(C)MAZIMICKEY

2018年12月23日、中山競馬場で有馬記念(GⅠ/芝2500m)が行われる。オジュウチョウサン、レイデオロ、キセキ、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週前全頭展望ということで、3回に分けて出走馬全頭の展望を行う。出走予定馬の長所と短所を軸に、ファン投票上位5頭→次位5頭→賞金順の並びで展望していきたい。

今回は、ファン投票上位を除いて賞金順で出走予定の馬(サウンズオブアース・パフォーマプロミス・リッジマン・サクラアンプルール・ミッキースワロー・ハッピーグリン)について展望する。馬名の後の騎手は現時点での騎乗予定騎手だ。


サウンズオブアース 藤岡佑

【長所】
重賞勝ちこそないものの、GⅠで3度の2着を始め長年に渡り古馬戦線を盛り上げた「最強の2勝馬」もこのレースが引退レースとなる。流石に前走のジャパンカップは時計が速すぎて対応できなかったが、札幌記念4着が示すように時計がかかって地力勝負ならまだまだ浮上の余地はある。スランプだった昨年でも有馬記念はコンマ6秒差の7着とまとめており、コース相性は申し分ない。

【短所】

前走は時計勝負がキツかったとはいえ、全くついていけなかったのは流石に衰えという部分が見え隠れする。キャリアを通じて初のシンガリ負けだけに、大幅な巻き返しはどうか。

パフォーマプロミス C.デムーロ

【長所】
故障で出世が遅れたが、今年に入って日経新春杯、前走のアルゼンチン共和国杯とGⅡを2勝して本格化の気配。春のグランプリ宝塚記念にも出走しているが、出遅れ後方から終始外目で全く流れに乗れず参考外でいいだろう。少し急かさないと動かないタイプだけに外国人ジョッキーが合うのは明白で、勢いに乗るC.デムーロ騎手の手綱で一発を狙っている。

【短所】
どうしても4コーナーで置かれがちになるため、ベストは直線の長い東京競馬場か外回りの京都・阪神だろう。前走は完勝だがかなりのスローペースだっただけに、GⅠで勝ち負けするだけの地力を証明したかとなると微妙なところ。

リッジマン 蛯名

【長所】
スウェプトオーヴァーボード産駒ながらにして芝の長距離を得意とする異質なステイヤー。前走のステイヤーズSではアルバート急遽の回避という利があったにしろ、1番人気に応える完勝だった。とにかく長めの距離で蛯名騎手が乗れば崩れないだけに、ここも立ち回り次第では上位の目があっても不思議ではない。

【短所】
今年の勝鞍である丹頂S、そして前走のステイヤーズSの上がり3Fはそれぞれ38.0と35.7であり、スピードや切れ味と行った点では分が悪いのは事実。いかに時計がかかる激戦になるかがカギを握りそう。

ミッキースワロー 横山典

【長所】
昨年のセントライト記念で皐月賞馬アルアインを置き去りにする差し切りで一躍スターダムにのしあがった同馬だが、それ以来結果に恵まれていない。しかし久々の出走となった前走のジャパンカップでは、超高速時計の前残り決着を最後方からという絶望的な展開でありながら、メンバー最速の上がりで5着まで追い込んでみせた。不器用だが末脚の破壊力だけならこのメンバーでも随一で、とにかく展開と気分がハマればというところか。

【短所】
厩舎の仕上げを含め、とにかく安定感がないのは馬券的には気になるところ。ヒモには抑えたいが連軸という意味では難がありそう。

サクラアンプルール 田辺

【長所】
昨年の札幌記念を制しており、今年も日経賞3着、函館記念2着と地力を維持している古豪。しぶとい差し脚が魅力で相手なりにまとめるタイプで、前走の天皇賞秋でも出遅れながら6着と一応の力量は示した。同じく出遅れて後方からの競馬になったマカヒキやスワーヴリチャードには先着しており、一線級でも力が全く足りないというわけではない。昨年のこのレースはシンガリ負けだが、直線の致命的な不利があり度外視できる。もともと中山コースが得意で、田辺騎手が一発を狙う騎乗をするようなら面白い。

【短所】
GⅠでも上位に食い込めそうな力はあるものの、勝ち切るまでの末脚や持続力がないのは事実。よくても連下といった評価が妥当か。

ハッピーグリン 戸崎

【長所】
ホッカイドウ競馬から果敢に挑戦を続ける3歳馬。戦前はかなり厳しいと思われていた前走のジャパンカップでは、2.22.2の好時計で7着と健闘した。単純に見ればダービーより遥かに速い時計で走っており、ポテンシャルを秘めているのは間違いない。

【短所】
門別で調整して輸送のパターンをこなしているが、さすがに前走のジャパンカップであの時計、さらに門別に戻して再輸送というのはかなりキツそう。同じパターンで有馬記念に挑んだ3歳時のコスモバルクは大敗しているがどうか。

また、登録のあるスマートレイアーが予定通り東京大賞典に回らずこの有馬記念に出走した場合は、ハッピーグリンが除外対象になる。

おすすめの記事