(C)Yushi Machida‏

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。

キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウン、ソウルスターリング、シュヴァルグランらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

以下が出走予定馬と前日人気・オッズの一覧だ。


ジャパンカップ・概要

2017年11月26日(日) 5回東京8日目 17頭 [15:40発走] 【11R】  第37回ジャパンカップ
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2400m (C)

前日人気・前日オッズ

一番人気に支持されているのがキタサンブラックだ。武豊騎手とのコンビで古馬3冠の初戦、天皇賞秋を制した。現役最強馬として名高い漆黒のスターホースが、秋二冠目を狙う。

続くのが今年の日本ダービー馬レイデオロ。秋は神戸新聞杯を圧勝し、キタサンブラックから現役最強馬の称号を奪い取ろうと目論む。初対戦というだけあって「キタサンブラックを倒すならこの馬」という期待を背負っている構図だ。

以降は秋の天皇賞でキタサンブラックと肉薄したサトノクラウン、今年のオークス馬ソウルスターリング、そして昨年のダービー馬マカヒキと続いている。

馬名単勝
1シュヴァルグラン 6 19.9
2レイデオロ23.4
3ギニョール 9 56.9
4キタサンブラック12.3
5サウンズオブアース12102.0
6イキートス13104.0
7ディサイファ17360.1
8ソウルスターリング 4 10.8
9レインボーライン 8 48.9
10ブームタイム16259.3
11マカヒキ 5 12.3
12サトノクラウン35.6
13シャケトラ 7 37.9
14アイダホ10 76.7
15ワンアンドオンリー14184.5
16ヤマカツエース11 92.4
17ラストインパクト15215.1
おすすめの記事