(C)Yushi Machida

2018年11月18日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(GI/芝外回り1600m)が行われる。アルアイン、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコット、アエロリットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回はマイルCSで中心になる馬たちを考察していく。実はマイルCSではあるデータに該当する馬たちが10年連続で好走している。しかもそのデータは極めてシンプルであり、マイルCSの舞台設定を考えれば至極当然の結果と納得することができる。

ではそのデータとは何なのか? 順を追って見ていくことにしよう。

3歳&6歳以上の高齢馬が不振な理由

まずマイルCSの前提となる考え方は「4、5歳馬が絶対的な中心」という点だ。

マイルCSは3歳馬の斤量が56キロ(牝馬54キロ)に設定されている。古馬と一キロ差しかないため、まだ体の出来上がっていない3歳馬が上位に食い込むのは厳しいのだ。

実際、過去10年の成績を見ても3歳馬の成績が不振であることが分かる。

3歳 ( 1- 0- 2- 30/ 33 )
勝率 3.00% │ 単勝回収値 26
複勝率 9.10% │ 複勝回収値 33

4歳 ( 3- 5- 3- 22/ 33 )
勝率 9.10% │ 単勝回収値 78
複勝率 33.30% │ 複勝回収値 92

5歳 ( 4- 4- 4- 47/ 59 )
勝率 6.80% │ 単勝回収値 124
複勝率 20.30% │ 複勝回収値 83

6歳 ( 1- 1- 1- 32/ 35 )
勝率 2.90% │ 単勝回収値 51
複勝率 8.60% │ 複勝回収値 23

7歳 ( 0- 0- 0- 14/ 14 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値 0
複勝率 0.00% │ 複勝回収値 0

8歳 ( 1- 0- 0- 4/ 5 )
勝率 20.00% │ 単勝回収値 46
複勝率 20.00% │ 複勝回収値 24

※詳細は以下の記事へ

また6歳以上の高齢馬に関しても成績はあまり奮わない。

マイルCSはスピード王決定戦だ。スプリンターズステークスや高松宮記念ほどの電撃スピードレースではないが、一定以上の速さが求められることは間違いない。

それこそが高齢馬が不振の理由と言える。年齢を重ねていくと瞬発力が衰えていく。中距離戦ならスタミナでカバーできるが、マイルとなるとスピードの能力を求められる割合が高いため、どうしても若い馬の後手を踏んでしまうのだ。

絶対的な中心は4、5歳馬

よって、マイルCSにおける中心となる年齢が4、5歳というのは舞台設定上揺るがないのだ。

実際、過去10年のマイルCSを振り返っても4、5歳馬の成績が圧倒的にいい。

また上記の成績にある条件を加えるだけで、好走率、回収率ともに跳ね上がる。

その条件とは、人気だ。

・4、5歳
・5番人気以内

この条件に当てはまった馬の成績を見ていくと……

4、5歳&5番人気以内 ( 6- 7- 4-14/31 )
勝率 19.40% │ 単勝回収値 152
複勝率 54.80% │ 複勝回収値 119

実に複勝率は50%以上、単複回収値も100を大幅に越えている。要するに4、5歳の実力馬が順当に走るのがマイルCSというレースなのだ。

事実、過去10年のマイルCSでこの条件に当てはまった馬が好走しなかったことは一度もない。

2017.11.19 エアスピネル 2着
2016.11.20 ミッキーアイル 1着
2016.11.20 イスラボニータ 2着
2016.11.20 サトノアラジン 5着
2016.11.20 ヤングマンパワー 16着
2015.11.22 モーリス 1着
2015.11.22 イスラボニータ 3着
2015.11.22 サトノアラジン 4着
2014.11.23 フィエロ 2着
2014.11.23 ロゴタイプ 7着
2014.11.23 ワールドエース 8着
2013.11.17 トーセンラー 1着
2013.11.17 ダイワマッジョーレ 2着
2013.11.17 ダノンシャーク 3着
2013.11.17 サダムパテック 7着
2013.11.17 クラレント 11着
2012.11.18 サダムパテック 1着
2012.11.18 グランプリボス 2着
2012.11.18 ドナウブルー 3着
2011.11.20 エイシンアポロン 1着
2011.11.20 リディル 14着
2010.11.21 ダノンヨーヨー 2着
2010.11.21 サプレザ 4着
2010.11.21 スマイルジャック 6着
2009.11.22 サプレザ 3着
2009.11.22 キャプテントゥーレ 4着
2009.11.22 スマイルジャック 6着
2009.11.22 ザレマ 11着
2008.11.23 ブルーメンブラット 1着
2008.11.23 スーパーホーネット 2着
2008.11.23 ローレルゲレイロ 5着

10年連続で好走馬が出ていることを考えれば、今年も該当馬を軸や相手筆頭に上げていくことが的中への近道と言えるだろう。

おすすめの記事