ジャパンカップ2017の予想分析、結果発表!回収率170超のデータ該当馬は?


(C)Ko-Mei

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。

キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウン、シュヴァルグランらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 高齢馬は消し!
ポイント3 外国馬は消し!
ポイント4 前走上がり下位or10着以下は消し!
ポイント5 非社台生産馬は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

最強馬決定戦のジャパンカップでは、極端な人気薄の出番がめったにない。

馬名人気オッズ
シュヴァルグラン620.3
レイデオロ23.7
ギニョール951.9
キタサンブラック12.2
サウンズオブアース13108.5
イキートス1295.7
ディサイファ17308.3
ソウルスターリング411.6
レインボーライン740
ブームタイム16206.3
マカヒキ512.7
サトノクラウン35.2
シャケトラ840.9
アイダホ1080
ワンアンドオンリー14169.8
ヤマカツエース1187.2
ラストインパクト15176.7

11番人気以下なのは……

サウンズオブアース
イキートス
ディサイファ
ブームタイム
ワンアンドオンリー
ヤマカツエース
ラストインパクト

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 高齢馬は消し!

最強馬決定戦ということで、各陣営は100%の仕上げをしてくる。となると、絶頂期にある4、5歳馬、あるいは斤量の面で得をしていて勢いもある3歳馬が優勢になってくる。

反対に、力の衰えはじめた6歳以上の高齢馬は厳しい戦いを強いられている。

馬名
シュヴァルグラン5
レイデオロ3
ギニョール5
キタサンブラック5
サウンズオブアース6
イキートス5
ディサイファ8
ソウルスターリング3
レインボーライン4
ブームタイム6
マカヒキ4
サトノクラウン5
シャケトラ4
アイダホ4
ワンアンドオンリー6
ヤマカツエース5
ラストインパクト7

6歳以上なのは……

サウンズオブアース
ディサイファ
ブームタイム
ワンアンドオンリー
ラストインパクト

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 外国馬は消し!

いまや日本の中距離路線は世界トップの実力を誇っている。よって、外国馬がアウェーのGIで結果を残すことはかなり難しい。

外国馬は……


ギニョール
イキートス
ブームタイム
アイダホ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走上がり下位or10着以下は消し!

最強馬決定戦ということで、状態面がよくなければ話にならない。状態がいいかどうかは、実際のレースでしっかりと結果を残しているかどうかである程度判断できる。

前走、しっかりと上がり上位の脚を使っているか。もしくは少なくとも一桁着順に入っていたかが一つのボーダーラインとなる。

馬名前走着順上がり順
シュヴァルグラン33
レイデオロ12
ギニョール1
キタサンブラック11
サウンズオブアース1314
イキートス2
ディサイファ77
ソウルスターリング65
レインボーライン34
ブームタイム15
マカヒキ52
サトノクラウン22
シャケトラ1516
アイダホ4
ワンアンドオンリー1716
ヤマカツエース1110
ラストインパクト610

前走上がり6位以下、もしくは10着以下だったのは……

サウンズオブアース
ディサイファ
シャケトラ
ワンアンドオンリー
ヤマカツエース
ラストインパクト

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 非社台生産馬は消し!

ジャパンカップは賞金額の面でも権威の面でも、生産者にとってもっとも重要なタイトルである。当然、競馬界のドンである社台グループは並々ならぬ力を注いでくる。

馬名生産者
シュヴァルグラン
ノーザンファーム
レイデオロ
ノーザンファーム
ギニョール外国馬
キタサンブラックヤナガワ牧場
サウンズオブアース社台ファーム
イキートス外国馬
ディサイファ
ダーレー・ジャパン
ソウルスターリング社台ファーム
レインボーライン
ノーザンファーム
ブームタイム外国馬
マカヒキ
ノーザンファーム
サトノクラウン
ノーザンファーム
シャケトラ
ノーザンファーム
アイダホ外国馬
ワンアンドオンリーノースヒルズ
ヤマカツエース岡田牧場
ラストインパクト
社台CP白老ファーム

非社台系なのは……

キタサンブラック
ディサイファ
ワンアンドオンリー
ヤマカツエース


ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

シュヴァルグラン
レイデオロ
ソウルスターリング
レインボーライン
マカヒキ
サトノクラウン

今回の激走馬候補は6頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る