阪急杯2018の最終追い切り分析…レッドファルクスらの調教評価は?
(C)Yusuke Tsutaya

2018年2月25日、阪神競馬場で阪急杯(GⅢ/芝1400m)が行われる。レッドファルクス、モズアスコット、カラクレナイ、ディバインコード、ダイアナヘイロー、モーニン、シュウジ、ヒルノデイバローらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

レッドファルクス牡7歳(美浦・尾関厩舎)

評価A-

2月15日1週前追い切りは美浦南Wコース(良)

5F68秒6―53秒3―39秒1―12秒8

ステイパーシスト(4歳上1600万下)を1.0秒以上追走し2馬身先着、ゴール直前だけ強めに追って鋭く伸びる。

2月21日最終追い切りは美浦南ダートコース(良)

5F68秒3―52秒6―38秒2―12秒7

年齢的なものもあり、あくまでも前哨戦としての仕上がり。目標は高松宮記念のため疲れの残らない負担の少ない調教に終始している。太め感はなく反応も鋭いが、80%程度の仕上がりと見た方がいい。

モズアスコット・牡4歳(栗東・矢作厩舎)

評価A

2月15日1週前追い切り栗東坂路(良)

4F53秒1―38秒7―25秒0―12秒5

強めで追われるリーゼントロック(4歳上オープン)をルメール騎手が騎乗して馬なり先着。前走からは常に軽い調整で強めに追っていないのが気になる。

2月21日最終追い切り栗東坂路(良)

4F52秒9―38秒2―11秒7

1週前同様に坂路でリーゼントロック(4歳上オープン)と併走。直線で軽く気合を入れただけでラスト1F11秒7と弾けて3馬身先着。もともと追えば追うほど動いて時計が出るタイプだが、疲れの残らない程度ならこれで十分とも言える。

ディバインコード・牡4歳(美浦・栗田厩舎)

評価A

2月15日1週前追い切り美浦南Wコース

4F55秒0―40秒4―13秒5

2週前の東京新聞杯を使っているので軽めの馬なりで調整。叩いた分だけスッキリした馬体、スピード自体はないが動きは良くなってきている。

2月21日最終追い切り美浦南Wコース(良)

5F68秒6―54秒2―40秒0―13秒6

アーリーサプライズ(4歳上500万下)を追い掛けてほぼ同入、手綱は抑えたままの馬なりだったため時計は出ていない。1週前追い切り同様に動きは素軽く、脚捌きもしっかりとしている。馬体は完全に仕上がっており、前走叩いた効果も大きそうで勝負気配十分に見える。

カラクレナイ・牝4歳(栗東・松下厩舎)

評価A-

2月15日1週前追い切り栗東CWコース(良) 馬なり

4F52秒6―38秒9―12秒4

今年これが3走目となり、使い込まれているため馬なり軽めの調整。
馬体はスッキリしており、これ以上の強い追い切りは必要なさそう。

2月21日最終追い切り栗東CWコース(良)

4F52秒5―38秒5―12秒1

単走追いだがいつも通り掛かり気味に行きたがる面を見せる。ただ、これだけ行きたがってスタミナをロスしていても最後まで脚色はしっかりしていてラスト1Fも鋭く伸びていた。

ヒルノデイバロー・牡7歳(栗東・昆厩舎)

評価B+

2月15日1週前追い切り栗東坂路(良)

4F51秒1―36秒9―24秒7―12秒6

四位騎手が手綱を取ってのタイム。一杯に追われたが気分よく走っており、久々ながら動きは悪くない。

2月21日最終追い切り栗東坂路(良)

4F53秒8―38秒1―12秒4

最終追い切りも四位騎手が騎乗し併せ馬。モンテヴェルデ(4歳上500万)を追走してラスト1Fからは鋭く脚を伸ばしての半馬身先着。目標を先においた仕上げだか、馬体を見る限り太め残りはない。

おすすめの記事