(C)MAZIMICKEY

2018年4月22日、京都競馬場でマイラーズC(GⅡ/芝1600m)が行われる。安田記念を見据えてエアスピネルやサングレーザーが今年の初戦を迎える。また、モズアスコットが実績馬を蹴散らして重賞初制覇となるかにも注目が集まる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去6年(京都開催へ変更となった2012年以降)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去6年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12フジキセキCozzene
21キングカメハメハサンデーサイレンス
37スニッツェルサンデーサイレンス
13キングカメハメハディクタット
25ディープインパクトCaerleon
311ダンスインザダークダンシングブレーヴ
18アグネスタキオンダンシングブレーヴ
25ダイワメジャーDeputy Minister
31ディープインパクトデインヒル
13ディープインパクトAcatenango
21ディープインパクトデインヒル
32ディープインパクトGarde Royale
15サクラバクシンオーサンデーサインレス
28ラスカルスズカCozzene
33ディープインパクトCaerleon
13ホワイトマズルサンデーサイレンス
26ディープインパクトCaerleon
37キングカメハメハリヴリア

解析・分析:注目血統は?

昨年こそ上位は他の産駒に譲ったが、2016年までは毎年ディープインパクト産駒が絡む傾向が続いていた。またその他のサンデー系種牡馬優勢の状況となっている。非サンデー系ではキングカメハメハあるいはニアークティック系種牡馬が絡んでいる。

サンデー系産駒の母系は母父ニアークティック系が好成績を挙げており、

2016年 ダノンシャーク(母父Caerleon)/クラレント(母父ダンシングブレーヴ)
2015年 レッドアリオン(母父ダンシングブレーヴ)/サンライズメジャー(母父Deputy Minister)/フィエロ(母父デインヒル)
2014年 フィエロ
2013年 ダノンシャーク
2012年 ダノンシャーク

今年はカデナ・サングレーザー・テイエムイナズマ・ベルキャニオンが該当する。

非サンデー系種牡馬の母系は母父サンデーサイレンスの活躍が目立つ。

2017年 エアスピネル(母父サンデーサイレンス)/ヤングマンパワー(母父サンデーサイレンス)
2013年 グランプリボス(母父サンデーサイレンス)
2012年 シルポート(母父サンデーサイレンス)

今年の該当馬は過去に同レース好走歴のあるエアスピネル・ヤングマンパワーの2頭であり、リピーターも多い同レースで両馬が昨年に続き好走するか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
キングカメハメハ11-9-7-8010.3%25.2%
ディープインパクト23-24-24-14810.5%32.4%
スクリーンヒーロー3-1-0-533.3%44.4%
Kitten's Joy2-0-0-433.3%33.3%
ブラックタイド2-2-1-198.3%20.8%
ネオユニヴァース4-4-8-516.0%23.9%
チチカステナンゴ6-5-2-539.1%19.7%
アドマイヤムーン8-5-3-2619.0%38.1%
Frankel1-0-0-0100.0%100.0%
スニッツェル0-0-1-70.0%12.5%
ハーツクライ4-2-6-476.8%20.3%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

アドマイヤムーンの安定した成績が目立ち、ディープインパクト・キングカメハメハがこれに続く。サングレーザーやエアスピネルといった有力馬の好走に期待して良いだろう。

サンプル数の少ない種牡馬の中ではスクリーンヒーローやKitten's Joyが好成績を残している。グァンチャーレやダッシングブレイズが上位人気馬の中に食い込めるかにも注目したい。

おすすめの記事