NHKマイルカップ2018の競馬予想分析…タワーオブロンドンの命運を握る三要素


(C) PSPS-KIZUNA‏

2018年5月6日、東京競馬場でNHKマイルカップ(GI/芝1600m)が行われる。タワーオブロンドン、ケイアイノーテック、テトラドラクマ、カツジ、プリモシーンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

タワーオブロンドンは、開催時期が変わってNHKマイルカップの前哨戦としての意味合いが強まったアーリントンカップをレースレコードでV。これまでのレースぶりを見てもポテンシャルの高さは折り紙付きで、【4・1・1・0】という安定感も光る。

今回も1番人気の最有力候補であり、いかにも死角は少なそうだが、それだけにしっかりと精査する必要があるだろう。GⅠ初制覇へクリアすべきポイントを挙げていく。


ポイント① 東京へのコース替わり

主戦のルメール騎手が「本質はスプリンター」「1200mの方がいいかも」などと語っており、大型で脚が短い体形から判断しても、スプリント指向が強いと思われる。能力の高さでマイルも問題なく克服したが、今回は前走よりさらに相手関係が強化され、よりスタミナと底力が問われる東京コースに替わる。今回が本当の意味で真価を問われることになるだろう。

この後には英国に遠征するプランもある。出走するレースの本線は、200年近い歴史を誇るセントジェームズパレスS(アスコット芝1600m)だが、同じロイヤルアスコット開催で2015年に新設された芝1200mのコモンウェルスCにも登録している。陣営は「マイルは問題ない」と話しているが、このダブル登録こそが、スプリント戦により適性を感じていることの証拠かも知れない。

また、気性が勝ったタイプでもあり、道中でいかにリラックスして走れるかがカギになりそう。パドックや返し馬でのテンションは気に掛けておきたいところだ。

ポイント② 前走から中2週

トライアルのニュージーランドトロフィーが現在の条件で行われるようになった2000年以降、中2週以内で臨んだ馬は【1・5・7・74】。好走しているのはほとんどが皐月賞から参戦した馬で、皐月賞組を除けば【0・1・3・33】とかなり劣勢だ。

さらに、前走時が4か月ぶりの実戦だったにもかかわらず、8kg減と馬体重が減っていたのも気になるところ。間隔が詰まっていることもあり、中間の追い切りも調整程度と言った感じで、やや疲れが残っていることを感じさせるような内容でもあった。アーリントンCから中2週での臨戦過程がどう影響するか。

ポイント③ レイヴンズパス産駒

かつてはマル外ダービーと言われたNHKマイルカップ。1996年の第1回から外国産馬が6連勝したが、その6頭はいずれも米国産だった。第1回にファビラスラフイン(父ファビュラスダンサー)が1番人気で14着に敗れるなど、欧州で繋養されていた種牡馬の産駒は勝てていない。

タワーオブロンドンの父レイヴンズパスは、現役時代に米GⅠブリーダーズCクラシック、英GⅠクイーンエリザベスⅡ世Sを制覇。2009年よりアイルランドで種牡馬として供用され、2012年から欧州を中心に産駒が出走しているが、まだGⅠ馬は出ていない。疝痛の手術を受けて種付け数に影響した経緯があったとはいえ、現役時の実績を考えれば、ここまでの種牡馬成績はやや物足りないと言わざるを得ない。父に初めてのビッグタイトルを贈ることができるか。

まとめ

この後にはイギリス遠征プランもあり、世界への飛躍も期待されるタワーオブロンドン。まずは国内で3歳マイル最強を証明することができるか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る