ファルコンS2018の最終追い切り分析…ダノンスマッシュらの調教評価は?


(C)だわさの写真館

2018年3月17日、中京競馬場でファルコンS(GⅢ/芝1400m)が行われる。ダノンスマッシュ、テンクウ、アンブロジオ、フロンティア、タイセイプライド、モズスーパーフレア、アサクサゲンキらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

ダノンスマッシュ・牡3歳(栗東・安田厩舎)

評価A

3月7日1週前追い切り栗東CWコース(良)

6F80秒3―64秒8―50秒0―36秒7―11秒7

北村友一騎手が騎乗して一杯に追っての併せ馬。一杯に追われたトウカイオルデン(3歳未勝利)を0.5秒差追走して0.2秒の先着。朝日杯以来になるが久々を感じさせない動きで順調に仕上がってきている。

3月14日最終追い切り栗東CWコース(良)

6F78秒7―63秒4―49秒6―36秒4―11秒7

スタートからハイペースな併せ馬。ダノンキングダム(4歳上1000万下)を5馬身差追走、ゴール寸前で追い付きそうになるがクビ差遅れる。まだ気難しい面を時々見せるが、馬体を大きく見せて張りのある状態。本来の力は出せそう。

テンクウ・牡3歳(美浦・奥村厩舎)

評価A-

3月7日1週前追い切り美浦坂路(良)

4F52秒7―38秒4―25秒3―12秒6

強めに追われたプレシャスメイト(4歳上500万下)を0.7秒差追走して0.2秒先着。レース間隔が2ヶ月空いているがしっかりと乗り込まれていて負荷も十分にかけた調整が行われている。

3月14日最終追い切り美浦坂路(良)

4F53秒7―39秒2―25秒5―12秒5

田辺騎手を背にして単走馬なりでの調整。馬場が少し荒れており時計は掛かったが動きは悪くなかった。鉄砲でも走るタイプのため、これで十分仕上がっている様子。

アンブロジオ・牡3歳(美浦・菊沢厩舎)

評価B

3月7日1週前追い切り美浦南Wコース(良)

5F69秒6―54秒0―40秒3―13秒5


ゴール前一杯に追った今週の追い切りは、横山典弘騎手が騎乗しての併せ馬。馬なりのクライベイビー(4歳上500万下)を0.4秒先行して同入。全体的にはゆったりとした馬なりの調整を続けている。ゴール前の反応もまだまだ良くなっていない。

3月14日最終追い切り美浦坂路(良)

4F53秒8―40秒0―26秒7―13秒2

菊沢調教師自らが跨がって馬なりでの調教。馬場状態は良かったため時計には不満はあるが、もともと稽古駆けしないのでこれで十分とも言える。馬体の雰囲気も悪くなくそれなりに仕上がっているが、調教では判断しにくいタイプ。

アサクサゲンキ・牡3歳(栗東・音無厩舎)

評価B+

3月8日1週前追い切り栗東坂路

4F51秒8―37秒8―12秒7

朝日杯以来3ヶ月振りのレースとなる。1週前にしてはそこそこのタイムがマーク出来ていてスピードある走りは健在。

3月14日最終追い切り栗東坂路(良)

4F52秒1―38秒1―24秒6―12秒3


2頭併せで強めに追われての調整。集中力を切らさずまっすぐ駆け上がって来て、ゴールでは半馬身先着した。じっくりと乗り込まれているようで前走よりは動きがいい。

タイセイプライド・牡3歳(栗東・西村厩舎)

評価A

3月7日1週前追い切り栗東坂路

4F50秒8―37秒3―12秒8

坂路の自己ベストタイムには届かなかったが、好タイムをマーク。休み明けでも動きはよく馬体もスッキリしている。この時点でかなりの状態まで仕上がっている。

3月14日最終追い切り栗東CWコース(良)

7F93秒7―80秒2―66秒7―53秒6―40秒5―12秒6

1週前に好時計で万全に近い仕上がりを見せていたが、最終追い切りもしっかりと追った。本番と同様の7F(1400m)という長い距離をしっかりと走りきり勝負気配濃厚な仕上げ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る