安田記念2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬は?


(C)MAZIMICKEY

2018年6月3日、東京競馬場で安田記念(GⅠ/芝1600m)が行われる。スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、サングレーザー、リスグラシュー、リアルスティール、レッドファルクス、サトノアレス、アエロリットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今年で68回目を迎える安田記念は1984年のグレード制導入時からGⅠに格付けされ春のマイル王決定戦の位置づけとなり、1993年からは国際競走としてこれまでに3頭の外国馬が優勝しているレースでもある。

1995年にドバイから遠征してきたハートレイクに武豊騎手が騎乗し、当時の日本のマイル・中距離戦線での代表馬ともいえる単勝1番人気のサクラチトセオーをハナ差で破ったレースなどは競馬ファンの記憶にも残るレースとなっている。

今回は過去10年の安田記念の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20171サトノアラジン
20172ロゴタイプ
20161ロゴタイプ
20163フィエロ
20153クラレント
20142グランプリボス
20143ショウナンマイティ
20133ダノンシャーク
20122グランプリボス
20123コスモセンサー
20111リアルインパクト
20101ショウワモダン
20102スーパーホーネット
20093ファリダット
20083エイシンドーバー

注目点① 人気薄は人気に関係なく検討を

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が15頭と5割・半数に達していて高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の中で1頭も該当馬がいなかった年は1回もなく、2頭がリストアップされる年が5回もあり積極的に人気薄を狙うことも考えなければならないことが安田記念の大きな特徴だ。

ただし、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、高配当になる場合の人気を気にする必要はないものの単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかる。

人気別集計 安田記念 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%
2番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
3番人気0- 2- 2- 6/ 100.0%40.0%
4番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
5番人気0- 2- 1- 7/ 100.0%30.0%
6番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
7番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
8番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
9番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
10番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
13番人気0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
15番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
16番人気0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%
17番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017サトノアラジン712.4
2017ロゴタイプ814.6
2016ロゴタイプ836.9
2016フィエロ629.5
2015クラレント1242.7
2014グランプリボス16148.4
2014ショウナンマイティ1037.1
2013ダノンシャーク1237.2
2012グランプリボス1325.3
2012コスモセンサー1535.7
2011リアルインパクト929.3
2010ショウワモダン813.9
2010スーパーホーネット612.1
2009ファリダット1052
2008エイシンドーバー933.6

注目点② 社台ファーム・ノーザンファーム生産馬に注目

馬産地について注目をすると、今回の該当馬15頭中約半数の8頭(直近2年はいずれも2頭ずつ)が日本競馬界を席巻している社台グループの中心である社台ファームかノーザンファームの生産馬となっている。

3歳クラシック路線に比べれば勢いは多少落ちるものの、人気薄の激走馬を探る際には一度は検討しなければならないことがわかる。

生産者別集計 安田記念 過去10年

生産者着別度数勝率複勝率
社台ファーム3- 2- 2-23/3010.0%23.3%
ノーザンファーム2- 2- 0-28/326.3%12.5%
カントリー牧場2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%
社台コーポレーション白老ファーム1- 1- 0- 9/119.1%18.2%
戸川牧場1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%
ケイアイファーム1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%
矢野牧場0- 1- 1- 0/ 20.0%100.0%
ガーベラパークスタツド0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%
Miss J.Fleming G.G.James & T.E.Jamison0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%
笠松牧場0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
上水牧場0- 0- 2- 3/ 50.0%40.0%
下河辺牧場0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
ノースヒルズマネジメント0- 0- 1- 4/ 50.0%20.0%
川越ファーム0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
North Hills Management0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
Columbiana Farm0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順 ※3着以内に入った生産者のみ

馬名生産者
サトノアラジンノーザンファーム
ロゴタイプ社台ファーム
ロゴタイプ社台ファーム
フィエロ社台ファーム
クラレントノースヒルズマネジメント
グランプリボスノーザンファーム
ショウナンマイティ矢野牧場
ダノンシャーク下河辺牧場
グランプリボスノーザンファーム
コスモセンサー川越ファーム
リアルインパクトノーザンファーム
ショウワモダン社台ファーム
スーパーホーネットガーベラパークスタツド
ファリダットNorth Hills Management
エイシンドーバーColumbiana Farm

注目点③ 前走はGⅡ戦に出走

今回の該当馬15頭中11頭が前走はGⅡを走っていて、特に格下とも言える1600万下・OPEN特別・GⅢといったレースを走っていた馬の活躍は難しい結果となっている。

前走がGⅡの実力馬は人気を落としてきていても、陣営の調整やレース展開などで前評判を覆して巻き返しが十分可能であることを示していると言える。

ちなみに前走がGⅠとなると長期休養明けや3歳馬の挑戦など調整が難しいこともあり安田記念で単勝上位人気に支持されない人気薄の成績は奮わなくなっている。

クラス別集計 安田記念 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
1600万下0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
OPEN特別1- 0- 0- 13/ 147.1%7.1%
GⅢ2- 0- 0- 9/ 1118.2%18.2%
GⅡ2- 7- 10- 74/ 932.2%20.4%
GⅠ4- 1- 0- 24/ 2913.8%17.2%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
サトノアラジンGⅡ京王杯SC
ロゴタイプGⅡ中山記念
ロゴタイプGⅢダービー卿CT
フィエロGⅡマイラーズC
クラレントGⅡマイラーズC
グランプリボスGⅠマイルCS
ショウナンマイティGⅡ産経大阪杯
ダノンシャークGⅡマイラーズC
グランプリボスGⅡ京王杯SC
コスモセンサーGⅡマイラーズC
リアルインパクトGⅠNHKマイルC
ショウワモダンOPEN特別メイS
スーパーホーネットGⅡマイラーズC
ファリダットGⅡ京王杯SC
エイシンドーバーGⅡマイラーズC

注目点④ 前走は単勝9番人気以内

今回の該当馬15頭すべてが前走でも単勝9番人気以内と極端な人気薄とはなっていなかったことがわかる。


安田記念では他馬との比較で人気を落としていても少なくとも前走では実力がそれなりに認められて人気となっていた馬が、陣営の調整による調子の向上、騎手の作戦など何らかの要因により安田記念で前評判を覆した場合に好走できたことを示している。

前走人気別集計 安田記念 過去10年

前走人気着別度数勝率複勝率
前走1人気5- 1- 2- 29/ 3713.5%21.6%
前走2人気1- 3- 2- 12/ 185.6%33.3%
前走3人気0- 0- 2- 18/ 200.0%10.0%
前走4人気2- 1- 1- 6/ 1020.0%40.0%
前走5人気0- 1- 1- 17/ 190.0%10.5%
前走6~9人1- 2- 2- 24/ 293.4%17.2%
前走10人~0- 0- 0- 16/ 160.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走人気
サトノアラジン1
ロゴタイプ7
ロゴタイプ4
フィエロ1
クラレント9
グランプリボス7
ショウナンマイティ4
ダノンシャーク3
グランプリボス5
コスモセンサー7
リアルインパクト4
ショウワモダン6
スーパーホーネット2
ファリダット2
エイシンドーバー3

注目点⑤ 前走は10着以内

最後に前走の着順にも注目をしてみると今回の該当馬15頭中すべてが前走でも10着以内という結果だった。

前走で凡走し大敗した馬が、GⅠの大舞台である安田記念でいきなり挽回して好走するチャンスはほとんどないことを示している。

前走着順別集計 安田記念 過去10年

前走着順着別度数勝率複勝率
前走1着5- 2- 1- 33/ 4112.2%19.5%
前走2着2- 4- 0- 24/ 306.7%20.0%
前走3着1- 1- 4- 17/ 234.3%26.1%
前走4着1- 0- 1- 18/ 205.0%10.0%
前走5着0- 0- 2- 11/ 130.0%15.4%
前走6~9着1- 3- 1- 16/ 214.8%23.8%
前走10着~0- 0- 1- 23/ 240.0%4.2%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走着順
サトノアラジン9
ロゴタイプ3
ロゴタイプ2
フィエロ4
クラレント10
グランプリボス9
ショウナンマイティ5
ダノンシャーク3
グランプリボス7
コスモセンサー3
リアルインパクト3
ショウワモダン1
スーパーホーネット9
ファリダット3
エイシンドーバー3

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する。

サトノアレス

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の安田記念の登録頭数は19頭(出走可能頭数18頭)となっていて出走を回避する馬がいない場合は賞金順によりモズアスコットが出走できないので注意が必要だ。


後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る