チャレンジカップ2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C) Arappa

2017年12月2日、阪神競馬場でチャレンジカップ(GIII/芝内回り2000m)が行われる。モンドインテロ、デニムアンドルビー、サトノクロニクル、マキシマムドパリらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

※今年から開催条件が変更になったため、今回はなし

解説・分析:注目血統は?

※今年から開催条件が変更になったため、今回はなし

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト7- 5- 8-66/86
ステイゴールド6- 3- 4-36/49
キングカメハメハ5- 5- 6-34/50
ハーツクライ2- 9- 5-44/60
メイショウサムソン2- 1- 1-18/22
ヴィクトワールピサ1- 1- 0- 5/ 7
タニノギムレット1- 0- 1- 8/10
スペシャルウィーク1- 0- 0-11/12
ドリームジャーニー0- 1- 2- 6/ 9
バトルプラン0- 0- 0- 2/ 2

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト8.1%23.3%15465
ステイゴールド12.2%26.5%14886
キングカメハメハ10.0%32.0%14997
ハーツクライ3.3%26.7%26118
メイショウサムソン9.1%18.2%19890
ヴィクトワールピサ14.3%28.6%9177
タニノギムレット10.0%20.0%12170
スペシャルウィーク8.3%8.3%41270
ドリームジャーニー0.0%33.3%086
バトルプラン0.0%0.0%00

集計期間:2013. 2.23 ~ 2017.10. 1

※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

内回りという直線が短いコースながら、ディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドといったクラシック種牡馬たちが軒並みいい成績を挙げている。

また単勝回収値こそ低いものの、ハーツクライ産駒の好走率、複勝回収値も100オーバーで水準以上だ。


阪神は芝質が重たく、直線に坂がある。JRAの競馬場の中で最も純粋な力が問われる条件といっても過言ではない。このため、力のあるクラシック血統馬たちが力を出して上位に来ているわけだ。

ちなみにチャレンジカップは2011年まで、9月に阪神内回り芝2000mで行われていた。そこから遡って過去5年の勝ち馬の種牡馬を並べていくと……

キングカメハメハ
アグネスタキオン
アグネスタキオン
ステイゴールド
スペシャルウィーク

ご覧の通り、いずれも自身がクラシックホースか、種牡馬としてクラシックホースを輩出した馬ばかりだ。

要するに、阪神内回り芝2000mでは直線の短さをあまり気にせず、クラシックホースたちの血に注目していくのがいいわけだ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る