(C)Waseem BKH

2019年3月31日、メイダン競馬場でドバイシーマクラシック(GⅠ/芝2410m)が行われる。

今回、日本からは3頭のGⅠ馬が出走を予定している。レイデオロ、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードといずれの馬も日本の競馬ファンの期待を背負い人気を集めることが予想される。

日本馬に立ちはだかるであろう外国馬、特に人気の盲点となりそうな穴馬としてカプリに注目した。以下にカプリ激走が期待される根拠について、その2つの根拠を挙げた。


予想参考データ① 欧州型ノーザンダンサーの血に注目

毎年欧州からの参戦馬が結果を出していることもあり、欧州型ノーザンダンサー系種牡馬産駒の活躍が目立つ。人気薄での好走もあり注目したい。

2018年 ホークビル(Kitten's Joy)
2017年 セブンスヘブン(Galileo)
2014年 アンビヴァレント(Authorized)

カプリの父Galileoは2017年の覇者セブンスヘブンと同じ、今年も同産駒である同馬への期待がかかる。

予想参考データ② 名門厩舎の腕に期待

近年のシーマクラシックの激走馬の厩舎に注目すると、名門厩舎の馬ながら近走の成績や他馬との兼ね合いで人気を落としている馬が多い。

2018年 ポエッツワード(スタウト厩舎)
2017年 セブンスヘブン(オブライエン厩舎)
2015年 ドルニヤ(A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)

カプリも名門オブライエン厩舎所属馬である。同厩舎からはマジカル、マジックワンドといった実績馬も出走を予定しているが、同厩舎は2016年の凱旋門賞にて3頭出し上位独占など、過去にも同様の成績を残している。本馬も決して軽視はできない。

まとめ

いかがであっただろうか。今回、カプリの激走に向けて期待できる2つの要素を挙げてみた。日本馬の上位独占を期待したいたが同馬の走りにも注目したい。

おすすめの記事