(C)MAZIMICKEY

2018年9月9日、阪神競馬場でセントウルステークス(GⅡ/芝1200m)が行われる。過去10年のセントウルステークスの覇者を見ると、今年も出走するファインニードルやアクティブミノル、世界のロードカナロアを封じた曲者ハクサンムーン、高松宮記念を制したビッグアーサーなどがいる。どの馬も立派な役者だ。

牡馬と牝馬でそれぞれ5勝ずつ、まさにがっぷり四つの勝負を展開している。ただ、ここで勝った馬がスプリンターズステークスでは勝てないという嫌なジンクスがあるのも事実だ。サマースプリントシリーズの最終戦に勝つのはどの馬か。

フィナーレを飾る勝ち馬を探すにはデータであぶり出していきたい。過去10年に勝った馬たちの傾向から勝利のヒントを探りたい。


データ① 4コーナーで5番手以内

勝ち馬がどこでレースをしていたかを見ていくと、4コーナーで5番手以内にいたことがわかる。逃げた馬や3コーナー6番手から4番手にポジションを上げた馬などがいる。少なくとも4コーナーで5番手にいなければ勝てない。しかもここ5年で逃げた馬が3勝している。開幕週で前が残りやすくなることもあるが、前に行く馬から勝ち馬を探したい。

一貫して前に行けるという点ではラブカンプーか。フィリーズレビューやアーリントンカップでも果敢に先行し常に前での競馬を行っている。気になるのは前走の反動か。ここまで休みなく来ており、1分6秒台の激走の影響は考えられる。しかし、安定して前に行ける可能性が高いのはこの馬だ。

データ② 斤量は増えてナンボ

普通は斤量が前走より減るとチャンスだが、セントウルステークスは斤量が増えた馬が買っている。ハンデ戦で見込まれたものよりも増える、もしくは重賞を勝ったことで斤量がプラスされるということだが、そういう点ではラブカンプーはここでも狙えるが、別の馬を探してみたい。

やはりファインニードルということになるか。高松宮記念を制し斤量は58キロになるが、斤量を背負っても来るのがセントウルステークスの特徴である。ビッグアーサーも2年前は快勝してみせた。57.5キロも克服しているし、相手関係は比較的楽な部類である。それならば、香港帰りでもここはあっさりという可能性は十分にあるだろう。

データ③ 充実の4歳馬を狙え!

過去10年で4歳馬が4勝している。充実の4歳と言われ、この時期が一気に成長を見せる大事な時期と言える。短距離選手がそうだが、高校で一気に成長して大学社会人で円熟味を見せる。怖さを知り、技を習得して高みを目指す。そしてピークからある程度持続できる。4歳、5歳と短距離馬は充実した時期を迎える。

今回4歳馬は実は1頭しかいない。レジーナフォルテだけだ。レジーナフォルテは前走は4着に敗れたが、再昇級の初戦としてはまずまずだ。ラブカンプーとの斤量差も縮まったことでその差はさらに縮まる。杉原誠人騎手が再び騎乗するが、美浦のあまり目立たない騎手が大仕事をやってのけたことは何度もある。

時計の裏付けはあり、時計勝負でも分は悪くない。福島に良績が偏っているのは気になるところだが、初めての阪神コースでは適性も何もない。中山では勝っておりそこまでの心配はいらないだろう。

まとめ

ラブカンプー、ファインニードル、レジーナフォルテが勝ち馬候補だが、前走1着馬がいないという中でしかも実績馬が抜きんでた存在となっている。勢いがないなら実力が優先される。そういう点ではファインニードルを嫌うことは難しいか。

競馬は何が起こるかわからない。先週日曜の新潟競馬場の障害レースでシゲルジャンボイモが楽勝モードで最終障害を踏み切ろうとしたところ落馬してしまった。幸い人馬共に大事には至らなかったが、突然のアクシデントは十分に考えられる。それは内で詰まることや出遅れ、ゲートで暴れて外枠発走になるなど色々だ。

ただどの馬にも不安要素がある中では、ファインニードルが有力なことに変わりはない。

おすすめの記事