキオン
11マツリダゴッホチーフベアハート
212ステイゴールドアドマイヤコジーン
38ダイワメジャータマモクロス
13キングカメハメハフレンチデピュティ
21ディープインパクトフレンチデピュティ
36サクラバクシンオーSilver Hawk
11ディープインパクトファルブラヴ
24フジキセキCozzene
36チチカステナンゴスペシャルウィーク
13ホワイトマズルダンスインザダーク
210ストリートセンスコロナドズクエスト
39ケイムホームダンシングブレーヴ
14アドマイヤマックスデヒア
21ハーツクライWild Again
39バゴコマンダーインチーフ
19テレグノシスサンデーサイレンス
210チーフベアハートサンデーサイレンス
35ディープインパクトSelkirk
11フジキセキティンバーカントリー
215ニューイングランドサクラバクシンオー
32フジキセキJudge T C
11グラスワンダーサンデーサイレンス
215フジキセキアーミジャー
34アグネスタキオンサンダーガルチ

解析・分析:注目血統は?

ダイワメジャーを筆頭にサンデーサイレンス系の活躍が目立つが、ニアークティック系・ミスタープロスペクター系も負けじと活躍している傾向にあり、この3系統を主体に検討したい。好走している母系の系統としてはナスルーラ系の血を含んでいることが挙げられる。

2017年 フロンティア(母父:トニービン)/コーディエライト(母母父:Star de Naskra)/テンクウ(母母父:Slew o' Gold)
2016年 ヴゼットジョリー(母母父:Saumarez)/イブキ(母母父:Slew o' Gold)
2015年 ウインファビラス(母父:アドマイヤコジーン)/マコトルーメン(母父:タマモクロス)
2013年 イスラボニータ(母父:Cozzene)
2012年 ザラストロ(母母父:グルームダンサー)/ノウレッジ(母母父:A.P. Indy)
2010年 レッドセインツ(母母父:Irish River)
2009年 フローライゼ(母父:サクラバクシンオー)
2008年 ツクバホクトオー(母父:アーミジャー)

今年の出走予定馬ではエンパイアシュアーが該当しており、低評価を覆す激走となるか。また、母系にナスルーラの血を持つハーツクライ系にも注目するとジャスタウェイ産駒のエイシンゾーン、母父ハーツクライのケイデンスコールが該当する。これらの馬たちの走りにも注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ヴィクトワールピサ3-3-0-1415.0%30.0%
ロードカナロア3-3-2-425.0%66.7%
ルーラーシップ2-0-1-1312.5%18.8%
トビーズコーナー0-0-0-20.0%0.0%
ダンカーク0-0-0-00.0%0.0%
ダイワメジャー10-7-10-809.3%25.2%
ゴールドヘイロー0-1-0-00.0%100.0%
ドリームジャーニー1-1-1-89.1%27.3%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ロードカナロアが抜群の安定感を誇っているのがわかる。3頭が出走を予定している同産駒に注目したい。また、2歳戦が好調なヴィクトワールピサ産駒も同条件で好成績を残しており、こちらも注意が必要だろう。

おすすめの記事