(C)shin1k

2019年4月6日、中山競馬場でニュージーランドトロフィー(GⅡ/芝1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるアガラス、グラナタス、ミッキーブラック、メイショウショウブ、ヴィッテルスバッハなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


ニュージーランドトロフィーの勝ち馬傾向

過去10年のデータを見ると、1番人気が4勝、2番人気が3勝と上位人気が強い。その一方で、2011年は12番人気が勝って3連単27万円超、17年は同じく12番人気が勝って3連単49万円超と、堅いか荒れるの両極端。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 芝重賞で5着以内の好走歴が必要

まず重賞実績に目を向けると、勝ち馬10頭中9頭に芝重賞で5着以内の好走歴があった。例外の1頭はデビューから芝1600mで連勝中だった。

予想参考データ② 前走は芝重賞で5着以内が理想

前走のクラス別成績は以下の通り。

500万下(1-6-1-39)
勝率 2.1% │ 連対率14.9% │ 複勝率17.0%

オープン特別(0-1-1-17)
勝率 0.0% │ 連対率5.3% │ 複勝率10.5%

GⅢ(6-2-7-53)
勝率 8.8% │ 連対率11.8% │ 複勝率22.1%

GⅡ(3-1-1-18)
勝率 13.0% │ 連対率17.4% │ 複勝率21.7%

GⅠ(0-0-0-2)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

勝ち馬10頭中9頭の前走が芝重賞。中でもファルコンS組とスプリングS組がともに3勝を挙げている。前走が500万下だった1頭は、デビューから無敗だった。

また、前走着順は以下の通り。

前走1着(2-6-3-43)
勝率 3.7% │ 連対率14.8% │ 複勝率20.4%

前走2着(1-1-2-10)
勝率 7.1% │ 連対率14.3% │ 複勝率28.6%

前走3着(1-1-1-10)
勝率 7.7% │ 連対率15.4% │ 複勝率23.1%

前走4着(2-1-3-9)
勝率 13.3% │ 連対率20.0% │ 複勝率40.0%

前走5着(2-0-0-5)
勝率 28.6% │ 連対率28.6% │ 複勝率28.6%

前走6~9着(2-1-0-26)
勝率 6.9% │ 連対率10.3% │ 複勝率10.3%

前走10着以下(0-0-1-27)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率3.6%

勝ち馬10頭中8頭が前走5着以内。残る2頭の前走は、ともに重賞で0.4秒差以内だった。前走で大きく負けているようだと厳しくなる。

予想参考データ③ 牝馬は苦戦

牡・騸馬(10-10-8-118)
勝率 6.8% │ 連対率13.7% │ 複勝率19.2%

牝馬(0-0-2-12)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率14.3%

予想参考データ④ 関西馬が優勢

美浦(2-4-4-78)
勝率 2.3% │ 連対率6.8% │ 複勝率11.4%

栗東(8-6-6-52)
勝率 11.1% │ 連対率19.4% │ 複勝率27.8%

2019年の主役候補は?

メンバー中、前走が重賞で掲示板に載っていた馬はおらず、かなりの混戦ムードと言える。実績を重視すれば、まず有力になるのがアガラス。前走のきさらぎ賞は7着だったが、2走前の東スポ杯2歳Sで2着の実績が光る。

コスモカレンドゥラは前走のスプリングSで14着と、やや負け過ぎの感はあるものの、2走前のホープフルSで4着と健闘しており、叩き2戦目で巻き返しの可能性はありそうだ。

実績には欠けるものの、前走の500万下を勝って勢いに乗るグラタナスヴィッテルスバッハあたりにもチャンスがある。

牝馬のメイショウショウブは今週、桜花賞、ニュージーランドトロフィー、忘れな草賞と3レースに登録しており、桜花賞は除外が濃厚。デイリー杯2歳S2着の実績があり、出走してくれば有力の1頭になる。

おすすめの記事