(C)MAZIMICKEY

2018年4月22日、東京競馬場でフローラS(GⅡ/芝2000m)が行われる。昨年は人気薄ながらモズカッチャンがここを快勝して本番の好走へつなげた。今年もここから桜花賞組に対抗しうる存在があらわれるか注目の一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
112ハービンジャーキングカメハメハ
210ハービンジャーグラスワンダー
32ディープインパクトStorm Cat
13キングカメハメハサンデーサイレンス
22ヴィクトワールピサLost Code
313ディープインパクトGrand Slam
12マンハッタンカフェシンボリクリスエス
21ハーツクライKingmambo
33キングカメハメハサンデーサイレンス
14ゼンノロブロイCaerleon
26シンボリクリスエスフレンチデピュテュ
313ステイゴールドコマンダーインチーフ
11ディープインパクトキングカメハメハ
22ディープインパクトデインヒル
39ダイワメジャーGiant's Causeway
11タニノギムレットKingmambo
22ステイゴールドクロフネ
318スペシャルウィークタイキシャトル
19ステイゴールドトニービン
215ロージズインメイブライアンズタイム
33Monsunパントレセレブル
11ゼンノロブロイラストタイクーン
24ゼンノロブロイヘクタープロテクター
32シンボリクリスエスLycius
12メジロマックイーンビショップボブ
23アグネスタキオンノーザンテースト
34アグネスタキオンHighest Honor
11マンハッタンカフェスキャン
26タヤスツヨシエリシオ
38ウォーエンブレムデインヒル

解析・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系はディープインパクトを筆頭にゼンノロブロイ、ステイゴールドなどの活躍が目立ち、他のサンデー系もヴィクトワールピサ・マンハッタンカフェ・ハーツクライ・ダイワメジャーと様々な種牡馬が活躍している。他系統の活躍はこれまで目立っていなかったが昨年はニアークティック系種牡馬のワンツー決着となっており注意は必要だろう。

ニアークティック系種牡馬産駒以外にも母系にニアークティック系の血を持っていることも重要であり、

2017年 モズカッチャン(父ハービンジャー/母母父Storm Boot)ヤマカツグレース(父ハービンジャー/母母父Tejabo)
2014年 ブランネージュ(母父フレンチデピュティ)/マイネオーラム(母父コマンダーインチーフ)
2012年 ミッドサマーフェア(母母父Summer Squall)/アイスフォーリス(母父クロフネ)
2011年 バウンシーチューン(母母父ノーザンテースト)/マイネソルシエール(母母父ノーザンテースト)/ピュアブリーゼ(母父パントレセレブル)
2010年 ブルーミングアレー(母母父Sadler's Wells)
2008年 キュートエンブレム(母父デインヒル)

今年はノームコア、ファストライフ、ヴェロニカグレースなどが該当する。特にハービンジャー産駒の2頭が昨年に続いて好走するか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ハーツクライ12-20-14-1087.8%29.9%
エイシンフラッシュ1-1-1-512.5%37.5%
ディープインパクト30-32-22-15512.6%35.1%
ロードカナロア0-0-0-00.0%0.0%
ヴァーミリアン0-0-0-50.0%0.0%
アッミラーレ0-0-0-20.0%0.0%
ノヴェリスト0-1-1-30.0%40.0%
ハービンジャー8-6-7-4512.1%31.8%
トーセンホマレボシ0-1-0-80.0%11.1%
ルーラーシップ0-2-2-150.0%21.1%
スーパーホーネット0-0-0-00.0%0.0%
オルフェーヴル0-0-0-60.0%0.0%
マンハッタンカフェ9-7-6-6610.2%25.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト・ハーツクライ・マンハッタンカフェのサンデーサイレンス系の良績が目立つが、これらに匹敵するのがハービンジャーである。

サンプル数が少ない種牡馬の中ではエイシンフラッシュも安定した成績を残している。フラワーC4着のウスベニノキミの好走にも期待したい。

おすすめの記事