(C)arima0208

2018年8月26日、札幌競馬場でキーンランドカップ(GⅢ/芝1200m)が行われる。ナックビーナス、レッツゴードンキ、ムーンクエイクなどの春の短距離路線を沸かせた馬たちが集結する注目のレースだ。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去9年(函館で開催された2013年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
112ファルブラヴサンデーサイレンス
22ダイワメジャージャングルポケット
35ダイワメジャーMore Than Ready
12ディープインパクトサクラバクシンオー
21キンシャサノキセキKingmambo
33キングカメハメハマーベラスサンデー
18オンファイアフサイチコンコルド
29フジキセキUnbridled's Song
31ストーミングホームGreen Desert
13ウォーエンブレムシングスピール
21ディープインパクトSmart Strike
35アドマイヤコジーンバブルガムフェロー
13スウェプトオーヴァーボードフジキセキ
21サクラバクシンオーMiswaki
34ホワイトマズルネヴァーダンス
11クロフネトニービン
26チーフベアハートWestminster
34スウェプトオーヴァーボードフジキセキ
12ファルブラヴPistolet Bleu
26スクワートルスクワートコマンダーインチーフ
38クロフネノーザンテースト
12チーフベアハートWestminster
213DynaformerHero's Honor
31アグネスデジタルサンデーサイレンス
116ウォーニングリヴリア
22チーフベアハートWestminster
31フジキセキPleasant Colony

解析・分析:注目血統は?

近年はサンデーサイレンス系のほぼ独壇場と言えるだろう。特に相性の良い母系としては母父ミスタープロスペクター系が挙げられる。

2016年 シュウジ(母父Kingmambo)
2015年 トーホウアマポーラ(母父Unbridled's Song)
2014年 レッドオーヴァル(母父smart strike)

今年の出走予定馬の中ではキングハート、ユキノアイオロスが該当し波乱の立役者となるか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ハーツクライ2-3-1-227.1%21.4%
アドマイヤムーン6-3-5-2714.6%34.1%
サクラオリオン0-0-0-00.0%0.0%
Encosta de Lago0-0-0-00.0%0.0%
オレハマッテルゼ0-0-0-30.0%0.0%
タイキシャトル3-6-1-278.1%27.0%
ダイワメジャー6-9-9-478.5%33.8%
ダンスインザダーク1-1-1-611.1%33.3%
ロードカナロア0-0-0-20.0%0.0%
ストーミングホーム2-1-4-1011.8%41.2%
マンハッタンカフェ0-1-1-170.0%10.5%
ドリームジャーニー0-0-0-00.0%0.0%
ヴァーミリアン2-0-0-528.6%28.6%
サクラプレジデント2-1-2-1311.1%27.8%
キングカメハメハ6-1-2-2418.2%27.3%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

アドマイヤムーン・キングカメハメハが好成績を残しているのがわかる。人気を集めるであろうレッツゴードンキ、ムーンクエイクを素直に信頼しても良いだろう。その他にダイワメジャーも複勝率では優れた数字を残しており、こちらも注意が必要だ。

おすすめの記事