京阪杯2018の競馬予想分析!過去の血統と種牡馬の共通点とは?
(C)MAZIMICKEY

2018年11月25日、京都競馬場で京阪杯(GⅢ/芝1200m)が行われる。今年はダノンスマッシュ、アレスバローズ、ダイメイフジ、ワンスインナムーン、アサクサゲンキなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統


2017年 1着(ヨハネスブルグ/サンデーサイレンス/Danzig)                                                                            

     2着(ダイワメジャー/フォーティナイナー/Affirmed)

               3着(Invincible Spirit/Machiavellian/Niniski)

2016年 1着(ヨハネスブルグ/サンデーサイレンス/Danzig)                                                                            
     2着(Zensational/Mutakddim/Lucky North)

               3着(アドマイヤムーン/サンダーガルチ/Fappiano)

2015年 1着(ディープインパクト/ダンシングブレーヴ/テスコボーイ)

               2着(サクラバクシンオー/Kingmambo/Sadler's Wells)

               3着(クロフネ/サクラユタカオー/ミルジョージ)

2014年 1着(ルールオブロー/スプレンディドモーメント/クラウンドプリンス)

               2着(ストーミングホーム/Green Desert/Beau Genius)

               3着(バゴ/ブライアンズタイム/Eastern Echo)

2013年 1着(クロフネ/サクラユタカオー/ミルジョージ)

               2着(ストラヴィンスキー/トワイニング/リーファーマッドネス)

               3着(サクラバクシンオー/ブライアンズタイム/Irish Open)

2012年 1着(アドマイヤムーン/サクラバクシンオー/シェイディハイツ)

               2着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/トニービン)

               3着(ディープインパクト/Souvenir Copy/Alleged)

2011年 1着(キングカメハメハ/Storm Cat/Cormorant)

               2着(アグネスデジタル/サンデーサイレンス/ノーザンテースト)

               3着(ファルブラヴ/Pistoles Bleu/Tourangeau)

2010年 1着(サクラバクシンオー/トニービン/マルゼンスキー)

               2着(フジキセキ/Wolfhound/Standaan)

               3着(War Chant/Capote/Mr.Prospector)

2009年 1着(アドマイヤベガ/ターゴワイス/ノーザンテースト)

               2着(ブライアンズタイム/Kingmambo/Halo)

               3着(キングヘイロー/Seeking the Gold/Nijinsky)

2008年 1着(デヒア/オペラハウス/Cure the Blues)

               2着(Kingmambo/サンデーサイレンス/Danzig)

               3着(サクラバクシンオー/トニービン/マルゼンスキー)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

近年は米国型ニアークティック系の血が活躍する傾向にある。昨年・一昨年と連覇したネロの活躍が記憶に新しいが、特に相性の良い系統がミスタープロスペクター系、ナスルーラ系と言えよう。

2015年 アースソニック(父ニアークティック系(米)×母父ナスルーラ系)

2014年 アンバルブライベン(父ミスタープロスペクター系×母父ニアークティック系(米))

2013年 アースソニック

アイラブリリ(父ニアークティック系(米)×ミスタープロスペクター系)

2011年 ロードカナロア(父ミスタープロスペクター系×母父ニアークティック系(米))

2010年 ケイアイアストン(母父ニアークティック系(米)×母母父ナスルーラ系)

今年はダイメイフジ、アンヴァル、グレイトチャーター、エスティタートが該当する。波乱の多い当レースでのこれらの馬達の活躍に期待したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

Stormy Atlantic 0- 0- 0- 0 / 0.0% / 0.0%

ディープインパクト 2- 3- 2-45 / 3.8% / 13.5%

ダイワメジャー   12-10-11-94 / 9.4% / 26.0%

オレハマッテルゼ  2- 0- 3-26 / 6.5% / 16.1%

サクラバクシンオー 9- 6- 3-88 / 8.5% / 17.0%

ステイゴールド    2- 1- 2-25 / 6.7% / 16.7%

キングヘイロー 2- 4- 5-18 / 6.9% / 37.9%

アグネスデジタル  1- 1- 0-10 / 8.3% / 16.7%

ロードカナロア 1- 1- 2- 2 / 16.7% / 33.3%

アドマイヤムーン  10-10-10-62 / 10.9% / 32.6%

タイキシャトル 3- 3- 6-39 / 5.9% / 23.5%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

この条件ではアドマイヤムーン、ダイワメジャー産駒の成績が優れているのがわかる。また出走頭数が少ないもののロードカナロアも現状は安定した成績を残していると言える。3歳馬ダノンスマッシュの走りに注目だ。一方でディープインパクト産駒の戦績は芳しくなく、アレスバローズの不安材料と言えよう。

おすすめの記事