(C)arima0208

2018年8月5日、新潟競馬場でレパードS(GⅢ/ダ1800m)が行われる。ジャパンダートダービー組のグレートタイム・どんフォルティス、未勝利から2連勝中のアドマイヤビクター、ユニコーンS3着のエングローサーなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去9年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
111ロージズインメイシンボリクリスエス
212ゴールドアリュールリンドシェーバー
31ゴールドアリュールカーネギー
12ネオユニヴァースKingmambo
21アドマイヤマックスサクラローレル
36BernardiniLemon Drop Kid
11アドマイヤオーラブライアンズタイム
23キングカメハメハエリシオ
311ディープスカイジェイドロバリー
11ヘニーヒューズRunning Stag
27スクリーンヒーローホワイトマズル
39ゴールドアリュールアフリート
11シニスターミニスターMachiavellian
24BernardiniNureyev
32ヘニーヒューズMarquetry
12キングカメハメハCherokee Run
23ゼンノロブロイエンドスウィープ
31エンパイアメーカーDixieland Band
11ディープインパクトフレンチデピュティ
22ネオユニヴァースTouch Gold
312シンボリクリスエスサンデーサイレンス
12フジキセキAwesome Again
26クロフネバブルガムフェロー
31キングカメハメハサンデーサイレンス
11ワイルドラッシュトニービン
23SotoRoanoke
37キングカメハメハブラックタイアフェアー

解析・分析:注目血統は?

近年はサンデーサイレンス系を中心としたロイヤルチャージャー系の活躍が主体で、これらにナスルーラ系・ミスタープロスペクター系種牡馬産駒が絡んでいるといった傾向が見られる。

サンデー系(ロイヤルチャージャー系)では特にミスタープロスペクター系、ナスルーラ系の母系との相性が良い

2016年 グレンツェント(母父Kingmambo)
2015年 タマノブリュネット(母父ジェイドロバリー)
2014年 ランウェイワルツ(母父アフリート)
2012年 ナムラビクター(母父エンドスウィープ)

今年の出走予定馬で母父ミスタープロスペクター系の該当馬はなく、母母父ミスタープロスペクター系を持つ馬はアルクトスクレディブルが挙がる。その中でアルクトスの母父(ロベルト系)に注目したい。近年は特にロベルト系の母系とも相性がよく、

2017年 ローズプリンスダム(母父シンボリクリスエス)
2015年 クロスクリーガー(母父ブライアンズタイム)

同馬の低評価を覆す激走に期待したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ルーラーシップ3-3-1-525.0%58.3%
アドマイヤオーラ2-0-0-722.2%22.2%
ゴールドアリュール14-18-17-1238.1%28.5%
トランセンド0-2-1-50.0%37.5%
トーセンホマレボシ0-0-0-80.0%0.0%
スズカマンボ2-1-6-602.9%13.0%
ゼンノロブロイ19-15-15-11811.4%29.3%
キングカメハメハ19-17-16-12310.9%29.7%
ヘニーヒューズ1-0-0-150.0%50.0%
スマートファルコン1-0-0-614.3%14.3%
キンサシャノキセキ1-2-1-165.0%20.0%
ローエングリン0-0-0-120.0%0.0%
ハードスパン0-0-0-00.0%0.0%
スマートボーイ1-1-0-514.3%28.6%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ゼンノロブロイ、キングカメハメハと比較的安定した成績を残しており、次いでゴールドアリュールといった状況だ。出走頭数の少ない種牡馬の中ではルーラーシップが優れた数字を残しており、相性が良いと言えるだろう。初コースとなるが未勝利から2連勝中のアドマイヤビクターの走りに注目したい。

おすすめの記事