(C)MAZIMICKEY

2018年11月4日、東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(GII/芝2500m)が行われる。ムイトオブリガード、アルバート、ガンコ、ノーブルマーズ、パフォーマプロミスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から激走の可能性がありそうな穴馬を探していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とし、主に6番人気以下で3着以内に入った7頭を中心に分析する。


データ① フレッシュな馬か実績馬

6番人気以下で3着以内に入ったのは7頭。その7頭中3頭が格上挑戦で、もう2頭はオープン入りから4戦以内だった。一方で、それに該当しない2頭は、重賞勝ち馬だった。まだ上がり目が望めるフレッシュな馬か、逆に重賞実績が豊富にもかかわらず何らかの理由で人気を落としている馬のいずれかが狙い目だ。

データ② 芝2400m以上でV

6番人気以下で3着以内に入った7頭中、5頭が芝2400m以上で勝っていた。残る2頭は2400m以上が未経験で、オープンクラスの芝2000mで連対していた。

データ③ 斤量減

6番人気以下で3着以内に入った7頭中、6頭が前走から斤量減で、うち4頭は3kg以上減っていた。前走から斤量が減る馬に注目したい。

データ④ 同開催の東京で出走

6番人気以下で3着以内に入った7頭中、5頭が同開催の東京のレースで掲示板に載っていた。残る2頭の前走はGⅠかGⅡだった。

結論

最も大きな魅力があるのは、東京芝2400mで3連勝中のヘリファルテ。ハンデは53kgで、前走から斤量4kg減となる。本栖湖特別を勝った馬は格上挑戦ながら、2010年にコスモヘレノスが3着(9番人気)、2012年にマイネルマークが3着(6番人気)と、2頭が好走している。

同じく格上挑戦で、東京の準オープン六社S2着から参戦するルックトゥワイスは、前走から3kg減のハンデ54kg。東京芝2400mで勝利経験がある点も強調できる。

ウインテンダネスは重賞勝ちの実績がありながらあまり人気はなさそう。同年の目黒記念を勝っていながらあまり評価が高くないというのは、2009年に11番人気で優勝したミヤビランベリと同じパターンだ。前走から1kg減のハンデ56kgでもあり、妙味がある。

おすすめの記事