フェブラリーS2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)Ko-Mei

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーS(GⅠ/ダート1600m)が行われる。昨年の最優秀ダート馬ゴールドドリームのGⅠ3連勝か、テイエムジンソクがチャンピオンズカップのリベンジを果たすのか。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12MarjuRossini
25マジェスティックウォリアーMr.Greeley
31プリサイスエンドスキャン
12ヘニーヒューズDistorted Humor
21トワイニングアグネスタキオン
37アグネスデジタルタバスコキャット
11ゴールドアリュールティンバーカントリー
25シニスターミニスターMachiavellian
33マジェスティックウォリアーMr.Greeley
116ゴールドアリュールティンバーカントリー
22キングカメハメハCherokee Run
31キングカメハメハサンデーサイレンス
13マンハッタンカフェジャッジアンジェルーチ
29ゴールドアリュールブライアンズタイム
37カリズマティックPleasant Tap
17TapitConcern
24ゴールドアリュールアルワウーシュ
32カリズマティックPleasant Tap
11ワイルドラッシュトニービン
23ブライアンズタイムMr.Prospector
34ブライアンズタイムMr.Prospector
11ゴールドアリュールブライアンズタイム
25TapitConcern
32シンボリクリスエスサンデーサイレンス
16シンボリクリスエスサンデーサイレンス
23MineshaftDeputy Minister
31フジキセキDeputy Minister
11エルコンドルパサーサンデーサイレンス
27フサイチコンコルドブライアンズタイム
33ブライアンズタイムサンデーサイレンス

解析・分析:注目血統は?

2011年頃まではブライアンズタイムの活躍もあり、ロイヤルチャージャー系の活躍が目立っていたが、近年特に2014年以降はミスタープロスペクター系の活躍が主体となってきている。ミスタープロスペクター系種牡馬産駒だけでなく、

ベストウォリアー (母父Mr.Greeley)
カフジテイク(母父スキャン)
モーニン(母父Distorted Humor)
コパノリッキ―(母父ティンバーカントリー)
インカーテーション(Machiavellian)

のように母父ミスタープロスペクター系のパターンもあり、ナスルーラ系種牡馬との相性が良いが今年は該当馬がいない。他はニアークティック系種牡馬やゴールドアリュール産駒でのパターンが該当し、今年はテイエムジンソク(父クロフネ)、サンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)が挙げられる。逆に近年はゴールドアリュール以外のロイヤルチャージャー系種牡馬産駒は活躍が乏しく、割り引く必要がある。

これらの傾向とは別に2010年以降、コンスタントに活躍馬を出してきたゴールドアリュール産駒も見逃すことはできない。昨年の優勝馬ゴールドドリームや前述のサンライズノヴァ、メイショウスミトモ、ララベルなどにも期待がかかる。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ジャングルポケット0-1-4-500.0%9.1%
アグネスデジタル6-13-10-994.7%22.7%
シニスターミニスター3-5-5-663.8%16.5%
プリサイスエンド10-8-11-1007.8%22.5%
アドマイヤマックス0-0-1-190.0%5.0%
ロージズインメイ5-6-5-964.5%14.3%
ゴールドアリュール45-28-18-27412.3%24.9%
ダノンシャンティ0-0-2-250.0%7.4%
フレンチデピュティ8-7-6-738.5%22.3%
クロフネ27-16-22-2159.6%23.2%
メイショウボーラー4-6-4-684.9%17.1%
アドマイヤオーラ5-2-2-2216.1%29.0%
トワイニング4-1-1-2114.8%22.2%
バトルプラン0-4-0-240.0%14.3%
マジェスティックウォリアー3-2-2-330.0%70.0%
ディープスカイ2-4-6-592.8%16.9%
キングカメハメハ20-26-30-2196.8%25.8%
カネヒキリ11-9-5-1038.6%19.5%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ゴールドアリュール、クロフネと出走頭数が多い中で安定した成績を残せているのがわかる。キングカメハメハは勝率こそ高くはないが、複勝率では優れた数字を残せている。

出走頭数が限られた産駒の中ではトワイニングやアドマイヤオーラ産駒の成績が優れており、注目したい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る