(C) Yusuke Tsutaya

初重賞制覇へ――。

2018年3月11日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(GⅡ/芝1400m)が行われる。桜花賞のトライアルレースであるが、2008年3着のレジネッタが桜花賞を制したのが最後であり、近年では桜花賞に直結しづらいレースである。しかしオークス、秋華賞で好走する馬もおり、先を占う意味では重要なレースと言えるだろう。

今回注目するのがデビューから連勝中のディープ産駒の素質馬アンコールプリュだ。前走は大外の枠だったが上がり3ハロン最速で勝利するなどディープ産駒らしい勝ちっぷりを見せ付けた。前走の豪脚が見られればここでもチャンスだろう。

アンコールプリュの初重賞制覇なるか? 過去のデータからその可能性に迫っていこう。


期待① 前走距離

過去10年のデータを見ると前走1600mからの距離短縮組が8勝と断然の成績をあげている。過去10年の前走距離別成績を見ていこう。

前走距離着別度数勝率連対率複勝率
1200m以下0- 0- 0- 26/260.0%0.0%0.0%
1400m2- 3- 3- 45/533.8%9.4%15.1%
1600m8- 7- 7- 62/849.5%17.9%26.2%
1700m以上0- 0- 0- 2/20/0%0.0%0.0%

集計期間:2008年~2017年

1400m組が1600m組に次ぐ成績となっているが勝率、連対率ともに大きく離れておりあまり信用は出来ない。前走1200m以下に関しては出走頭数が多いわりに3着すらなく大苦戦となっている。アンコールプリュは前走1400mだがデビュー戦では1600mを経験しており心配はいらないだろう。

不安② 脚質

内回りで行われるため先行馬が有利だが、追込がよく決まっているレースでもある。脚質別の成績を見ていこう。

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%
先行4- 2- 4- 29/3910.2%15.3%25.6%
差し0- 5- 1- 56/620.0%8.0%9.6%
追込6- 2- 3- 44/5510.9%14.5%20.0%

集計期間:2008年~2017年

データを見ても先行馬が有利であるが、内回りゆえにハイペースになりやすく、そのため追込がよく決まるレースとなっている。後方からレースを進めるアンコールプリュには味方するデータであり、極端にペースが遅くならない限りは大丈夫だろう。

データ③ 前走

前走重賞が好成績。しかし以外にも500万下組の好走が目立つ。前走別の成績を見ていこう。

前走着別度数勝率連対率複勝率
重賞4- 5- 5- 42/567.1%16.0%25.0%
OP特別2- 2- 2- 30/365.5%11.1%16.6%
500万下4- 3- 3- 50/606.6%11.6%16.6%
新馬・未勝利0- 0- 0- 10/100.0%0.0%0.0%

集計期間:2008年~2017年

新馬・未勝利組を除けばあまり大差ない数字となっているが、勝ち馬の数ではOP特別組が一歩劣っている。前走500万下だったアンコールプリュは勝ち馬の数からも期待出来る。

まとめ

いかがだっただろうか? アンコールプリュには有利なデータばかりが揃っており、不動の軸馬ともいえる。素質、データの裏づけも十分であり、実力が足りれば初重賞制覇の可能性は高いだろう。

ここで初重賞制覇を成し遂げハイレベルな桜花賞の有力馬の1頭に名乗りをあげることが期待される。

おすすめの記事