(C)MAZIMICKEY

2018年3月25日、中山競馬場でマーチS(GⅢ/ダート1800m)が行われる。ゴールデンバローズ、ロンドンタウン、ハイランドピーク、エピカリス、コスモカナディアン、センチュリオン、ディアデルレイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

1994年にダートの競走体系整備の一環で設立されたマーチSだが、今年に至るまで施行条件がまったく変更されずに行われている。(2011年のみ阪神競馬場で実施)

また、ダートで行われるハンデ重賞は現在、年間でもマーチステークスの他には秋の阪神開催でのGⅢ・シリウスSしか行われていない。

ゴールデンウィークに船橋競馬場で行われる統一GⅠ・かしわ記念のステップとしてマーチSを選ぶ馬も多く、昨年2017年の勝馬インカンテーションはかしわ記念で2着に入っている。

配当傾向を過去10回で見てみると、ハンデ戦の影響もあり三連単はすべて万馬券、昨年2017年は466,890円、2012年は2,321,750円など高配当が続いていて、単勝人気別で見ても1番人気から3番人気まで1勝ずつしかしていない。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、それとも一転して人気サイドの決着となるのか。

今回は中山競馬場で行われた2007年以降のマーチSの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく(2011年は阪神競馬場で行われたため対象外)。


過去10回の該当馬(2007年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20171インカンテーション
20173アルタイル
20161ショウナンアポロン
20151マイネルクロップ
20132バーディバーディ
20121サイレントメロディ
20122メイショウタメトモ
20123バーディバーディ
20102ナニハトモアレ
20092ダイショウジェット
20081ナナヨーヒマワリ
20082マコトスパルビエロ
20071クワイエットデイ
20072トーセンブライト

注目点① 人気薄を狙うなら単勝6番人気から9番人気を中心に

該当馬のリストを見ても明らかだが、過去10回で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が14頭と4割を超えていて高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10回の内2014年を除いて必ず1頭はリストアップされていることから積極的に人気薄を狙うことも考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別に見ると高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、該当馬14頭中12頭までが単勝40倍までのオッズとなっていて極端な人気薄を狙うのが得策ではないことがわかる。

人気別集計 マーチS 過去10回

人気着別度数勝率複勝率
1番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%
2番人気1- 2- 2- 5/ 1010.0%50.0%
3番人気1- 0- 2- 7/ 1010.0%30.0%
4番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
5番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
6番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%
7番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
8番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%
9番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
10番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
13番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
16番人気0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017インカンテーション1025.4
2016アルタイル1135.6
2014ショウナンアポロン820.4
2013マイネルクロップ613.5
2012バーディバーディ611.2
2012サイレントメロディ612.5
2012メイショウタメトモ16109.5
2010バーディバーディ714.8
2010ナニハトモアレ613.4
2009ダイショウジェット1382.7
2009ナナヨーヒマワリ729.6
2008マコトスパルビエロ616.2
2008クワイエットデイ919.1
2007トーセンブライト817.6

注目点② 人気薄は5歳から7歳まで

過去10回単勝6番人気以下で3着以内に入った14頭中12頭が、5歳から7歳となっている。

4歳馬は古馬になったばかりでまだまだ成長過程にある馬も多く、だからこそ戦前評価どおりの実力を発揮していて、人気がない場合には馬券圏外に敗れてしまっていることがわかる。

年齢別集計 マーチS 過去10回

年齢着別度数勝率複勝率
4歳2- 4- 2- 27/ 355.7%22.9%
5歳2- 0- 5- 31/ 385.3%18.4%
6歳3- 5- 2- 33/ 437.0%23.3%
7歳3- 1- 1- 19/ 2412.5%20.8%
8歳以上0- 0- 0- 18/ 180.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名馬齢
インカンテーション7
アルタイル5
ショウナンアポロン6
マイネルクロップ5
バーディバーディ6
サイレントメロディ5
メイショウタメトモ7
バーディバーディ5
ナニハトモアレ4
ダイショウジェット6
ナナヨーヒマワリ7
マコトスパルビエロ4
クワイエットデイ7
トーセンブライト6

注目点③ 前走クラスはGⅢより格下!

今回の該当馬14頭中11頭が前走はGⅠやGⅡといった賞金の高いレースではなく、1600万下・OPEN特別・GⅢといったレースを走っている(残る3頭の内2頭は前走GⅠで二桁着順)。

前走がGⅠやGⅡの実力馬は上位人気に支持されていることを示していて、地道に自己条件のレースで結果を残してきたが、他馬との比較でここでは実力的に足りないと判断された馬が、前評判を覆して馬券圏内に巻き返していると言える。

前走クラス別集計 マーチS 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
障害未勝利0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
1600万下1- 1- 2- 15/ 195.3%21.1%
OPEN特別3- 6- 6- 59/ 744.1%20.3%
GⅢ1- 2- 1- 15/ 195.3%21.1%
GⅡ0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%
GⅠ3- 0- 1- 11/ 1520.0%26.7%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
インカンテーションGⅠフェブラリーS
アルタイル1600万下白嶺S
ショウナンアポロンOPEN特別総武S
マイネルクロップGⅢ佐賀記念
バーディバーディOPEN特別仁川S
サイレントメロディGⅢ平安S
メイショウタメトモGⅢみやこS
バーディバーディGⅠジャパンカップダート
ナニハトモアレ1600万下東京ウインタープレミアム
ダイショウジェットOPEN特別ポラリスS
ナナヨーヒマワリ1600万下北山S
マコトスパルビエロGⅡダイオライト記念
クワイエットデイOPEN特別仁川S
トーセンブライトGⅢ武蔵野S

注目点④ 前走は4番人気以下

過去10回単勝6番人気以下で3着以内に入った14頭中、12頭が前走で単勝4番人気以下と上位人気には支持されていなかった。

前走上位人気で敗退した馬は、敗退の原因が馬券購入の際に検討され、敗因が明らかで改善可能な場合には再度上位に支持される傾向がある。

一方、前走人気がなく、実際に敗退した馬は徐々に検討の対象外となり単勝人気も徐々に下降していく傾向があるが、マーチSにおいてはそういった馬たちにもフォーカスを当てていくことが重要となっている。

前走人気別集計 マーチS 過去10回

前走人気着別度数勝率複勝率
前走1人気2- 1- 2- 10/ 1513.3%33.3%
前走2人気0- 1- 2- 15/ 180.0%16.7%
前走3人気2- 1- 2- 13/ 1811.1%27.8%
前走4人気0- 2- 1- 8/ 110.0%27.3%
前走5人気1- 1- 1- 12/ 156.7%20.0%
前走6~9人0- 3- 1- 33/ 370.0%10.8%
前走10人~5- 1- 1- 37/ 4411.4%15.9%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名前走人気
インカンテーション15
アルタイル4
ショウナンアポロン11
マイネルクロップ1
バーディバーディ5
サイレントメロディ12
メイショウタメトモ10
バーディバーディ12
ナニハトモアレ7
ダイショウジェット7
ナナヨーヒマワリ3
マコトスパルビエロ4
クワイエットデイ10
トーセンブライト4

注目点⑤ 前走は2着3着以外

今回の該当馬14頭中すべてが前走2着3着以外の結果となっていた。

前走で2着や3着に惜敗した馬でマーチSで好走しやすい馬は、ファンの間でも馬券検討の結果上位人気に支持されることが多くなり、人気を落としていた場合には何らかの理由があると考え軽視して良いことをデータは示している。

前走着順別集計 マーチS 過去10回

前確定着順着別度数勝率複勝率
前走1着3- 4- 4- 23/ 348.8%32.4%
前走2着0- 0- 3- 13/ 160.0%18.8%
前走3着2- 0- 1- 13/ 1612.5%18.8%
前走4着1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%
前走5着0- 2- 1- 6/ 90.0%33.3%
前走6~9着2- 1- 0- 25/ 287.1%10.7%
前走10着~2- 1- 1- 41/ 454.4%8.9%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名前走着順
インカンテーション13
アルタイル1
ショウナンアポロン6
マイネルクロップ1
バーディバーディ4
サイレントメロディ6
メイショウタメトモ12
バーディバーディ10
ナニハトモアレ1
ダイショウジェット1
ナナヨーヒマワリ1
マコトスパルビエロ4
クワイエットデイ1
トーセンブライト9

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する。

ドリームキラリ

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年のマーチSの登録頭数は26頭となっていて収得賞金の関係で出走できない馬も多く今回選定したドリームキラリも現在除外対象となっているので注意が必要だ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事