フェアリーS2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?3歳牝馬限定重賞を展望


(C)MAZIMICKEY

2018年1月7日、中山競馬場でフェアリーステークス(GIII/芝1600m)が行われる。レッドベルローズ、サヤカチャン、プリモシーン、トロワゼトワル、ジーナスイートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

今回は出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 1月 7日(日) 1回中山2日目 20頭 [仮想出馬表]
【11R】  第34回フェアリーS
3歳・オープン・G3(別定)(牝)(国際)(特指) 芝1600m (C)

出走予定馬・登録馬

とにかく荒れる3歳牝馬の重賞であり、今年の登録馬から人気は読みづらいものの、トロワゼトワルの安定感と素質を買って注目の1頭としたい。

デビュー戦は中京のマイル戦で、好位から抜け出すレースセンスのあるところを見せた。時計こそ平凡だったが、新種牡馬ロードカナロア産駒に共通する操作性の良さが現れたのではないか。

続くアルテミスSでは、レース前のテレビでのインタビューで主戦の福永騎手から「レースセンスに手応えを感じている」という発言があったように、デビュー戦と変わって中団からの競馬であったが問題なく追走ができていた。最後まで伸びたものの若干切れ負けをした感じで4着。

この切れ負けは、ロードカナロアがサンデー系ではないという部分が出てしまった印象で、そこが今回、直線の短い中山コースに変わることでカバーできるのではないか。

アルテミスSでそのトロワゼトワルに先着し、ラッキーライラックの2着だったサヤカチャンもこのフェアリーSに出走してくる。実績的には最右翼の1頭。

リーチザクラウン×アンバーシャダイという非主流の渋い血統であるように、逃げてそのしぶとさを活かすタイプ。前走GⅠの阪神JFでは、逃げられなかったことに加え、流石に阪神外回りのマイルでは力及ばずだったか。中山コースに変わって、メンバー弱化ですんなりハナに行けるようなら粘り込みがあってもおかしくはない。

プリモシーンも逆転候補の1頭。デビュー戦は後に阪神JFで4着に好走するトーセンブレスの強襲にあって2着に破れたものの、前走の未勝利戦では後方から1頭だけ異次元の末脚で差し切った。

前走を見る限りディープインパクト産駒らしく、良馬場で後ろから末脚を使うほうが良いタイプで、中山コースに変わるのがどうかという印象はあるが、力は足りる1頭。

1戦1勝のオハナも素質は間違いない。父ディープインパクト、母父はキングカメハメハ、母の母にあのノースフライトがいるという超良血であり、所属は美浦の名門・堀厩舎という1頭。デビュー戦は字面の割に調教の動きが今ひとつで、3番人気に留まったものの、レースに行けば重馬場を苦にしない末脚で完勝した。少し母系の血統が重たい気がするので、一気の時計短縮が課題か。

他にもステイゴールド×ディアジーナ(母父メジロマックイーン)の黄金配合であるジーナスイート、デュッセルドルフ、ライレローズなど……逆転候補は多士済々。とにかく荒れる重賞なので、しっかりと決め打っていきたいところである。

登録馬は以下のとおりだ。

馬名性齢斤量
アントルシャ牝3 54
オハナ牝3 54
グランドピルエット牝3 54
サヤカチャン牝3 54
シスル牝3 54
ジーナスイート牝3 54
ジョブックコメン牝3 54
スカーレットカラー牝3 54
テトラドラクマ牝3 54
デュッセルドルフ牝3 54
トーセンエポナ牝3 54
トロワゼトワル牝3 54
ナスノカツラ牝3 54
ハトホル牝3 54
ハナザカリ牝3 54
フィルハーモニー牝3 54
プリモシーン牝3 54
ライレローズ牝3 54
レッドベルローズ牝3 54
レネット牝3 54

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1レッドベルローズ3
2サヤカチャン3.6
3プリモシーン3.9
4トロワゼトワル7.7
5ジーナスイート8.3
6テトラドラクマ14.7
7オハナ15.9
8スカーレットカラー22.7
9デュッセルドルフ29.3
10ライレローズ29.3
11グランドピルエット36.1
12ジョブックコメン67.8
13レネット68
14アントルシャ129.7
15ナスノカツラ171.8
16シスル292
17フィルハーモニー307.5
18ハトホル365.1
19ハナザカリ486.9
20トーセンエポナ779.3

過去5年好走馬

着順馬番馬名性齢斤量
15ライジングリーズン牝354
3アエロリット牝354
8モリトシラユリ牝354
6ビービーバーレル牝354
4ダイワドレッサー牝354
5ダイワダッチェス牝354
4ノットフォーマル牝354
15ローデッド牝354
1テンダリーヴォイス牝354
7オメガハートロック牝354
15ニシノアカツキ牝354
3リラヴァティ牝354
8クラウンロゼ牝354
11ウキヨノカゼ牝354
14サンブルエミューズ牝354

集計期間:2012. 1. 9 ~ 2017. 1. 8


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る