(C)Arappa

2019年3月17日、阪神競馬場で阪神大賞典(GⅡ/芝3000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向から、激走の可能性がある穴馬を予想していく。

馬券を買って回収率100%超を目指す上でカギになるのが、正確に穴馬をピックアップできるかどうかだ。

人気馬ばかり買っていても馬券では勝てない。穴馬選定の精度を高めることが、馬券で勝つことに直結してくるのだ。

今回、人気が想定されるのはシャケトラ、リッジマン、アドマイヤエイカン、ヴォージュ、コルコバードらだが、上位に割って入るのはどの人気薄馬になるのか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象として、今年は出走予定馬が少数なため穴馬候補は2頭とした。


阪神大賞典の配当傾向

(C)MAZIMICKEY

過去10年を見ると、三連単の最高額配当は2009年の29,520円で、その他に2010年(21,070円)や2012年(18,590円)含めた3年で万馬券が出ており、波乱が期待できる年もあると言える。

単勝オッズは2012年(1,340円)を除くと全て人気馬が優勝しており、特に1倍台の人気馬の優勝が4回あるように人気には逆らえない。

馬連は最高配当が2009年の2,990円となっており、それ以降は320-1,820円と概ね固い決着となっている。穴馬の出番は少なく、3連系の馬券に組み込むのが理想と言える。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 先行馬に注目

人気薄での激走馬の傾向として先行馬が多い。追い込んで上位争いをするにはそれなりの能力が求められるのだろう。以下に人気と位置取りを挙げた。

2014年 アドマイヤラクティ(5人気/5-5-5-3)
2013年 フォゲッタブル(5人気/2-2-2-2)
2012年 ナムラクレセント(5人気/2-1-1-1)
2009年 ヒカルカザブエ(6人気/4-3-2-2)

予想参考データ② 父サンデーサイレンス系に注目

ノーザンダンサー系・ミスタープロスペクター系種牡馬産駒の活躍も目立つが、人気薄の馬も含めるとサンデーサイレンス系種牡馬産駒の活躍が多い。

2015年 デニムアンドルビー(7人気/父ディープインパクト)
2014年 アドマイヤラクティ(5人気/父ハーツクライ)
2013年 フォゲッタブル(5人気/父ダンスインザダーク)
2012年 ナムラクレセント(5人気/父ヤマニンセラフィム)

今年も該当する馬は是非狙いたいところだ。

予想参考データ③ 長距離実績馬に注目

長距離重賞だけに実績は重要視され、実際に激走馬の成績を見ると長距離での実績を持つ馬が多い。

2016年 タンタアレグリア(4人気/菊花賞4着)
2014年 アドマイヤラクティ(5人気/ダイヤモンドS1着)
2013年 フォゲッタブル(5人気/菊花賞2着、ステイヤーズS1着
2012年 ナムラクレセント(5人気/菊花賞3着)
2011年 モンテクリスエス(6人気/万葉S2着/ステイヤーズS/4着)
2010年 トウカイトリック(5人気/天皇賞春3着)

今年も長距離実績のある馬は人気に関わらず狙いたい。

2019年の穴馬候補は?

(C)Arappa

以上のデータから面白そうなのはソールインパクト、カフジプリンスだ。

ソールインパクトは相性の良いディープインパクト産駒、ダイヤモンドS3着の実績があり先行馬であることも条件に合致する。今年はチャンスが十分にあると考えられる。

カフジプリンスはハーツクライ産駒、ダイヤモンドS3着の実績がある。近走は先行策を取ることが多く、狙いたい1頭だ。

おすすめの記事