(C)T.T

2018年1月6日、京都競馬場で京都金杯(GIII/芝外回り1600m)が行われる。レッドアンシェル、ラビットラン、ウインガニオン、ダノンメジャー、ブラックムーンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

今回は出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 1月 6日(土) 1回京都1日目 15頭 [仮想出馬表] 【11R】  第56回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)[指定] 芝1600m・外 (A)

出走予定馬・登録馬

明け4歳牝馬のラビットランが人気の中心になりそうだ。

デビュー戦からダートを使われていたが、芝に目先を変えた途端、500万下と重賞のローズSを連勝した。他の馬が止まって見えるような末脚で春の有力馬を完封したレースぶりに、GⅠ級の印象を感じた人も少なくないはずである。

その後のGⅠ秋華賞、ターコイズSは連勝時のレースとは異なり、若干前目につけるレースでともに4着となった。それぞれ、距離やコース形態を意識したもので、結果としては自慢の末脚が若干鈍ってしまった印象は否めない。

今回は外回りの京都マイルということで、じっくり末脚を溜める競馬が期待できそう。開幕週の馬場状態がカギになるが、高速決着も望むところであり、ここでは注目の1頭。

同じく明け4歳の牡馬、レッドアンシェルが続く。

今まで2ケタ着順がない安定したタイプで、強敵相手に重賞でも好走を続けてきた同馬。

「相手なりに走る」タイプというよりは、「走った相手が悪かった」というパターンが多く勝ち味に遅かったが、前走リゲルSでは好位から33秒台の上がりを使って阪神の坂を押し切る強い競馬でサトノアーサー以下を完封しており、重賞制覇の期待が否が応でも高まった印象。

レースセンスがありどんな展開にも対応できるのが強みで、人気のラビットランが後ろでもたつくようならその間隙を縫って戴冠するシーンも充分に考えられる。

クルーガーの巻き返しも怖い。

もともとマイラーズC(GⅡ)勝ちがあり、マイラーとしての将来が嘱望されたが、脚元不安で1年間の休養を余儀なくされた同馬。その後、陣営の立て直しの効果もあり、久々のレースとなった前々走・富士Sでは復活を印象づける末脚で3着に食い込んだ。

前走・マイルCSでも期待がされたが、馬群で揉まれる不本意なレースになってしまった。それでも7着まで押し上げてきており、地力の高さは間違いない1頭。

トップハンデの57.5キロとなるが、パワーが有り斤量自体は苦にしなさそう。明け4歳勢との比較でどうか。

同じくトップハンデのウインガニオンも一発がある。前走・マイルCSは夏場の疲れが取れなかったのと、外差しの馬場状態も合わなかった印象。開幕週のGⅢなら実績で足りる。

以下、ムラはあるが力は間違いないアメリカズカップ、安定感のでてきたキョウヘイ、マイルに矛先を向けてきたスズカデヴィアスなどが一発を狙っている。

登録馬は以下のとおりだ。

馬名性齢
アメリカズカップ牡4
ウインガニオン牡6
カラクレナイ牝4
キョウヘイ牡4
クルーガー牡6
ケントオー牡6
スズカデヴィアス牡7
ストーミーシー牡5
ダノンメジャー牡6
ブラックムーン牡6
ベステンダンク牡6
マイネルアウラート牡7
マサハヤドリーム牡6
ラビットラン牝4
レッドアンシェル牡4

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1レッドアンシェル2.5
2ラビットラン4.5
3ブラックムーン4.7
4クルーガー4.9
5ウインガニオン6.7
6アメリカズカップ12.8
7キョウヘイ16.2
8カラクレナイ28.3
9ストーミーシー33.9
10スズカデヴィアス44.3
11ダノンメジャー49.4
12マイネルアウラート66.8
13ケントオー152.9
14マサハヤドリーム395.1
15ベステンダンク462.2

過去5年好走馬

着順馬番馬名性齢
6エアスピネル牡4
1ブラックスピネル牡4
5フィエロ牡8
7ウインプリメーラ牝6
14テイエムタイホー牡7
6ミッキーラブソング牡5
4ウインフルブルーム牡4
1エキストラエンド牡6
2マイネルメリエンダ牡4
2エキストラエンド牡5
6オースミナイン牡4
10ガルボ牡7
1ダノンシャーク牡5
3トライアンフマーチ牡7
8ヤマニンウイスカー牡7

集計期間:2013. 1. 5 ~ 2017. 1. 5

おすすめの記事