(C)tr_qasysh15

2019年3月16日、中京競馬場でファルコンステークス(GⅢ/芝1400m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるローゼンクリーガー、ヴァッシュモン、ダノンジャスティス、ドゴール、ハッピーアワー、イッツクールらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

ファルコンステークスは2012年の馬場改修後から芝1400メートルの開催になったので、過去7年分のデータを参考にする。


ファルコンステークスの人気馬成績

ファルコンステークス過去7年のデータを見ると、1番人気は1回だけ勝っているが、2着3着は1回もなく、信頼度は著しく低い。

しかし、上位人気はそれなりの成績を残しており、本来1番人気が残すべき数字が穴人気の馬たちに分配されたような格好だ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 短距離馬には鬼門

(C)yusukekeiba

前走1200メートル( 0- 0- 1-28)
勝率 0.0% │ 複勝率 3.4%

1400メートルという設定はスプリンターにもマイラーにも開けた距離、本来はそういうものだが、ファルコンステークスではスプリンターには鬼門。

逃げ馬も残らない、牝馬も全く絡まないなど、求められるものがスピードもそうだが、スタミナも要求されるような印象を与える。

ちなみに、唯一3着に入ったのは2014年3着のアルマエルナトで、中山の500万条件を勝ってファルコンステークスにやってきた。

朝日杯が阪神開催になってから、この4年で3頭が馬券に絡むなど、マイル路線からの馬が馬券にかなり絡んでいる。

東京や阪神のマイルで活躍するような馬がファルコンステークスで力を発揮するかもしれない。

予想参考データ② 中途半端な勝ち方は危険

前走1着の馬は注目が集まり、人気になることが多いが、気を付けないと馬券でえらい目を見ることになる。前走の勝ち方によっては、危険な馬になることがあるからだ。

前走1着( 3- 1- 1-42)
勝率 6.4% │ 複勝率 10.6%

意外と多い印象を与えるが、それだけ空振りも目立つ。確かな馬か危険な馬か、それを見分けるポイントは前走の勝ち方、2着につけたタイム差にある。

タイム差なし勝利( 0- 0- 1-15)
勝率 0.0% │ 複勝率 6.3%

コンマ2秒差まで勝利( 1- 0- 0-20)
勝率 4.8% │ 複勝率 4.8%

コンマ2秒差までの勝ちだった馬は37頭いて2頭しか馬券に絡んでいないという、衝撃的な結果がある。

先ほどのアルマエルナトはタイム差なしの勝利、唯一コンマ2秒差1着でそのままファルコンステークスも勝ったのは2013年のインパルスヒーローだけ。

今回ファルコンステークスに出てくる馬の中で1着馬は少ないが、ダートを含めコンマ3秒差以上ケースはなんとゼロ。これをどう捉えるか。

予想参考データ③ 上がりの脚は絶対必要

上がり3F 1位( 5- 1- 2-4)
勝率 41.7% │ 複勝率 66.7%

中京1400メートルというコースは、とにかく後方にいた馬の追い込みが決まりやすい、結構特殊な状況となっている。

ペースはそれほど速くならないのに、追い込みがバンバン決まるのだから、小回りで苦戦してきた馬には最高の環境と言える。

上がり3ハロンで1位の馬のハイアベレージもそれに大きく関係しているだろう。位置は関係ない。問題はどれだけの末脚を持ち合わせているかだ。

2019年の危険な人気馬は?

(C)tr_qasysh15

ヴァッシュモンは人気に支持される見込みだが、ジュニアカップの勝ち方が微妙で、確かな末脚があるわけではない。ファルコンステークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、イッツクールは1つ目の消しデータに合致している。前走は1200メートルのオープン特別2着だったが、これまでの起用法に一貫性がなく、割引が必要だ。

反対にローゼンクリーガーは危険なデータに一つも当てはまらない。阪神ジュベナイルフィリーズで大敗を喫したが、元々は1400メートルに良績がある馬。むしろ前走の惨敗で少しでも人気にならないことを願うべきだろう。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ローゼンクリーガーと言えそうだ。

おすすめの記事