(C) ritajulius

2018年3月25日、中山競馬場でマーチS(GⅢ/ダート1800m)が行われる。春の統一GⅠに向けたステップとして出走する馬も多いが、波乱の多いレースでもある。今年は同条件を勝ってここに臨むハイランドピーク・センチュリオンや昨年ドバイで活躍したエピカリスなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年(阪神で開催された2011年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
110シニスターミニスターMachiavellian
22キングカメハメハサンデーサイレンス
31カネヒキリGrand Slam
18アドマイヤマックスアフリート
21ホワイトマズルブライアンズタイム
32ワイルドラッシュフレンチデピュティ
16クロフネサンデーサイレンス
25スズカマンボスラヴィック
31ハーツクライホワイトマズル
13シンボリクリスエスサンデーサイレンス
22アグネスタキオンロックオブジブラルタル
31ワイルドラッシュフレンチデピュティ
12キングカメハメハブライアンズタイム
26ブライアンズタイムSeeking the Gold
33ウォーエンブレムサンデーサイレンス
16シンボリクリスエスサンデーサイレンス
216ジョリーズヘイローノーザンテースト
37ブライアンズタイムSeeking the Gold
14ブライアンズタイムリンドシェーバー
26ブラックホークアフリート
33ウォーエンブレムSadler's Wells
11ゴールドアリュールブライアンズタイム
213クリプティックラスカルマグニテュード
32モンジューNight Shift
17エアジハードセレスティアルストーム
26ブライアンズタイムリンドシェーバー
31Fusaichi PegasusIrish River

解析・分析:注目血統は?

以前はミスタープロスペクター系、二アークティック系、ブライアンズタイムをはじめとしたロベルト系(ロイヤルチャージャー系)が中心となっていたが、近年は同じロイヤルチャージャー系でもサンデーサイレンス系(ヘイルトゥリーズン系)が目立つようになってきた。今年も当レースに実績のあるゴールドアリュール・カネヒキリ・ハーツクライ産駒が出走を予定しており好走が期待できるだろう。また、近3年は活躍がみられていないロベルト系も今年はハイランドピークが出走を予定しており久々に上位争いとなるか注目だ。

父サンデー系種牡馬の近年の好走パターンとしては

2017年 アルタイル(母父Grand Slam×母母父スピニングワールド)
2016年 ショウナンアポロン(母父アフリート×母母父モガミ)
2015年 イッシンドウタイ(母父スラヴィック×母母父クラウンドプリンス)
マスクトヒーロー(母父ホワイトマズル×母母父Mr.Prospector)

といった母系がレイズアネイティヴ系×二アークティック系の組み合わせが目立っている。今年の該当馬としては昨年の3着馬のアルタイル、後は母父二アークティック系のみではあるがエピカリスやジョルジュサンクが該当馬となる。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
カネヒキリ10-5-10-13211.7%35.0%
ゴールドアリュール31-28-28-2728.6%24.2%
ウォーエンブレム7-5-6-3114.3%36.7%
パイロ8-8-6-1036.4%24.0%
ロージズインメイ9-9-8-1335.7%16.4%
サクラプレジデント0-1-2-170.0%15.0%
ヴィクトワールピサ5-4-4-448.8%22.8%
ハーツクライ21-13-13-1689.8%21.9%
キングカメハメハ50-36-25-23514.5%32.1%
トーセンブライト6-5-1-1522.2%44.4%
プリサイスエンド7-5-11-1214.9%16.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

過去に好走馬を出しているカネヒキリやウォーエンブレムの安定した成績が目立つが、出走数が少ないながらもそれ以上に優秀な成績を残しているのがトーセンブライトであり、ハイランドピークの走りに注目したい。また、当レースでの好走は少ないがキングカメハメハの成績もこの条件では良く、注意は必要だろう。

おすすめの記事