有馬記念2017の最終追い切り分析…キタサンブラックらの調教評価は?


(C)Yushi Machida

2017年12月24日、中山競馬場で有馬記念(GI/芝2500m)が行われる。キタサンブラック、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、サトノクラウン、ミッキークイーン、シャケトラらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

12月20日には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回はキタサンブラックら有力馬を中心にを見ていくことにしよう。

キタサンブラック牡5歳(栗東・清水厩舎)

調教評価A+

今回のレースで引退することが決まっているキタサンブラック。過去の功績は歴史的名馬と言えるだろう。

その分ファンも多く有終Vを飾れるか注目が集まっている同馬。一週前追い切りでは黒岩騎手が乗って良馬場の栗東Cウッドコースをアキトクレッセント(OP)と併せ馬1秒3追走し一杯に追って7F95.0秒上がり12.3秒で併入。

これだけハードな追い切りをこなすことができるのは、さすがキタサンブラックと言えるだろう。

最終追い切りは良馬場の栗東Cウッドコースをいつも通り黒岩騎手が乗ってビップレボルシオン(1000万下)と併せ馬。馬なりで6F86.1秒上がり12.6秒0秒1先着という内容。一週前は迫力満点に負荷をかけ、最終はレース勘を調整している印象。有終Vを果たす準備は整った。

シュヴァルグラン牡5歳(栗東・友道厩舎)

調教評価A-

一週前追い切りは調教助手騎乗して栗東Cウッドコース(良)をエタリオウ、タビゾーと3頭併せ馬。一杯に追って6F82.6秒上がり11.6秒。エタリオウ0秒1遅れ、タビゾー併入という内容。

今週の最終追い切りは調教助手が乗って良馬場の栗東坂路をハイドロフォイル(500万下)と併せ馬。ゴール前だけ追い4F54.0秒上がり12.9秒で0秒6先着。前走同様に素晴らしい動き。本調子と言えるだろう。

サトノクラウン牡5歳(美浦・堀厩舎)

調教評価A-

一週前追い切りは調教助手が騎乗。美浦Cコースポリトラック(良)キャンベルジュニア(OP)と併せて一杯に追い5F65.3秒上がり11.3秒併入。

最終追い切りも調教助手が乗り美浦Cコースポリトラック(良)キャンベルジュニアと併せ馬。馬なりで5F65.4秒上がり11.9秒併入という内容。迫力もあり出来は良好。順調に調整できている。

スワーブリチャード牡3歳(栗東・庄野厩舎)

調教評価A

一週前追い切りは栗東Cウッドコース(良)をレース騎乗のM.デムーロを背にリッジマン(1000万下)と併せ馬。一杯に追って6F79.3秒上がり12.1秒ゴール前仕掛けて0秒6先着。

最終追い切りもM.デムーロ騎乗で栗東Cウッドコース(良)をウォーターレスター(500万下)と併せ6F80.3秒上がり12.4秒馬なりで0秒4先着。追い切りタイムも優秀で迫力満点。出来に関して不安はない。

ミッキークイーン牝5歳(栗東・池江厩舎)

調教評価A-

一週前追い切りは水口騎手が乗って栗東坂路(良)をマウントゴールド(1600万下)と併せ馬。強めに追って4F53.2秒上がり12.0秒の時計で0秒1先着。


最終追い切りは浜中騎手が乗って栗東坂路(良)スプマンテ(500万下)と併せて4F52.5秒上がり11.9秒馬なり併入。

一週前は軽快な動きで好調さをアピールしていた。最終追い切りは調整程度。こちらも出来に不安はない。

ルージュバック牡5歳(美浦・大竹厩舎)

調教評価A

一週前追い切りは調教助手が騎乗して美浦坂路(良)を馬なりで4F58.1秒上がり13.5秒の時計を計測。

最終追い切りは調教助手が乗って美浦南Bウッドコース(良)にてバスクインサザン(未勝利)ボルドネス(1000万下)3頭併せ馬。馬なりで両馬に0秒4先着。

馬なりで追い切りを終了させたが動きはとても軽快で好調なのがわかる。体制は整い、あとはレースを待つといった状態だ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る