(C)MAZIMICKEY

2019年10月20日、京都競馬場で菊花賞(GⅠ/芝3000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるヴェロックス、ニシノデイジー、ヒシゲッコウ、ホウオウサーベル、ワールドプレミアなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


菊花賞の勝ち馬傾向

過去10年のデータを見ると、1番人気は5勝とまずまず強い。一方で、勝ち馬10頭中3頭が7番人気以下で、昨年も3連単が10万円を超えており、波乱含み。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 重賞3着以内の実績が必要

まず重賞実績に目を向けると、勝ち馬10頭中5頭が芝重賞の勝ち馬で、残る5頭中4頭には芝重賞で3着以内の実績があった。

さらに距離実績を見ると、勝ち馬10頭中9頭に芝2200m以上の重賞を勝利、もしくは芝2400m以上の重賞で3着以内の実績があった。

予想参考データ② 神戸新聞杯で3着以内の馬が主力

前走のクラス別成績は以下の通り。

1000万下(1-0-5-35)
勝率 2.4% │ 連対率2.4% │ 複勝率14.6%

1600万下(0-0-0-8)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

オープン特別(0-0-0-2)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

GⅢ(1-0-0-4)
勝率 20.0% │ 連対率20.0% │ 複勝率20.0%

GⅡ(8-10-5-97)
勝率 6.7% │ 連対率15.0% │ 複勝率19.2%

GⅠ(0-0-0-1)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

また、前走着順は以下の通り。

前走1着(6-1-6-43)
勝率 10.7% │ 連対率12.5% │ 複勝率23.2%

前走2着(2-5-1-17)
勝率 8.0% │ 連対率28.0% │ 複勝率32.0%

前走3着(2-3-1-14)
勝率 10.0% │ 連対率25.0% │ 複勝率30.0%

前走4着(0-0-1-13)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率7.1%

前走5着(0-0-1-12)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率7.7%

前走6~9着(0-1-0-31)
勝率 0.0% │ 連対率3.1% │ 複勝率3.1%

前走10着以下(0-0-0-20)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

神戸新聞杯組が7勝と活躍しており、そこで3着以内だった馬に限れば【7・6・2・11】と好成績。

予想参考データ③ 関西馬が優勢

美浦(1-0-1-45)
勝率 2.1% │ 連対率2.1% │ 複勝率4.3%

栗東(9-10-9-105)
勝率 6.8% │ 連対率14.3% │ 複勝率21.1%

2019年の主役候補は?

中心となるのは、神戸新聞杯2着のヴェロックス。皐月賞2着、ダービー3着と世代屈指の実力を示しており、ここはGⅠ初制覇の絶好機だ。

ワールドプレミアは神戸新聞杯で3着。デビューから5戦して複勝圏外がない安定感が光る。

神戸新聞杯4着で、京都新聞杯を勝っているレッドジェニアルも有力になる。

セントライト記念2着のサトノルークス、同3着のザダルにもチャンスがある。

夏の上がり馬では、2008年の菊花賞馬オウケンブルースリと同じく阿賀野川特別を勝ったホウオウサーベル、2001年の菊花賞馬マンハッタンカフェと同じく阿寒湖特別を勝ったヒシゲッコウに注目だ。

おすすめの記事